爆れつハンター 第05話 「湖畔の夢少女」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/12/19

爆れつハンター 第05話 「湖畔の夢少女」

bakuretsuhunter_05-01.jpgbakuretsuhunter_05-02.jpg
(C)あかほりさとる・臣士れい/アスキー・メディアワークス/爆れつ委員会・テレビ東京・創通

キャロットが湖畔に佇むミステリアスな女の子と触れ合うお話です。

bakuretsuhunter_05-03.jpgbakuretsuhunter_05-04.jpg

キャロットが次の目的地を女の子がいそうな場所に決めるシーンから始まります。
彼にとっては何事も女の子がいるかどうかが一番重要らしいですわ(苦笑)
そこでさっそく女の子を見かけてはアプローチをかけていたのは流石だよ。
まさか小学生の女の子にまで声をかけるとは意外でしたけど、もしその少女に
お姉さんがいればそちらへアタックするための足がかりにするつもりのようだ。
ホントに女の子のためなら努力は惜しまない人だなぁって感心します(^ω^;)

bakuretsuhunter_05-05.jpgbakuretsuhunter_05-06.jpg

今回はこのレークという少女との触れ合いを描いた物語となっています。
キャロットがレークと湖畔で一緒に遊んであげている様子を見るととても楽しそう。
こういう表情はショコラやティラの前では絶対に見せないような気がします。
レークが大人になった時のために今のうちに手懐けておこうとしてるのかな?(^ω^)
ただ別れ際に忽然と彼女の姿が消えていたので気になるところでした。
ちょっとミステリアスな雰囲気の持った女の子という印象があります。

bakuretsuhunter_05-07.jpgbakuretsuhunter_05-08.jpg

そしてキャロットはまた湖畔で1人の女の子と出会います。
すかさず花を渡してアプローチを掛けるところは相変わらず素早い(笑)
ただこの女の子が先ほどのレークと似ているのがポイントにもなっています。
普通に考えるとレークのお姉さんか親戚かと思うところなんですけどね。

bakuretsuhunter_05-09.jpgbakuretsuhunter_05-10.jpg

マロンが町まで買い出しに行っていたのですが、そこで町の人達から湖にまつわる
良くない噂を耳にして戻ってきていました。
そうなると湖で女の子と遊びに出かけまくっているキャロットは危ない感じがしますね(汗)

「一度好きになった子ならどんな姿になったって分かるって。」
そのキャロットは今度は美しい女性と戯れていたから呆れて物が言えません(苦笑)
ただその女性が最初のレークと同一人物だと見破っていたから鋭いと思います。
女性に関する事なら天才的な能力を発揮していますね(^ω^)
とにかくレークが子供の姿になったり、大人の姿になったりするのが謎・・・・・・。

bakuretsuhunter_05-11.jpgbakuretsuhunter_05-12.jpg

湖は100年に1回人間がこの世界に存在するのに値するかを評価をするために、
湖の精霊が人間の姿となって最初に出会った人間を試すという話がありました。

つまり今回のレークがキャロットを人間の代表として試そうとしているわけです。
もし人間が悪い心を持っていれば水で世界が押し流されるわけだからヤバイ(汗)
それにドスケベなキャロットが人間の代表として試されると不安を感じるものですよね。
ただ、ショコラ達はキャロットは悪い心を持たないので安心していたので意外でした。
女の子をナンパしまくるのは悪い心の判断には入らないのでしょうかねぇ?(^ω^)

bakuretsuhunter_05-13.jpgbakuretsuhunter_05-14.jpg

「こんなお婆ちゃんを抱いてもあまり嬉しくありませんよね?」
「いや。美しい女性に年齢など関係ない。」
キャロットが女性の年齢に関係なく優しく接してあげているのが良かったです。
彼は女性に執着するところがあるけど、決して遊び半分でナンパするのではなくて、
結構真剣な気持ちで誘っているのかもしれませんね。
あらゆる女性に対して真摯に向き合おうとする姿勢は素晴らしいと思います。

bakuretsuhunter_05-15.jpgbakuretsuhunter_05-16.jpg

「色々ありがとね。キャロット・・・・・・。」
「うん。」
レークはたった1日の短い命を終えようとしていました。
そんな短い間にもキャロットという優しい男性に巡り逢えて幸せなのかもしれません。
それにキャロットがまた遊ぼうと誘ってくれていたのは嬉しい気持ちだったでしょうね。
ずっと自分の事を忘れないでいてくれるというわけですから・・・・・・。
最後は笑顔でお別れしてあげようとしたキャロットがとても良かったです。

bakuretsuhunter_05-17.jpgbakuretsuhunter_05-18.jpg

とりあえずキャロットのお陰で人類は生存権を得ることが出来たので一安心かな。
また100年後の評価の時にはキャロットのような善良な人が選ばれると良いですね。

今回はキャロットとレークのほんの短い間の出会いと別れを描いたお話でしたけど、
どこか心が安らぐような印象を与えてくれました。
第一印象でキャロットはギャグコメ一辺倒のようなキャラのように思いましたが、
こうして見ると純粋で真面目なところもあるので少し見る目が変わりましたよ。

関連記事