爆れつハンター 第02話 「命召しませ紅花(あかきはな)」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/12/05

爆れつハンター 第02話 「命召しませ紅花(あかきはな)」

bakuretsuhunter_02-01.jpgbakuretsuhunter_02-02.jpg
(C)あかほりさとる・臣士れい/アスキー・メディアワークス/爆れつ委員会・テレビ東京・創通

禁呪の花でイケメン男性の合成を試みようとする女性のお話です。

bakuretsuhunter_02-03.jpgbakuretsuhunter_02-04.jpg

早速、元締めのビッグ・マムから闇の仕事の依頼をされるところから始まっています。
今回の依頼は禁断の花マジックフラワーの「メタセニア」を除去するお仕事です。
そのメタセニアの種が人間に取り付いて命を吸い取っているので危険らしい。
必殺仕事人的な裏稼業をするソーサラーハンターは悪人を抹殺するだけじゃなく、
このような危険物を駆除するのも仕事の内に入っているみたいですね。

bakuretsuhunter_02-05.jpgbakuretsuhunter_02-06.jpg

キャロットが可愛い女の子達を見てウハウハしちゃうのはもう定番になりそうだなぁw
そしてティラとショコラは良いストッパー役として女の子達を守ってくれそうです。
このシーンを見ていると本当に裏稼業のソーサラーハンターなのか疑問に思える(^ω^)

bakuretsuhunter_02-07.jpgbakuretsuhunter_02-08.jpg

アモーレ夫人という女性がイケメンの男性達を従えて自由気ままに生活をしていますが、
彼女はメタセニアの特性を用いてイケメンの完璧な男を生み出そうと考えていました。
つまりはイケメン達の長所を組み合わせるように交配させようとしているみたいね。
まぁ確かにそれで上手く行けば完璧な男性を作れそうな感じもするかな(^ω^)
そこでカッコイイ男がいればすぐにでも取り込んで生贄とするのだから非情な女です。
もちろん罪のない男性を殺しているようなものだから彼女も闇の処罰対象になります。

bakuretsuhunter_02-09.jpgbakuretsuhunter_02-10.jpg

この世界では魔法を使う法族(ソーサラー)が一般庶民(パーソナー)を支配できるという
特権が与えられている
という説明がされていました。
つまりは魔法使いが普通の人よりも身分が上という特権階級になっているわけです。
だからこの世界の一般の人々はソーサラーによって虐げられているのでしょう(汗)
そこで善良な人々を助けるためにキャロット達のようなソーサラーハンターが存在します。

bakuretsuhunter_02-11.jpgbakuretsuhunter_02-12.jpg

アモーレ婦人は筋肉質のガトーとイケメンのマロンに手を伸ばしてきていました。
完璧なイケメンを作るためにそれぞれの良い部分を混ぜ合わせたいのでしょう。
まぁこの2人に関しては納得できる選択ですね。
当然、あと1人残るキャロットだけはいらないという流れになるものなのですけど、
彼のスケベな性格は少し有益だと考えていたからちょっと意外ですわ(苦笑)
でもまぁ完璧な男性を作っても女性に興味を持ってくれなければ意味が無いから、
そういう意味では勾配に少し刺激効果を与えるというのは良いアイデアかもね?(^ω^)

bakuretsuhunter_02-13.jpgbakuretsuhunter_02-14.jpg

アモーレ婦人がキャロット達3人の男性を混ぜ合わせた人間の合成を試みます。
当然、3人は命を吸われているために倒れこんじゃうわけですけど、この時の
ティラとショコラの驚きっぷりがちょっと面白かったです。
こうしてみるとやっぱり血の繋がった姉妹なんだなぁって思います。
それにしても、まだ男性陣の活躍が何ひとつも描かれていないけどいいのかな?
まるでティラとショコラが主役のように描かれていますもん(^ω^)

bakuretsuhunter_02-15.jpgbakuretsuhunter_02-16.jpg

「アモーレ婦人。人の命を弄ぶなんていけません事よ。」
今回は男性陣が役に立たないのでティラが1人でお仕事を引き受けています。
彼女もショコラみたいに全く別人のように変身していたからビックリですわ(^ω^)
私は魔法少女の変身といえば可愛らしい雰囲気をつい想像してしまいますけど、
この作品のソーサラーは妖艶な雰囲気だから珍しく感じます。
たまにはこういうお色気な魔法少女の変身を見るのも良いかもしれません(^ω^)

bakuretsuhunter_02-17.jpgbakuretsuhunter_02-18.jpg

ティラは襲いかかってきたアモーレ婦人をあっさりと倒していました。
さすがに闇のソーサラーハンターをやっているだけあって非情になりきれてます。
普段のオドオドしたティラと同一人物には思えないです。
必殺仕事人みたいに表の顔と裏の顔を使い分けている感じがしますね。

bakuretsuhunter_02-19.jpgbakuretsuhunter_02-20.jpg

結局今回もまた男性陣は何の活躍もせずに終わっていました。
本当にソーサラーハンターなのでしょうかねぇ?(^ω^)
あとティラとショコラはキャロットに好意を寄せている事も分かってきました。
2人の理想の男性像は少しはお馬鹿な方が良いという事らしいです(笑)
最後にティアが逆ハーレム気分を味わっていたから面白いです。
・・・・・・というわけで、今回はティアが活躍したお話でした。
今のところは男性陣が足手まといというか、ほぼ空気扱いになっていますので、
そろそろ彼らにも活躍する機会が訪れる事を期待したいところでした(^ω^)

関連記事