双恋 第13話 「春遠からじ・・・」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2015/12/30

双恋 第13話 「春遠からじ・・・」(最終回)

futakoi_13-01.jpgfutakoi_13-02.jpg
(C)双葉ひな・ささきむつみ・メディアワークス/双恋製作委員会

望が桜月姉妹の転校を引き留めようとするお話です。

futakoi_13-03.jpgfutakoi_13-04.jpg

双子の女の子達との恋愛を描いた物語も今回で最後になります。
恋愛作品によくある三角関係のような展開を見せつつも、双子という設定によって
さらに複雑なやり取りや雰囲気を出していた珍しい作品だったと思います。
一般常識ではありえなさそうな設定を堂々と全面に押し出してくるところが
電撃G'sマガジン原作の最も素晴らしい点だと私は思っています(笑)


今回は望が桜月姉妹に辛い思いをさせてしまった事を悔やむシーンから始まります。
自分が優柔不断な態度を取ったの原因だと思って相当落ち込んでいる様子でした。
やっぱり最終回ですからこのままバッドエンドで幕を下ろすわけにはいきませんよね。
ここから望がどのように立ち直って桜月姉妹や一条姉妹との関係に決着をつけるのか
とても楽しみに見ていました。

futakoi_13-05.jpgfutakoi_13-06.jpg

「逃げちゃダメ。ちゃんと向き合わなきゃ。皆から貰った真剣な気持ちに望くんも
真剣に答えなきゃ。」

雛菊姉妹のお母さんが望に叱咤激励してあげていたのがとても良かったです。
彼女はサブキャラながらもなかなか良い味を出してくれているので好きです。
こんなお母さんに育てられている雛菊姉妹はきっと素敵なレディーなるでしょう♪
あと、母親を亡くした望にとっても良い母親代わりになってくれていると思います。

futakoi_13-07.jpgfutakoi_13-08.jpg

望は転校をやめさせるために一目散に桜月姉妹のもとへ向かっていましたし、
一条姉妹達も桜月姉妹とは別れたくないので駆けつけようとしていました。
恋愛感情は抜きにして、桜月姉妹とは友情の絆で結ばれている感じがしますね。

futakoi_13-09.jpgfutakoi_13-10.jpg

「待ってください!剣持さん!お願いがあります!キラちゃん達を転校させると
言ったけど考え直してください。このまま双愛中学に通わせてあげてください!」

望が桜月姉妹の乗るリムジンを追いかけながら剣持さんを説得していました。
しかし剣持さんは心を鬼して車を止めようとしませんね(汗)
どちらも桜月姉妹の事を大切にしたいと思っての行動なのですけど、それが
相反する事になってしまっているのが何とも言えません。
当然、桜月姉妹は望と同じ学校に通いたいので、剣持さんに車を止めてほしいと
お願いしていたわけですけどね・・・・・・。

futakoi_13-11.jpgfutakoi_13-12.jpg

望が諦めずに追いかけ続けていると自転車のチェーンが外れて転倒してしまいます。
さすがに大ケガをしたかもしれないから剣持さんも様子見で車を停めていましたね。
望がその機会を逃さずにすぐさま説得を試みていたのは流石です。
桜月姉妹に戻ってきてほしい気持ちが伝わってきます。
もう今までの望とは違ってとても積極的になっていると思います。

futakoi_13-13.jpgfutakoi_13-14.jpg

さらに一条姉妹や敬介まで駆けつけて一緒に剣持さんを説得してくれていました。
特に一条姉妹の熱い説得は剣持さんをかなり威圧していた感じがしますね。
前回、薫子と菫子の間で思いっきり口論していた辺りから印象が変わりましたよ(^ω^)

futakoi_13-15.jpgfutakoi_13-16.jpg

「お願いします!転校させないで!このまま双愛中学に!」
さらにクラスメイトの皆もやって来て説得してくれたのは良いダメ押しになってました♪
いつの間にか桜月姉妹にはこんなにも友達が出来ていたみたいですね。
『良い友だちを沢山作ること。』
剣持さんはさすがにこれだけの人達から説得を受けては考えを改めざるを得ません。
それに桜月姉妹のお父さんの試練には友達作りが最後の試練でもあったわけで、
その試練を見事に彼女達は成し遂げたのだから反対するのはいけませんよね。
この一連のシーンなんかは恋愛物語というより青春物語といった感じがしましたよ。

futakoi_13-17.jpgfutakoi_13-18.jpg

望は一条姉妹や桜月姉妹と同じ高校に通うために受験勉強を頑張っています。
こういう目標があるとさらにやる気が出て学力アップに繋がりそうかな。
敬介やあの権田達ファンクラブの面々もきっと同じ気持ちなのでしょうw

futakoi_13-19.jpgfutakoi_13-20.jpg

そして3月になると皆の進路も決まって双林寺で祝賀会が開かれていました。
最後だから今まで登場していた双子の女の子達が勢揃いしてくれていますね♪
白鐘姉妹も引越し先から駆けつけてくれくれたので良かったと思います
沙羅が望の袖を引っ張っていたからやっぱり好きなんでしょうね♪(^ω^)

結局、望がどの双子の女の子と付き合うのかは解決しないままでしたけれども、
とりあえずは現状維持のまま皆仲良く高校生活を過ごすように思います。
一条姉妹と桜月姉妹の間では望争奪戦を開始するような宣戦布告を交わしていたし、
本格的な恋のバトルは高校生になってからということになりそうですね(^ω^)

futakoi_13-21.jpgfutakoi_13-22.jpg

私的には望は雛菊姉妹と付き合うのが最も良いのではないかなぁって思ってますw
彼女達もあと10数年もすれば一条姉妹や桜月姉妹以上に素敵な女性になるはず(^ω^)

★総評★
前半部分と後半部分では雰囲気をガラリと転換させて描いていたのが印象に残ります。
おそらく原作ファンは前半のまったりとした展開を予想しながら見ていたと思いますので、
後半のシリアスな展開になった時はかなり戸惑われていたのではないでしょうか?
こういうシリアスな三角関係の描写は女性脚本家さんらしいシリーズ構成だと思いました。
それゆえに女性視聴者の方がやや見やすい美少女アニメになっていたと思います。

関連記事