双恋 第02話 「思い出のアイスクリーム」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/11/12

双恋 第02話 「思い出のアイスクリーム」

futakoi_02-01.jpgfutakoi_02-02.jpg
(C)双葉ひな・ささきむつみ・メディアワークス/双恋製作委員会

望が一条姉妹と桜月姉妹のお買い物にお付き合いするお話です。

futakoi_02-03.jpgfutakoi_02-04.jpg

望が夢の中で一条姉妹と桜月姉妹にモテモテになっているシーンで始まりますが、
もちろんこういう違和感を覚えるようなパターンは夢オチというのがお約束ですね。
きっと彼の心の中には両方の姉妹から好かれたいという願望があるのでしょう。
そういうわけで今回は望と一条姉妹と桜月姉妹に関わるエピソードになっています。
それにしても仔山羊のビリーは本当に望の事を嫌っているなぁって思いました。
雛菊姉妹が望の事を大好きだから嫉妬しているのかな?(苦笑)

futakoi_02-05.jpgfutakoi_02-06.jpg

一条姉妹は学校ではファンクラブが出来るほどの大人気となっているわけですが、
そのファンクラブ会長の権田純太郎がさっそく望に釘を差しに来ていましたわ。
望と一条姉妹が結構馴れ親しんで会話しているから嫉妬しているところかな。
望は双子の女の子達にはモテるけど、同性の男達からは嫌われやすそうですね(苦笑)

futakoi_02-07.jpgfutakoi_02-08.jpg

望は敬介と一緒に映画を見に行く約束をしていたのですが、敬介が割引チケットを
忘れてしまったために望はデパートで時間を潰すはめになりました。
ただ彼にとっては一条姉妹と遭遇して一緒に買い物を楽しめるから良かったかもね。
でもさすがに女性の水着売り場まで付いて行くのは恥ずかしそうだったから面白い。
一条姉妹って男の子相手でも平気に水着の試着姿を見てもらうとしていたから大胆だ。
逆に言えば、まだそういう思春期的な羞恥心には目覚めていないだけなのかな?(^ω^)

futakoi_02-10.jpgfutakoi_02-11.jpg

望が水着売り場を離れている時に今度は桜月姉妹と遭遇してしまいます。
桜月姉妹は大きなデパートでお買い物をする練習をしていましたわ(笑)
前回はコンビニでお買い物をする練習もしていたくらいだから箱入りのお嬢様だよ。
セバスチャンならぬ剣持さんというテンプレな執事さんがお仕えしてるし・・・・・・(^ω^)
あと、望って女の子に優しいのはいいけど、少し八方美人な性格なのが心配かな。
優柔不断になって二股とかかけそうな感じがしましたよ。
そうじゃなければ他の女の子と会っていた事を嘘をついてまで隠さないですもんね(^ω^)

futakoi_02-12.jpgfutakoi_02-13.jpg

望は一条姉妹と桜月姉妹の両方に会っていた事がバレないようにするために、
2組の姉妹がハチ合わせしないように何とか努力していましたわ。
両姉妹の女の子達にモテるのは嬉しい半面、選ぶのにとても苦労しそうです(笑)
彼の妄想を見ていると、単純に女好きなんじゃないのかなぁって思ったりもする(^ω^)
あと今の望は両姉妹が鉢合わせする以上に、権田に一条姉妹と会っている事を
バレる方が恐怖といったところでしょうかねぇ(苦笑)

futakoi_02-14.jpgfutakoi_02-15.jpg

望は桜月姉妹と一条姉妹の相手を交互にやっているので疲れるのは当然です(笑)
これを見ると、彼は愛人とか作ったりして苦労するタイプのようにも見えますわ(^ω^)
まだ後ろめたいという気持ちがあるだけマシですけどね。
とりあえず望が両方の姉妹に惹かれているのは間違いないでしょうね。

futakoi_02-21.jpgfutakoi_02-16.jpg

結局、両姉妹がバッタリと鉢合わせして望の努力の甲斐が水の泡となりますが、
でも4人が仲良くお話してくれていたので一安心したでしょうね。
こんな事なら最初から正直に打ち明けていれば良かったのかもしれませんわ。

futakoi_02-17.jpgfutakoi_02-18.jpg

せっかく両姉妹と楽しい時間を過ごせると思ったものの、薫子が望に気を利かせて
敬介との約束の時間が経った事を教えてあげていました。
これは望にとっては天国から地獄に突き落とされたような感覚だったみたいです。
でもそれはわざわざ映画に誘ってくれた敬介くんに失礼な気もするけどね。
とにかく望にとっては一条姉妹も桜月姉妹も同じくらい大切な女の子達ということが
よく分かったお話でした。
恋愛ストーリーで男女三人による三角関係というパターンは定番でもありますけど、
この作品のように双子を絡ませた三角関係というのはとても珍しいと思います。

関連記事