ワイルドアームズ Twilight Venom 第18話 「デイズ・オブ・バッカス」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/06/26

ワイルドアームズ Twilight Venom 第18話 「デイズ・オブ・バッカス」

wildarms_18-01.jpgwildarms_18-02.jpg
(C)1999 Sony Computer Entertainment Inc.

シャイアンがライラと再会するお話です。

wildarms_18-03.jpgwildarms_18-04a.jpg

シャイアンが旅の途中でライラの姿を見かけるところから始まっています。
ライラは2人組の男に追われて逃げていたのですけど、そんな彼女をゴルゴルという
凄腕のスナイパーが遠距離射撃で橋を崩壊した事で助けてくれていました。
シャイアンにとっては海中に沈んで死んだと思っていた彼女が生きていたのだから
驚くのも無理はないでしょう。
ライラはR.O.O.Fの中で「女神」と呼ばれて敬われていたはずなのに、そんな彼女が
なぜ逃亡劇を繰り広げていたのかが不思議ですよね。

wildarms_18-05.jpgwildarms_18-06.jpg

「ライラ。生きてて良かった。」
シャイアン達はライラが回復するまでゴルゴルの家に滞在させてもらう事になります。
このシーンを見てもシャイアンがいかに彼女を愛しているのかが伝わってきます♪
ただ彼女は記憶を失っているのかシャイアンの事を覚えていなかった・・・。
それも自分の事をジーナ・アンジェリという別の名前を名乗っているのも変でした。
あと、ゴルゴルはお酒を飲むと口がとても軽くなるみたいだ。
いくら狙撃が達人レベルでも暗殺計画をペラペラとバラすのは良くないですよね(苦笑)
ただ、彼があのコマンダーのヴァレリアを暗殺しようとしているのが気がかりでした。

wildarms_18-07.jpgwildarms_18-08.jpg

ライラはファダリテのR.O.O.Fにいた時の記憶すらもすっかり忘れていました。
そんな彼女だから男達に追われている理由も分かるはずないといった感じです。
こうなるとライラにとても似た別人なのかなぁって思ってしまうところでもあるけど、
彼女を見ているとライラの雰囲気をしているから同一人物なのでしょう。
ただなぜジーナ・アンジェリという名前を名乗っているのかが謎でもあります。
とりあえずシャイアン彼女がライラかどうかに関係なく面倒を見てあげるつもりです。
こういうところは美人に優しいシャイアンらしさがあります(^ω^)

wildarms_18-09.jpgwildarms_18-10.jpg

ゴルゴルはまた飽きもせずにお酒を飲んでは暗殺計画を喋りまくってました(笑)
アイザックも便乗するように酔っ払っていたから面白い。二日酔いになってたし(笑)
ジルーシャと復縁したがっているというのはよく分かりましたわ(^ω^)
あとライラはある部分の記憶だけは残っているように見受けられました。
彼女の言う「あの人」という人物が一体誰の事なのかが気になるかな。

wildarms_18-11.jpgwildarms_18-12.jpg

シャイアンがライラとライラの女神像とキアヌ魔王の像を見て突然倒れこみました(汗)
ライラの姿を見てとても恐れを抱いているように見えるから気になるところです。
シャイアンとライラと2つの像との間に深い繋がりがあるように感じられるシーンでした。
とにかく2人とも記憶が戻らないことには真実に辿り着くのは難しそうですね。

wildarms_18-13.jpgwildarms_18-14a.jpg

サブリスキー博士がライラの行方を追ってゴルゴルの家を襲撃していました。
もし家の中にライラがいたら弾が当たるかもしれないのに危ない人達です。
とりあえずキールとゴルゴルが銃を手にして応戦していました。
あと、恋人のオリヴィアの爆弾サポートなんかも良かったですね。
こういうシーンは西部劇風な展開を見せてくれていたと思います。

wildarms_18-15.jpgwildarms_18-16.jpg

「戻るわ。R.O.O.Fへ。なぜなら私がR.O.O.Fのリーダーだから。」
ライラがまた記憶を取り戻してサブリスキー博士と共に帰っていこうとします。
彼女がキアヌ魔王の像を破壊したところもポイントになっているかもしれません。
女神と呼ばれるライラと伝説の女神ライラとは偶然の名前の一致だけじゃなく
何かしらの関連があると思ってもよさそうな雰囲気がしていました。
少しずつ物語の核心部分へ近づいていってました。

wildarms_18-17.jpgwildarms_18-18.jpg

ゴルゴルが恋人のオリヴィアを人質に取られたために射殺されてしまいました(涙)
危ない橋を渡り歩いてきた人だから遅かれ早かれこうなる運命にあったのかも?
ちょっと悲しいお別れでした・・・。
これはもうサブリスキー博士が退場フラグを立てたと思ってもいいでしょうね。
キールの怒りを見ると彼に対する恨みを抱いているようにも感じましたわ。

あとオリヴィアはゴルゴルが自分をお嫁にしてくれるのを嘘だと思っていましたが、
彼は本気で彼女と結婚しようとしていたと思います。
人質に取られた彼女を見捨てずに降伏しようとしていたし、あと何と言ってもお酒が
入ると本当の事をペラペラと話すような人だから結婚しようとしていたはずです。
もう幸せな結婚は出来なくなりましたが、何とか立ち直ってもらいたいなぁ・・・。
今回は少し物悲しい雰囲気で次回に続いていました。

関連記事