ワイルドアームズ Twilight Venom 第12話 「ライ・ライラ・ライ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/05/29

ワイルドアームズ Twilight Venom 第12話 「ライ・ライラ・ライ」

wildarms_12-01.jpgwildarms_12-02.jpg
(C)1999 Sony Computer Entertainment Inc.

シャイアンがライラを救出しに行くお話です。

wildarms_12-03.jpgwildarms_12-04.jpg

今回は一話完結ではなく初めて前回のエピソードから続く形で描かれています。
シャイアン達がライラを助けるために謎の誘拐犯人達を追っていたわけですけど、
彼らが水中基地へ入っていったのを目撃してその中へ潜入していました。
基地に描かれたマークから「ROOF」という秘密組織の仕業なのが分かりましたが、
いったい彼らが何の目的があってライラを誘拐したのか気になるところですよね。
とにかくシャイアンにとっては憧れの女性だから何が何でも取り戻すつもりでした。

wildarms_12-05.jpgwildarms_12-06.jpg

ライラの誘拐を指示したサブリスキー博士という人物が登場していました。
部下の研究者達と「義体」とか「生命子の科学的解明」などの話をしていましたが、
それがライラの誘拐とどう繫がっているのかは今は見えてきていません。
ただ彼らが侵入してくるシャイアンまたはキールの事を「義体」と称していたのが
気になるポイントです。それに友人とは誰のことを指すのかもね・・・・・・。
それがこの後で描かれていきます。
ようやく物語の核心へ迫りそうな展開を見せている今回のお話でした。

wildarms_12-07.jpgwildarms_12-08.jpg

シャイアンはライラが囚われている場所を見つけて救い出してあげていました。
恐怖に怯えていたライラは彼が来てくれた事でとても安心した様子が伺えます。
こうして見るとシャイアンは頼もしいですね。
体は子供でも立派な王子様のように思えます♪

wildarms_12-09.jpgwildarms_12-10.jpg

ロレッタ達の方は三首竜アスピックの生け捕り作戦を実行しようとしていました。
200万ギャラも貰える写真を撮ったのだからそれで満足すればいいのに・・・(苦笑)
ロレッタってお金に関しては欲張りな性格なのかもしれませんね。
・・・というわけで
この後、ロレッタ達が三首竜に追い掛け回されていたので面白かったですw
ミラベルとジルーシャの息の合ったシンクロナイズドスイミングが素敵♪w
しかし彼女達がヘトヘトになって陸に上がると誘拐犯達に囚われてしまいました。

wildarms_12-11.jpgwildarms_12-12.jpg

ライラは結構臆病というかマイナス思考をした性格のように見受けられます。
ただこれには彼女の過去にまつわる何かが関係しているようにも思えますね。
あとシャイアンがライラの気持ちを落ち着かせるように言ってあげていました。
こうして見ると、元は25歳の頼り甲斐のある男性なのでしょう。
元がどんな男性なのかちょっと見てみたい気がしますね。

wildarms_12-13.jpgwildarms_12-14.jpg

キールとアイザックはたまたま身を隠した基地部屋でアームズを見つけていました。
彼らがシャイアンの事を調べていたのもこれに関係すると思ってもいいでしょう。
あとキールとサブリスキー博士が知人同士だったというのもポイントになるかな。
お互いに科学者同士だから研究を通じて知り合っていてもおかしくありませんからね。
とにかく今回は各キャラ達が大きな問題を抱えた状態になっています。
今までの一話完結の物語よりも深みがある展開になっていると思います。

wildarms_12-15.jpgwildarms_12-16.jpg

キールが基地に安置してあった3番目の大きなARMSをシャイアンに渡していました。
シャイアンがそのARMSを使って基地からの脱出を図るわけですけど、あまりにも
威力があったので驚きかも。ただの銃というよりも大砲レベルの兵器みたいだ。
とにかくシャイアンのお陰で皆が脱出できそうなので良かった。

wildarms_12-17.jpgwildarms_12-18.jpg

最後にライラが狙撃兵に撃たれて海の中へと沈んでしまうシーンがありました(汗)
もちろんシャイアンは飛び込んで助けに行きますが、三首竜が邪魔してきたために
彼も溺れてしまったところで次回に続いていました。
シャイアンとライラの安否が気になりますよね。
それにサブリスキー博士がまだ何か企んでいる感じなのも気になるし・・・。

今回はARMSが存在していた事も含めてシャイアン自身に関わる謎についても
伏線を張るような形で展開されていたと思います。
もちろん終盤へ繋がる重要なキーポイントとなっていたりします。
今までは一話完結の物語でしたのでユルイ感じのギャグアニメっぽい感じでしたが、
この2話でシリアスな展開もある事を示した点でマンネリさを回避できた部分もあるし、
ますます興味を抱かせる事に成功していたように思います。

関連記事