魔法の妖精 ペルシャ 第01話 「迷いこんだ夢の国」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/06/13

魔法の妖精 ペルシャ 第01話 「迷いこんだ夢の国」

perusha_01-s01.jpgperusha_01-s02.jpg
(C)青沼貴子/集英社・ぴえろ

アフリカ育ちの女の子が、魔法で17歳の女の子に変身するお話です。
色んな職業を体験できる魔法って素晴らしいと思います(*´ω`*)
※全48話と長いので、ストーリーが良かった回だけをピックアップします。

perusha_01-s03.jpgperusha_01-s04.jpg

OPは、岡本舞子さんの「見知らぬ国のトリッパー」
魔法少女アニメにしては落ち着いた雰囲気の曲です。

perusha_01-s05.jpgperusha_01-s06.jpg

主人公のペルシャはアフリカ育ちの女の子。野生的な行動力の持ち主です。
そんなペルシャが長年育ったアフリカを離れて日本に行く事になります。
この時、着慣れない洋服を着たので、ちょっと嫌がってましたけどね~。
ちなみにお爺さんは、室井剛健(ごうけん)。動物学者をやっています。
アフリカに住むペルシャにとっては育ての親みたいな人です。
その剛健の双子の孫が、室井学(がく)室井力(りき)です。
ペルシャの幼なじみのお兄ちゃん達といったところかな(^ω^)
2人ともオシャレをしたペルシャに見惚れて、可愛いと褒めてました。

perusha_01-s07.jpgperusha_01-s08.jpg

ペルシャは退屈な飛行機の中で剛健と恋バナをしてました。
学と力を意識しちゃってるぅ。年頃の女の子なんですね~(^ω^)
そして飛行機が乱気流で揺れた時にラブリードリームに迷い込みます。
3匹の小さなカッパとお喋りしてたよ。不思議に思わないのかな!?
まぁアフリカの動物とも普通に喋ってるし、これでいいのかも(^ω^;)

perusha_01-s09.jpgperusha_01-s10.jpg

ラブリードリームの妖精から愛のエネルギーを集めて欲しいと頼まれました。
魔法を使って、凍てついたラブリードリームに春をもたらす事が目的です。
でも、魔法を人に見られたら、学と力が女の子になっちゃうらしいよ(^ω^;)
とにかく、変身するための魔法のカチューシャを貰うことになりました・・・。
あとおまけに3匹のカッパも付いてきた。この作品のマスコットキャラですね(*´ω`*)

perusha_01-s11.jpgperusha_01-s12.jpg

アフリカ育ちのペルシャにとって、日本の景色は物珍しいのですね。
ビルの中で畑を耕しているという発想は面白くて笑いますわ(^ω^)
学と力は恥ずかしいからペルシャとは他人のフリをしてました。
その気持ちはわかるけど、ちょっとペルシャがかわいそうだよ~。
そんなことだから迷子になっちゃったし・・・(^ω^;)

perusha_01-s13.jpgperusha_01-s14.jpg

剛健達を探したり、犬に追いかけられたりと大変なペルシャ(^ω^)
迷子になったので、交番に行ってお巡りさんに訪ねるつもりでしたけど、
カッパ達から自分がお巡りさんに変身すればいいとアドバイスされます。
変身すれば能力も備わる設定みたいです。便利な魔法だね~(*´ω`*)

perusha_01-s15.jpgperusha_01-s16.jpg

・・・で、やっぱり変身呪文を忘れちゃってるペルシャでした。
「パンプル・・・」って・・・それってクリィミーマミの呪文だよ~ww
とりあえず、ペルシャの変身呪文をご紹介します(*´ω`*)
まず、「パプリコ!」と言うと、カチューシャから魔法のバトンが飛び出します。
そして、「ペルッコラブリンクルクルリンクル♪」と唱えるんです。
この時、バトントワリングみたいにバトンを回すのがポイントかな(^ω^)

perusha_01-s17.jpgperusha_01-s18.jpg

魔法で婦警さんに変身です。普段は11歳のペルシャですけど、
魔法で変身すると17歳の女の子になれるんです♪(^ω^)
でも17歳の婦警さんってムリな設定のような気がします・・・。
まぁそれを言い始めたら、作品が成り立ちませんがね(^ω^;)
とにかく学と力が変身したペルシャに見惚れてました。
どうやら2人にとってマヂで好みのタイプらしいよw

perusha_01-s19.jpgperusha_01-s20.jpg

学と力に会えたので、ペルシャは両親の待つ家に帰る事が出来ました。
ペルシャは、スキンシップで気持ちを表現する性格みたいです(^ω^)
さてさて、これからは愛のエネルギーを集めるために頑張らなくては。

perusha_01-s21.jpgperusha_01-s22.jpg

EDも岡本舞子さんで「ラブリードリーム」

この作品は、クリィミーマミの続きとして作られたようですね。
テンポや雰囲気なども似ているなぁって思って見ていました。

関連記事