たまゆら ~hitotose~ 第10話 「明日のわたしはどんなわたし、なので」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/04/24

たまゆら ~hitotose~ 第10話 「明日のわたしはどんなわたし、なので」

tamayura_10-01.jpgtamayura_10-02.jpg
(C)2011 佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会

魔法美少女かおたんのお話です。

tamayura_10-03.jpgtamayura_10-04.jpg

かおるは週末にポプリを探すために皆を誘ってお出かけしようと考えますが、
他の皆はそれぞれ用事があったために断られてしまいました。
皆が夢に向かって頑張ろうとしているのを見ると、かおるだけは夢や目標が
無い状態
なので少々不安を感じちゃうというものなのでしょう。
ポプリに興味があるなら香料を取り扱う調香師なんかが良いんじゃないかな?

tamayura_10-05.jpgtamayura_10-06.jpg

他の3人がかおるの事を気遣うようにそれぞれの予定にお誘いをかけていました。
いつものかおるとは様子が変だったから声をかけてあげたんでしょうね。
それなのにかおるの方はお姉ちゃんとの秘境探検に行くと嘘を言って断ります。
今は他の皆が夢に向かっている姿を間近で見るのが辛いということかな。
そうじゃないと命懸けのお姉ちゃんの探検に同行するはずないですし・・・(^ω^)

tamayura_10-07.jpgtamayura_10-08.jpg

さすがに楓達は秘境探検に行きたいとは思えないから変だと思いますよね。
しっかりとさよみさんに確認の電話を入れていたのりえは流石です。
あと、こまちがかおるとのりえの口論を激写していたから面白いです。
町の戦場カメラマンになって楓のほんわか写真を超えたいみたいだ(苦笑)
でもまぁこういう小さな子でも夢を持っているのだから、かおるとしてはますます
悩みは大きくなってくるでしょうね・・・。

tamayura_10-09.jpgtamayura_10-10.jpg

楓達がかおるの事を心配してあげていたから良い友達だなぁって思います。
さすがにこんなに気遣ってくれていたら返信メールくらいは送ってあげないとね。
あと、この時にかおるは何かきっかけみたいなものを閃いていたのですけど、
それが一体何なのかがBパートでの楽しみでした。

tamayura_10-11.jpgtamayura_10-12.jpg

楓達がそれぞれの予定をキャンセルしてかおるにサプライズを用意します。
さよみお姉さんの提案とはいえ、楓達がかおるのために集まってあげるのは
本当に心優しいと思いますわ。
かおるは皆も将来の夢に不安を抱いている事を知って少しは安心したかも?
悩みの無い人はいないという事さえ分かれば彼女は立ち直れそうですね。

tamayura_10-13.jpgtamayura_10-14.jpg

のりえが幼稚園の頃にかおるの体調を気遣ってあげる様子が描かれていました。
この時の事がきっかけで2人は親しい友達になったのかもしれませんね。
だから親友同士になった今ならより一層相手の事を心配してあげるのは当然かな。
あと、かおるが周囲のことを気にしすぎるという指摘は納得です。
まぁそれが彼女の良いところでもあるのですけどね。
たまにはのりえみのように言いたい事を自由気ままに言っても良いかもしれません。
もちろんのりえみたいに極端すぎるのもちょっと問題ありそうだけどね(^ω^)

tamayura_10-15.jpgtamayura_10-16.jpg

かおるは皆で1つの事をやりたいという考えを持つようになっていました。
そこで「私たち展(仮)」なるものをやろうと皆に提案します。
それぞれが好んでいる趣味や得意な分野を展示する催しをするみたい。
ちょっとしたミニ文化祭みたいなものといったところでしょうか。
こういう発表会みたいな目標があれば夢に向かう気持ちが高まって良さそうです。
とても良いアイデアだと思います。

tamayura_10-17.jpgtamayura_10-18.jpg

「(この先、何かが変わっても、今ここに皆といる事は変わらないから。
今出来る何かを残したい。この場所で・・・・・・。)」

かおるはすでに私たち展(仮)を開催する場所まで手配していました。
こういう段取りは4人の中で一番しっかりしているなぁって思います。
とにかく、これからどうなるか分からない将来の事を心配するよりも、
今は自分達で出来る物を作り上げる方が大切なのでしょうね。
こうして4人が集まれるのは今しかない貴重な時間かもしれませんし・・・。
たとえ、それぞれが将来別々の道に進む事になったとしても、別に友達関係が
壊れるわけではないのだから今の時間を大切に過ごしてほしいと思います。

関連記事