結城友奈は勇者である 第10話 「愛情の絆」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/12/12

結城友奈は勇者である 第10話 「愛情の絆」

yuyuyu_10-01.jpgyuyuyu_10-02.jpg
(C)2014 Project 2H

東郷さんがこの世界の真実を知るお話です。

yuyuyu_10-03.jpgyuyuyu_10-04.jpg

今回は東郷さんが友奈と知り合うまでの回想シーンが描かれて始まります。
両足の機能だけじゃなく、2年間の記憶まで失っていた事が明らかになってました。
手首に巻かれたリボンや鷲尾須美の名札などは意味深な感じがしていますね。
彼女の過去に重大な何かがあった事を遠回しながら示されていたと思います。
それらについてはBパートの方で少し詳しく触れられることになります。
でもこの作品ではあくまでこの作品内での出来事を中心に描く感じなのかも?
とにかく、東郷さんは退院した後に友奈の隣のお屋敷に引っ越してきた事で
友達同士になることが出来たようですわ。

yuyuyu_10-05.jpgyuyuyu_10-06.jpg

風先輩が友奈と東郷さんを勇者部に勧誘しているシーンも描かれていました。
友奈が勇者という言葉に惹かれて凄く興味を持っていたのは彼女らしいです。
活動内容から部員が集まりにくいと思うので、友奈に声をかけたのは正解ですね。
あと、東郷さんは将棋ができるみたいだからどういう風に指すのか見てみたい(^ω^)
「なせば大抵なんとかなる。」
あと勇者部五箇条なんかもこの3人で考えたみたいです。
上杉鷹山と聞くと私は山本五十六提督が引用した格言の方がパッと浮かびます(^ω^)

yuyuyu_10-07.jpgyuyuyu_10-08.jpg

新入生の樹が勇者部に入部してくるシーンも描かれていました。
うどん好きよりも占い好きの方が女の子らしくて女子力が高い気もするんだけどね~。
あと東郷さんが突然手品を披露していたから意外な特技があるもんだ(^ω^)
彼女のように多くの特技や趣味があると勇者部で活躍しやすいですよね。

yuyuyu_10-09.jpgyuyuyu_10-10.jpg

これが第1話の幼稚園での人形劇へと繋がってくるのでしょうね。
敬礼の仕方が海軍式っぽいところが東郷さんらしいかもしれない(^ω^)
また皆でこのような明るく楽しみながら部活ができたらいいのですけどねぇ・・・。
そういうわけでAパートでは勇者部の生い立ちが簡単に描かれていました。
描かれている内容自体はある程度は想像していたものに近いものでしたけど、
後遺症で悩んでいる今となってから見ると何とも言えない感じがします(´・ω・`)

yuyuyu_10-11.jpgyuyuyu_10-12.jpg

「何が何でも私を生かそうとしている・・・・・・。」
東郷さんが切腹で自害を試みるシーンも描かれていました。
本格的というか切腹の作法っぽいものまで知っているから驚きですわ(苦笑)
まぁこういうのも彼女らしいところがあると思います。
東郷さんのキャラ設定だけは独特すぎるので存在感がありますね(^ω^;)

yuyuyu_10-13.jpgyuyuyu_10-14.jpg

東郷さんは改めて乃木園子に会って勇者についての詳しい話を聞こうとします。
東郷さんが鷲尾須美として養女に出されていた事や乃木さんと一緒に勇者として
戦っていた事やそれに伴う散華によって両足と記憶を失った事が明らかに・・・。

これで東郷さんの謎についてある程度は繋がってきた感じがします。
しかし、神聖なお役目とはいえ娘を他の家の養女に出すとは恐ろしい世界です。
神樹様に選ばれたとか祀られたからとか言われると、変な新興宗教へ強制的に
入信させられたような感じにもなりますよね!?(汗)
友奈も大赦の策略によって勇者へと導かれていましたので、この大赦というのは
ちょっと信頼が置けないというか、警戒しておく必要があるでしょうね。

あと、乃木さんが「壁の外の秘密、この世界の成り立ち」について説明してあげると、
東郷さんが悲壮感漂うような表情をしていたのが印象的でした。
それに乃木さんが友奈達の暴走を抑える役目であったり、21体も精霊がいるくらいに
とても強い
というのも気になりますね・・・。
とにかく東郷さんと乃木さんは戦友だから心が通じ合えている感じがします。

yuyuyu_10-15.jpgyuyuyu_10-16.jpg

「世界は宇宙規模の結界の中!?」
東郷さんが乃木さんに教えてもらった通りの世界を目にして驚愕していました。
天の神様がバーテックスを使って人類を粛清しようとしているなんて恐ろしい(汗)
ただ人類に味方をしてくれる神様もいて、それが神樹となって四国に結界を
張って守ってくれているから勇者として抵抗できているという感じでしょうか。
神樹とバーテックスと勇者の戦いについて少し明らかになってきたわけですけど、
これほどの規模で戦っていたのは想像以上です・・・(´・ω・`)
まさにセカイ系といった作品になっているのではないでしょうか?

yuyuyu_10-17.jpgyuyuyu_10-18.jpg

最後に友奈達に特別警報が発令されて再び戦場に誘われていました。
いつもの樹海化警報とは違っているので危険レベルの高さが伺えます。
もちろんバーテックスを全滅させたと思っていた皆は戸惑っていました。
それも敵の大軍勢が襲い掛かってくるのだから普通にビビりますよね。

「待てって。友奈ちゃん。皆。神樹様を倒してしまえば。苦しみから開放される!
生き地獄を味わうこともない!こんな世界・・・私が終わらせる。」

ただその中で東郷さんだけは戦う気持ちになっていました。
しかし、銃口を向ける相手が神樹様だったから何か考えがあるのでしょうか?
とにかく、あれだけのバーテックスがいると、いくら勇者で勝ち続けたとしても
いつかは後遺症で肉体が徹底的にボロボロにされちゃうのは確実ですわ(汗)
勇者に選ばれるというのは、生き地獄への片道切符みたいな感じなのかもしれません。
そうなると友奈達はいずれは生贄として神格化されて祀られる運命になりそうです。
もう絶望エンドになる予感しかしてこないんですけど、どうなるんでしょうね?(^ω^;)

関連記事