みすてないでデイジー 第07話 「挑戦、グループ交際!寒い国にもお友達!?」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/06/09

みすてないでデイジー 第07話 「挑戦、グループ交際!寒い国にもお友達!?」

daisy_07-01.jpgdaisy_07-02.jpg
(C)永野のりこ/アスキー・デイジー製作委員会

歩野とひとみがシベリアまでデートしに行くお話です。

daisy_07-03.jpgdaisy_07-04.jpg

今回の歩野はひとみではなく山川Xを拉致して始まるのが珍しいです。
もちろん、彼がひとみから山川Xへと恋愛対象を変えたわけではありません。
正しい男女交際はグループ交際から始めなくてはいけないと思い立ったため、
山川Xを含めてグループでデートをしてみようという考えに至ったわけですわ。
わざわざ関西の甲子園球場にまで行って拉致するのだから行動力だけは凄い(笑)
でも真剣に試合している高校球児達に邪魔しちゃいけませんわ(^ω^)
高校野球の中継を見ていたひとみ達は、また歩野が迷惑をかけていると思って
呆れるばかりでしょうね。

daisy_07-05.jpgdaisy_07-06.jpg

ひとみは歩野が関西に行っているなら平穏だと思ったら、目の前に彼が現れた!?
確かに弾道ミサイルなら数分で帰ってこられるというのは納得できますね(笑)
でも後ろでカチンコチンで凍っている山川Xを早く蘇生してあげなくちゃいけない(^ω^;)
さっそく歩野は強制的にひとみをグループデートに連れ去っていってましたけど、
なぜからら子先生まで飛び入りで参加してきたから困ったものですわ(笑)
らら子先生は歩野以上に理解できない行動をする人のような気がします(^ω^)
とりあえず、これで男女2人ずつになったので立派なグループ交際になったかな。

daisy_07-07.jpgdaisy_07-08.jpg

歩野が連れてきたのは遠くロシアの極寒地のシベリアでした(笑)
ミミちゃん達の燃料が無くなったということは当然遭難中ということですわ。
ひとみは本当に歩野に振り回されてばっかりで可哀相ですよね。
でも、こういう極端に変なところさえなければ好意を寄せられるというような
雰囲気もあったので、彼女が歩野に惹かれている部分もありそうでした。
それにしても、らら子せんせいはこんな薄着で寒くないんでしょうか?(笑)

daisy_07-09.jpgdaisy_07-10.jpg

歩野達が雪の大地を彷徨っている時にシベリア秘密科学研究所を発見しますが、
するとその中にいたイワン博士なる人物が突然攻撃してきたので逃げます。
あれでは確かに警告射撃じゃなくて直撃させようとしてるから酷いですよね。
でもまぁ山川Xを盾にして身を守ろうとする歩野も相当酷いですけど・・・(苦笑)
この作品にはマッドサイエンティストしか登場しないのだろうか?(^ω^;)

daisy_07-11.jpgdaisy_07-12.jpg

日本に帰るためには弾道ミサイルの燃料が必要なので科学研究所に潜入します。
そこで、らら子先生がリンゴ売りの女の子に変装していたから面白い(笑)
この先生って本当にコスプレするのが好きだなぁ・・・(^ω^)
こんな変装で上手くいくはずないと思ったのですけど、イワン博士が自分の母親だと
勘違いしてくれたおかげで潜入する事が出来ていましたよ。
やっぱりこのイワン博士も頭がおかしいと思わざるを得ない(苦笑)
天才とバカは紙一重と言う事もあるし、歩野やイワン博士もそういうものなのでしょう。

daisy_07-13.jpgdaisy_07-14.jpg

イワン博士はらら子をお母さんと信じきっていました。
彼のお母さんの写真を見るとよく似ているから分からなくもないけど、でもさすがに
自分よりも若い年齢のらら子先生がお母さんであるはずありませんよね~。
らら子先生は自分がそんなに老けて見えるのか悩んでいたから面白い。
この博士の生い立ちを聞く限りでは、世間から隔離されるように研究一筋で
打ち込んできたのもあって世間の常識というのを全く知らない感じです。
自分の顔を鏡で見たこともないみたいですし・・・。

daisy_07-15.jpgdaisy_07-16.jpg

「あいつを見ていると、何だか分からないけど凄くムカムカしてくるんだよ。」
「そう・・・・・・。」
歩野がイワン博士に母親が死んでいるという現実を教えようとしていたのですが、
ひとみが歩野を引き止めていました。
イワン博士の境遇がどこか歩野と似ている部分があるのを感じ取ったのでしょう。
歩野の常識外れな行動が彼の家族との関係や生い立ちに関係あると考えるなら、
同情してしまいたくなるというものなのかもしれませんね。

「母さん・・・・・・。」
「可哀相なイワン。人が人を脅かし、人が人を恐れる。あなたもそんな人間の
悲しい性の犠牲者なのね・・・・・・。」

あと、らら子先生がイワン博士を気遣ってお母さんを演じてあげたのは良かった。
こういう姿を見ているとやっぱり先生なんだなぁって思います。

daisy_07-17.jpgdaisy_07-18.jpg

歩野達は弾道ミサイルの燃料を手に入れて日本に帰っていきました。
しかし、山川Xを完全に忘れて帰っちゃうなんて可哀想でしたw
この作品では山川Xはひとみ以上に扱いが酷い気がしますわ。
でも、そんな山川Xの事を心配してあげている女の子キャラがいてますので、
彼には落ち込まずに前向きになって頑張ってもらいたいと思います。

関連記事