みすてないでデイジー 第05話 「ともだち総立ち!いけないモーション!!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/06/02

みすてないでデイジー 第05話 「ともだち総立ち!いけないモーション!!」

daisy_05-01.jpgdaisy_05-02.jpg
(C)永野のりこ/アスキー・デイジー製作委員会

野枝先輩がサイボーグを使って歩野を抹殺しようとするお話です。

daisy_05-03.jpgdaisy_05-04.jpg

野枝先輩が「超兵器R1号」というアンドロイドを開発しているシーンから始まります。
彼女はこのR1号を使って歩野を抹殺しようと企んでいたから危険でした(汗)
この先輩も歩野と同じく天才マッドサイエンティストなんでしょうかねぇ~?(笑)
あと、らら子先生ってどこにでも姿を現してくる神出鬼没な変な人ですわ。
教師が自分のクラス担任の生徒の名前を忘れるのはどうかと思う(^ω^;)
この先生の場合は教師の能力以前に一般常識能力に問題がありそうです。
よく教師になれたものだわ(^ω^;)

とりあえず野枝先輩は歩野のお祖父さんからの依頼で歩野を社会復帰させる事に
協力するわけですけど、それがなぜアンドロイドによる抹殺と繋がるのか謎でした。
そういうわけで歩野が命を狙われるピンチとなりそうだったのですけど、その前に
らら子先生が余計なことをしたために野枝先輩の方が先にピンチかもしれない?(笑)
そんなこんなで今回も相変わらずなドタバタ劇で描かれておりましたわ(^ω^)

daisy_05-05.jpgdaisy_05-06.jpg

「おはよう。デイジーちゃん♪」
今回の歩野は道路に落とし穴を仕掛けてひとみを拉致していました(笑)
この男は普通に女の子を誘うという事が出来ないのでしょうか?(^ω^;)
こんな事をやって好かれるようにしようという考えがおかしいです。
あと、ひとみは歩野に両親がいないという事を知ってから、彼に少しだけ
同情してあげていたのが気になります。
これは彼の事を完全に拒絶しているわけではないのかもしれませんね。

daisy_05-07.jpgdaisy_05-08.jpg

「R1号くんをイジメないで。」
R1号は街で不良達に絡まれていたものの反撃して返り討ちにしていました。
らら子先生がR1号を守ろうとしてくれていたんですけど、こういう場合は
不良達の方を守ってあげないといけないんじゃないでしょうか?(笑)
あと不良の道を極めるためへの説教をしていたのも笑ってしまいます。
この先生はちょっとどころか、かなり感覚がズレているとしか思えないw

daisy_05-09.jpgdaisy_05-10.jpg

「もはや君の体はこのリモコンで思いのままさ♪」
ひとみが逃げようとすると、歩野が人体コントローラーで彼女を制御していました。
さらに街の中で奇妙な踊りもさせられてしまうわでホント散々な目に遭ってます。
これでは逃げられない。
お巡りさんに助けてもらおうとしても口まで制御されているみたいだから大変です。
恥ずかしい言葉を喋るくらいなら、ここは歩野の玩具にされる方がマシなのかもね。

daisy_05-11.jpgdaisy_05-12.jpg

「さぁデイジーちゃん。一緒に飲もう♪」
「嫌よ。そんな事をするわけないでしょ!」
歩野はひとみを喫茶店に連れて行って一緒にジュースを飲もうとするわけですが、
ひとみからすれば恋人でもなんでもないのにあんな飲み方はしたくないですよね(笑)
しかし、今は歩野に体の自由を奪われている状態なので従うしかないところ・・・。

「(歩野くんが私を助けてくれた・・・。)」
喫茶店にR1号が侵入した時に歩野がひとみを守ろうとしてあげていたので優しい。
ひとみは彼の事を拒絶してても、こういう優しさもあるから惹かれるのかもしれない。

daisy_05-13.jpgdaisy_05-14.jpg

山川XはR1号も世間から仲間外れにされていると思って友達になろうとしていました。
もちろんR1号はそんな事はお構いなしだから山川Xをブンブン振り回しておりますわ。
もうアンドロイドにまで嫌われているんだから彼に友達は出来そうにないかもね(笑)
あと、らら子先生は自分のクラスの山川Xの事を全く知りませんでした。
山川Xはずっと不登校を続けているのだからこれはまだ納得できそうです(^ω^)

daisy_05-15.jpgdaisy_05-16.jpg

「兄井野枝とは仮の名。私は社会復帰用サイボーグ。アニー。」
ここで野枝先輩が突然服を脱ぎだしてサイボーグであることを明かしていました。
確かに歩野を社会復帰させるというのは不可能という判断は正しいと思います。
しかし、それで抹殺しようとするのはやり過ぎだと思うんだけどね(汗)
この作品は極端な方向に走りやすいから限度というものを簡単に超えますわ(笑)
あと、歩野の方もなかなかの策士であらかじめバリアを張って完全防御してます。
この喫茶店の状況を見る限りではもう営業できないでしょうね~(苦笑)

daisy_05-17.jpgdaisy_05-18.jpg

ひとみが操られるように野枝先輩をポカポカと殴っていましたけど、その様子を見た
歩野のお祖父ちゃんは彼女が孫の事を好きなんだと勘違いしていました(笑)
まぁこれで歩野が抹殺されなくて済むんだから良かったのではないでしょうか。
このお祖父ちゃんも孫の歩野同様に変な性格をしてるなぁって思います。
だからこんな野枝先輩みたいなサイボーグを作れちゃうのでしょうね。

daisy_05-19.jpgdaisy_05-20.jpg

「もう二度と私に付きまとわないでね!」
最後にひとみが今まで弄ばれた怒りを歩野にぶつけていました。
まぁこれは怒って当然といったところでしょうね。
ここまで歪んだ愛情を寄せられて平然としてられる女の子はいませんもん。
これで歩野がちょっとくらいは反省をしてくれればいいんですけどね。
次回から歩野がひとみにどのように対応していくのかに注目したいです。

関連記事