夢戦士ウイングマン 第39話 「涙にお別れ友情スクラム」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/03/17

夢戦士ウイングマン 第39話 「涙にお別れ友情スクラム」

wingman_39-01a.jpgwingman_39-02a.jpg
(C)桂正和/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

アオイが健太に迷惑がかかるから別れようとするお話です。

wingman_39-03a.jpgwingman_39-04a.jpg

健太とアオイが登校するために家を出ようとするシーンから始まります。
ただ今回は普段と違ってアオイがセーラー服を着ていないのが変でありました。
前回のアオイの持つ超能力の低下がここまで影響しているみたいですね。
これではちょっとした気の緩みで周囲の人達にバレちゃうから心配になってきます。
さっそく健太のお母さんがビックリしていたし(笑)
あと健太がアオイと一緒にワープさせてもらって教室に辿り着こうとしていましたが、
なぜか女子トイレの中に場所がズレてましたから、これも能力の低下が原因です。
このようにアオイの超能力の低下がさっそく表面化しつつある感じでした。
とりあえず、たまたま居合わせた久美子が発狂して健太を蹴り飛ばすのは当然かなw
健太ってアオイの胸も堂々と触るようなセクハラ行為もしていたし、正義の味方とは
思えないような所業が目立つようになってますわ(^ω^;)

wingman_39-05a.jpgwingman_39-06a.jpg

アオイはディメンションパワーが低下している事をかなり気にしている様子でした。
ずっと授業中も上の空でしたので松岡先生に注意を受けていましたけどね(笑)
下手にディメンションパワーを使おうとすると余計に失敗もしているから、暫くの間は
超能力の使用を控えた方がいいかもしれません。
ただ前回のアオイのお父さんの話から、このままアオイが三次元人の姿でいれば
さらにディメンションパワーが衰える可能性がある
というのが心配でもあります。

wingman_39-07a.jpgwingman_39-08a.jpg

ドクター・アンバランスが部下とともに巨大メカシードマンに乗ってやって来ました。
リメルが腹心のドクター・アンバランスに出撃命令を出すくらいだから、そろそろ
敵側も本気でドリムノートを奪うつもりでいるのでしょう。
ちなみにドクター・アンバランスが操縦する巨大ロボットはズバーグと呼ばれています。
「やはり現れたか。待っていたぞ。謎の戦士・・・いやキータクラー!」
「!?」
その後謎のファイターがドクター・アンバランスの作戦を阻止するために現れます。
ここでドクター・アンバランスが彼の正体をキータクラーだと指摘したのでビックリ!?
今までの謎のファイターの戦い方のデータを分析した結果から判断したみたいだし、
その謎のファイター自身も少し動揺していた姿を見ると図星のような感じでした。
確かにリメルやポドリムスの事をよく知っている事からも少し納得できる答えですね。
「ドクター・アンバランス。リメルに伝えておけ。ドリムノートはこの俺が奪い取り、
新しい国を作ってみせるとな。」

ただ、もし彼が本当にキータクラーであれば、なぜ健太達に手助けしてあげるのかが
謎になりますが、それは彼のこのセリフを聞くと目的が見えてきそうな感じがします。
そうなると、謎のファイターが健太の味方だと信じるのは危ないかもしれませんね。

wingman_39-09a.jpgwingman_39-10a.jpg

アオイは松岡先生が見ている前でビキニ姿に戻ってしまったので問い詰められます。
ウイングガールズ姿の美紅達がヒーローごっこをやっているように見せてくれたから
助かっていましたけど、これは今後の学校生活を考えると不安でいっぱいです。
明らかにアオイのディメンションパワーが維持できないくらいに低下していますね(汗)

その後ドクター・アンバランスがポドリアルスペースを作らずに襲いかかってきました。
もうリメル達はドリムノートを奪うためなら手段を選ばなくなっているのでしょう。
いつものアオイならポドリアルスペースを簡単に作ってくれるところなのですけど、
今の彼女の状態ではそれも難しいといったところです。

wingman_39-11a.jpgwingman_39-12a.jpg

さすがに生徒達はあんな巨大なロボットが校庭に出現したら驚いちゃうでしょうね。
この後でドクター・アンバランスがポドリアルスペースを作ってくれたのですけど、
どうせなら健太に襲いかかる前に作ってくれたらいいのになぁ・・・(^ω^;)
ただポドリアルスペース内では健太のデルタエンドが使えないのが苦しいところです。

wingman_39-13a.jpgwingman_39-14a.jpg

健太は大急ぎでドリムノートに新しい武器を書き込んでいました。
ただ、このドリムノートも残り2ページ分となっている点がちょっと気になるかな。
新しい武器や技を考えるのもそろそろ限界に近づいているのかもしれません。
戦い自体は健太が反射ミラーを装着したウイナアII世で敵の強力なビームを
跳ね返していたから良かったです。
しかしドクター・アンバランスは逃げてしまったし、デルタエンドの弱点までも
知られてしまったので、次に襲いかかって来た時は注意が必要でしょうね。

wingman_39-15a.jpgwingman_39-16a.jpg

「ケン坊をこれ以上危険な目に遭わすわけにはいかないわ。」
アオイはディメンションパワーを失うと健太の私生活にも迷惑がかかるので
ドリムノートを持ってどこかでひっそりと身を隠そうとしていました。
ポドリムスに帰るための能力も残されていないのは辛いところでしょうね。
・・・というか、ポドリムスに帰るにはウイナアII世でしか行けなかったはずでは?
この作品はたまに初期設定が変わっているような振りを見せるから戸惑うよ(^ω^;)
とにかく家を出て行く時に健太の事を思って寂しそうにしていたのが印象的です。
別れたくないのに別れなくてはいけないと思うと悲しい気持ちになりますよね。

wingman_39-17a.jpgwingman_39-18a.jpg

「水くさいぜ。アオイさん。俺達みんな仲間じゃないか。」
「そうよ。」
「今さら遠慮するなんて、アオイさんらしくないな。」
「ケン坊・・・・・・」
「アオイさん。一緒に戦いましょ。」
「美紅ちゃん・・・。うん。」
健太は美紅と一緒にアオイを連れ戻そうと駅に向かっていました。
もう健太と美紅にとってはかけがえのない仲間だと思っているので、ちょっとくらい
アオイがディメンションパワーでミスしたくらいでは迷惑に感じないのでしょう。
むしろ、今はアオイがいなくなる事の方が健太と美紅にとっては迷惑かもね。
とにかくアオイはここまで健太と美紅が引き止めてくれているのだから、超能力が
使えないからといって簡単に別れない方がいいでしょうね。
普通の女の子の美紅でさえウイングガールズとして戦えたりしているので、
アオイもきっと戦いの役に立てることもあるはずだと思います。

wingman_39-19a.jpgwingman_39-20a.jpg

最後に健太が特急電車の中に閉じ込められてどこかに行っちゃっていました(笑)
冷静にアオイと美紅が見送っていたのが何とも言えないなぁ(^ω^;)
シリアスな雰囲気を壊してちゃんと笑わしてくれるのが健太の良いところですわ。
とにかくアオイのディメンションパワーが衰え続けている事には変わりないので、
これからの彼女がどのようにリメルとの戦いをこなすのか心配でもあります。
あと、謎のファイターの正体がキータクラーというのも確かなのか気になりますね。

関連記事