夢戦士ウイングマン 第24話 「ずぶ濡れヨコハマ夢みてラブ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/01/20

夢戦士ウイングマン 第24話 「ずぶ濡れヨコハマ夢みてラブ」

wingman_24-01.jpgwingman_24-02.jpg
(C)桂正和/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

健太とアオイが松岡先生と北倉先生と一緒にドライブに行くお話です。

wingman_24-03.jpgwingman_24-04.jpg

今回は健太の家でアオイの誕生日会が行われているシーンから始まっています。
美紅も招待されてアオイへのプレゼントを用意して祝ってあげていましたね。
健太なんて蛇のおもちゃをプレゼントしてビックリさせていたから酷いです。
でもまぁアオイとしては皆から祝って貰えたのでとても嬉しいのではないでしょうか。
ただ、ここでアオイが16歳の誕生日を迎えたという点から疑問が生じてきていました。
つまり16歳のアオイが14歳を迎える健太と美紅と同じ学年の中学2年生であるのが
おかしいというわけです。16歳となるともう高校生になっているような年齢ですもんね。

wingman_24-05.jpgwingman_24-06.jpg

アオイは松岡先生が北倉先生への片思いに悩んでいるで応援してあげようとします。
松岡先生が北倉先生よりも1つ年上の26歳ということが少し悩みにもなってましたが、
アオイが健太よりも2つも年上で疎外感を覚えたのと通じるものがあるのでしょう。
でもこの時代では女性の方からプロポーズをするようなものだと言っていましたけど、
本当なのでしょうか?(^ω^;)
とにかく松岡先生と北倉先生がドライブに行けるようにセッティングしてあげていました。
北倉先生は真面目に作戦を考えるあまりに失敗しているようなものだから、健太を
相手にする時は力を抜いて適当に作戦を実行した方が上手くいくと思う。
リメルが言っていたように豆腐の角に頭をぶつけさせてみたりしたら良いんじゃない?w

wingman_24-07.jpgwingman_24-08.jpg

松岡先生が北倉先生からドライブに誘われて大慌てになっていたのが面白い!!
やっぱり好きな人から誘われちゃうと大喜びで浮かれてしまうというものなのでしょう。
あと、北倉先生が普段と違ってカジュアルな感じで誘っていたのもなかなか良い♪
彼の正体がキータクラーじゃなければ松岡先生が好きになっちゃうのも頷けますわ。

この後、健太とアオイも含めて4人でドライブを楽しんでいました。
本当なら2人きりでデートをさせてあげたいところなのですけど、北倉先生は健太の
ドリムノートを奪うのが目的ですから、ダブルデートになるのは仕方ないかな(^ω^)
それとアオイも美紅がいないこの機会を利用して健太を独り占めしていますわ。

wingman_24-09.jpgwingman_24-10.jpg

もう松岡先生はすっかり北倉先生に夢中になっていてドキドキしっぱなしです(笑)
このドライブデートをセッティングしてくれたアオイには大感謝でしょうね。
20世紀最大の感動とまで表現していたし・・・・・・(^ω^)
ただあまりにも欲求が抑えられなくて海に転落しちゃったら危ないと思う(苦笑)
本当に松岡先生って見ているだけで笑わせてくれますねぇ(^ω^;)

wingman_24-11.jpgwingman_24-12.jpg

松岡先生は倉庫の中で服を脱いで乾かそうとしていました。
でも心の中では北倉先生に抱いてほしい気持ちもあったみたいですね(笑)
抱かれる勇気があればプロポーズなんて簡単に出来ると思うんだけどなぁ(^ω^)

wingman_24-13.jpgwingman_24-14.jpg

北倉先生は松岡先生が海に転落して行方不明になったと嘘をついていました。
健太とアオイを海の中に誘いこんでシードマンに襲わせる作戦です。
しかし、健太とアオイは動きづらい海の中でも協力し合いながら、シードマンを
一旦撃退させることに成功していました。
今回は美紅が絡んでこないので健太とアオイのやり取りが多く感じます。

wingman_24-15.jpgwingman_24-16.jpg

北倉先生がシードマンに捕まったフリをして、健太からドリムノートを奪おうとします。
当然、健太は北倉先生を人質にされているのでノートを渡そうと考えていました。
しかし、そこに登場してきたのが松岡先生!
最愛の人の危機だから捨て身の覚悟で戦おうとしていたから凄いです!
武器を奪われても素手でシードマンと戦おうとしていた勇気は素晴らしい!
彼女こそがこの作品のヒーローなんじゃないかって思ってしまうくらいですわ。
とにかく北倉先生からすれば完全に予想外の松岡先生の乱入だったでしょうね。

wingman_24-17.jpgwingman_24-18.jpg

健太がウイングマンに変身してアオイと共にシードマンを倒していました。
ウイングガーダーによる移動力の低下をマッハチェイングで補うのは良いアイデア。
「ウイングマン。見事だ。だが、この女の命はないぞ。」
ただ、今度はキータクラーが松岡先生を人質にしていたからピンチを迎えます。
あんなに慕ってくれた松岡先生なのに本気で首を締めていたから酷いです。
やっぱり北倉先生は悪者なのかなぁって改めて思ってしまいますわ(汗)

wingman_24-19.jpgwingman_24-20.jpg

「北倉先生・・・逃げて・・・お願い。私はどうなってもいいわ・・・。早く逃げて・・・。
私に構わず・・・。愛してます・・・心から北倉先生・・・・・・・・・。」

松岡先生が自分の命の危険よりも北倉先生の身を案じていたので泣けてきます。
こういう姿を見ていると北倉先生の事を真剣に愛しているんだなぁって思います。
あとキータクラーが松岡先生の言葉を聞いて手を緩めてあげたのが注目でした!
もしかするとキータクラーもまた松岡先生を好きになりかけているのかもしれません。
リメルから三次元人は愛情が弱点になると教えられていましたけど、皮肉なことに
それはキータクラー自身にも当てはまった形にもなってしまいましたね。

wingman_24-21.jpgwingman_24-22.jpg

キタークラーはすぐに北倉先生の姿に戻って松岡先生を介抱していました。
もうこのシーンを見ていると恋人同士になりそうな雰囲気にも見えます。
これは松岡先生にとっては大きな前進になったドライブデートになったと思います。
一方の健太の方は美紅とアオイのどちらと結ばれるのか分からなくなってきました。
今は美紅の方が一応リードしているようにも見えますけど、アオイの方も健太への
想いがだんだん強くなってきている感じなのでこの先どうなるのか気になります。
とりあえず今のアオイは美紅に遠慮して密かに思いを寄せておこうとしているかな。
この作品は恋愛感情を上手く描いた作品になっているなぁって思います。

関連記事