夢戦士ウイングマン 第16話 「見られちゃった二人の秘密」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/12/16

夢戦士ウイングマン 第16話 「見られちゃった二人の秘密」

wingman_16-01.jpgwingman_16-02.jpg
(C)桂正和/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

美紅が健太とアオイの仲の良さに嫉妬するお話です。

wingman_16-03.jpgwingman_16-04.jpg

女子新体操の全国大会の地区予選があるので女子部員達が猛練習していました。
松岡先生が少しでもミスした女子部員にボールを投げつけて怒っていたので怖い~。
体罰をするのは健太が相手の時だけだと思ったけど、そうではないみたいですね(汗)
まさに鬼軍曹といった感じに見えますわ(^ω^;)
ただ、松岡先生を見ていると、地区予選が始まるから厳しく指導しているといよりも、
北倉先生と離ればなれになった精神的なストレスから怒りっぽくなっている感じです。
これは女子部員達からすればちょっと迷惑といったところでしょうか・・・。
寝ぼけるあまりに北倉先生と間違えて東洋先生に抱きつくくらいだから重症だなぁ(笑)

wingman_16-05.jpgwingman_16-06.jpg

「1つヒーロー数ある中で!2つ富士山ひとっ飛び!3つ美紅ちゃん・・・」
「愛してる♪」
黒津は健太が銭湯に入っている間にドリムノートを奪い去ろうとしていましたけど、
健太が家に置き忘れてきてしまったので運良く奪われずに済みました。
そういえば黒津がいつの間にか男子新体操部に入部していましたね。
まぁ部活をやっていれば健太と接触する機会が多くなるわけだから、その分だけ
ドリムノートを奪う機会も多くなるという考えなのでしょう。

さすがのシャフトもウイングマンの意味不明な決め言葉を覚えたみたい。
カッコ良いヒーローに憧れているにしては、なぜこんな変なセリフにしてるんだろう?(笑)
とりあえずシャフトはキータクラーとは違ってポドリアルスペースを作る能力が
低いので、他の人がやって来ると引き上げるしかないといった感じです。
自ら戦おうとする姿勢はキータクラーよりも積極性が見られるんですけどねぇ。

wingman_16-07.jpgwingman_16-08.jpg

美紅は健太とアオイがかなり親しくしているので少し気になってきていました。
やはり自分が想いを寄せる男の子に女の子が近づくのは面白くないのでしょう。
「あれじゃあ、まるで中学生夫婦だわ。そんなの良くないと思うの!」
それに健太とアオイが部屋で一緒に過ごしているところを見ても嫉妬してます。
寝る時は別々の部屋で寝るようになったとはいえ、部屋で密着している姿を見ると
思わず我慢しきれなくて声を上げちゃったのかもしれませんね。
その後、泣きながら家に帰っていったものだからちょっと心配でしたわ。
とにかく美紅はアオイを恋のライバルとして見ているようになってます。

wingman_16-09.jpgwingman_16-10.jpg

美紅は家に帰ると健太とアオイの関係に嫉妬して涙を流していました。
とはいっても、中学生同士でお風呂に入ったりすると思い込むのは変です(^ω^;)
今の美紅にはそれくらい2人が仲が良すぎると感じてしまっているのでしょうね。
ただ新体操の練習にも大きく影響が出ていたので精神的にヤバい雰囲気でした(汗)
さすがの健太も訳も分からずに嫌いと言われたら美紅相手でも怒りたくもなるか。
まさか健太と美紅が本当にケンカをするほど関係が悪くなるとは思わなかったです。

wingman_16-11.jpgwingman_16-12.jpg

美紅が新体操の地区予選大会が始まってもやって来ようとしませんでした。
恋愛が上手くいかないからといって、試合をドタキャンすると皆に迷惑がかかりますね。
実際に松岡先生はエースが休んだ事で予選落ち確実だからショックで倒れていたし(笑)
「わからずや!悔しいけど、ケン坊はあなたが大好きなの!」
今回はアオイが美紅を探しだして美紅を連れ戻そうとしていました。
そのために頬を引っ叩いたりもしていたので、かなりシリアス度が増しています。
あと、アオイのセリフを聞くと、彼女も健太の事が好きになっているのは確実かも!?
いつものラブコメ展開じゃなくて、珍しく真剣な三角関係を描いている感じがします。

wingman_16-13.jpgwingman_16-14.jpg

「私、小川美紅でぇーーーす♪よろしくー♪」
最初見た時は美紅が演技の時間に間に合って踊るんだなぁって思いました。
でも会場に現れたのは美紅っぽくレオタード姿に女装した健太だったので笑っちゃう。
よくそんな格好でバレずに済むなぁって思えるものですわ(笑)
もちろん男だとバレた時には会場からブーイングが巻き起こってましたけどね。
そこは美紅が会場の皆に謝っていた事で何とか収まって良かったです。
でも普通はこういうのって失格になっちゃいそうな気もするんだけどなぁ(^ω^;)

wingman_16-15.jpgwingman_16-16.jpg

健太はシャフトが現れたのでウイングマンに変身して戦っていました。
美紅が目の前にいても堂々と変身できるのは、アオイのディメンションパワーで
簡単に美紅の記憶を抹消する事ができるからというのもあるのでしょう。
でも戦いを終えると美紅の破れた服だけを修復して、記憶を消すことをすっかり
忘れていたから苦笑いです。一番重要な事を忘れちゃダメですよね~。

wingman_16-17.jpgwingman_16-18.jpg

健太は正体がバレていても気にせずに美紅の事を応援してあげていました。
演技する直前までは悩みっぱなしで精神的に不安定でしたけど、今となっては
健太とアオイが変身して戦っていたという謎の方を気にしているのでしょうね。
ある意味、健太が美紅の記憶を消そうとしなかったのは正解だったと言えそうだ。
その甲斐があって、美紅は素晴らしい演技を披露していたし一安心です。

wingman_16-19.jpgwingman_16-20.jpg

「僕はアオイさんと力を合わせて平和のために戦っているんだ。」
最後に健太は美紅にウイングマンの事やアオイの事を正直に打ち明けていました。
これで美紅が最も気にしていた2人の秘密についても納得できたところかな。
三角関係についても一先ず収束して良かったように思います。
もちろん、また健太とアオイが意味深な素振りを見せると、美紅は悩むとは思うけどね。
とにかくこの3人の関係が新たな局面へと移り変わった感じがしてきます。
これから敵がドリムノートを奪いに来る時には、美紅がどのように絡んだりするのか
ちょっと楽しみといったところでした。

関連記事