モモキュンソード 第12話 「桃色幻想!モモキュンソード」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2014/09/24

モモキュンソード 第12話 「桃色幻想!モモキュンソード」(最終回)

momokyun_12-01.jpgmomokyun_12-02.jpg
(C)キビダンゴプロジェクト

桃子と鬼姫の戦いに決着がつく!

momokyun_12-03.jpgmomokyun_12-04.jpg

今回で「モモキュンソード」の最後の感想になります。
キャラが面白くて楽しい作品でしたので、これで終わると思うと寂しい感じがします。


桃子が三神合体して鬼族の大ボスの邪鬼王を倒したところの続きからになります。
邪鬼王は瀕死の重傷を負った状態ながらもまだ何とか虫の息で生きていました。
ただ、この状態では生き延びるのは厳しいといったところでしょうか・・・!?
鬼姫が涙を流している姿を見ると邪鬼王の事をまだ親として思っている感じがします。
きっと桃子と同様に実の親じゃなくても育ての親だからという思いもあるのでしょう。
この後、鬼姫がどのような行動に出るのかが気になるところでした。

momokyun_12-05.jpgmomokyun_12-06.jpg

妖鬼は安倍晴明さんに倒されたものと思ったのですけど、しぶとく生きていました!
やはりこの妖鬼が真のラスボスになるのかなぁ?ってちょっと思いましたわ(^ω^)
ただ三千実の桃の力を得て復活を遂げようとしていたまでは良かったのですけど、
あまりにも強大な桃の力に肉体が耐えられずに崩壊して消えてしまっていました。
邪鬼王を貶めて下克上を果たそうとしていた割にはあっけなく終わった印象です(苦笑)
そういえば、かぐやも不思議と生きていますね!?これも桃の実の力のお陰なのかな?

momokyun_12-07.jpgmomokyun_12-08.jpg

「お前との決着がまだついておらん。勝負じゃ。桃子。」
鬼姫が桃子達の前に現れるのですが、あくまで鬼族の姫として戦おうとしていました。
今の鬼姫は桃子という実の姉妹よりも、育ての親の邪鬼王を大切に思っているのかも。
やっぱりこの辺は一緒に過ごしてきた時間が長い分だけ、思い入れがあるのでしょうね。
ただ、それでも姉妹同士ですから危険な戦いはやってほしくないところです(´・ω・`)

momokyun_12-09.jpgmomokyun_12-10.jpg

「鬼姫はありったけの気持ちでぶつかってきた。だから私も応えるよ。来なさい。鬼姫。」
「ふん。望むところじゃ。」
桃子は三神との憑依合体を解いて、自分一人の力で鬼姫と戦おうとしていました。
これは相手を倒すための戦いではなく、お互いの気持ちをぶつけ合う戦いなので、
ここは変身を解除して素の自分の姿で戦うのは理に適っている感じがしますね。
挿入歌と回想シーンも流れてちょっぴり感動させてくれる清々しい戦いになってました。
三神と幻鬼や艶鬼の応援の掛け声をかけているところも何だか心が温まります。
もうこの辺から良い最終回を迎えてくれそうな雰囲気がありました♪(*´ω`*)

momokyun_12-11.jpgmomokyun_12-12.jpg

「鬼ヶ島の落下は私達が食い止めます。皆さん、早く避難を!」
皇天女様とクシナダが落下する鬼ヶ島を何とか食い止めようとしてくれていました。
クシナダが皆の役に立って活躍したのはこれが初めてじゃないでしょうか?(^ω^)
最終回だから最後くらいは真面目にやらないといけないと思ってくれたのかな。
でもこの後ではちゃっかり生贄フェチなところを見せてくれていましたけどね(笑)

momokyun_12-13.jpgmomokyun_12-14.jpg

「行くぞ!桃子!全ての力をこの一撃に!勝負!」
「受けて立つよ!鬼姫!」
桃子と鬼姫の戦いは桃子の方がかなり優勢といった感じになっていました。
変身を解いた状態でもここまで圧倒しているのだからかなり強いと思います。
それに鬼姫に剣術の稽古をつけてあげているようにも見えました。
これから鬼姫が新たな王として鬼族を率いていくので手を差し伸べているのかも?
とにかく、もうこれで勝負ありでした。

momokyun_12-15.jpgmomokyun_12-16.jpg

いきなり鬼ヶ島の落下から数カ月が経っていたので戸惑ってしまいますわ(苦笑)
天界では次世代の天女隊も結成されているみたいだし、すっかり平和になってます。
皇天女様とクシナダは相変わらず変な事を考えていそなので困ったものかも。
これならまだ鬼族と戦っている時の方がマシに思えてきます(苦笑)
とにかく水花達の旧天女隊は再びアイドル天女隊として再結成されそうでした。
視聴者としてはそんな事より桃子と鬼姫はどうなった!?と心配してたと思うけどね(^ω^;)

momokyun_12-17.jpgmomokyun_12-18.jpg

かぐやは諦めずに桃の実の研究を続けて月に帰る方法を模索していくみたいです。
安倍晴明さんは一度裏切られそうになっていたのに、それでも協力するみたいだ。
かぐやと安倍晴明さんも一時はラスボスっぽい雰囲気を漂わせていたのに、結局は
サブキャラのままで終わちゃった印象です(苦笑)
かぐやの入浴シーンによって、これで全女性キャラが脱いだことになるのかな?w

あと、幻鬼と艶鬼は新たな鬼ヶ島を作ろうとして鬼族達に指示を送っていました。
まぁこの2人はそんなに悪い鬼というわけでもなさそうだから大丈夫そうかな。
真面目に修行をやっている鉄鬼と一緒に鬼族再興を目指して頑張ってほしいな。
こうして見ると、邪鬼王と鉄鬼だけが鬼らしい鬼だった印象ですわ(苦笑)

momokyun_12-19.jpgmomokyun_12-20.jpg

最後に桃子と鬼姫が元気にチャンバラをしているシーンがありました。
2人ともちゃんと崩落する鬼ヶ島から脱出できていたみたいで安心しました。
それにしても、通算で99回も戦っているみたいだからよく飽きないですね。
この様子を見る限りでは、今後も2人の戦いは永遠に続きそうですわ(苦笑)
一応、姉妹なんだからたまには仲良く遊んでいってほしいと思う(^ω^)
とりあえず、めでたしめでたしで終わって良かったです。

momokyun_12-21.jpgmomokyun_12-22.jpg

★総評★
最後まで単純明快なストーリーだったので気楽に楽しめるのが良かったです♪
期待通りの萌えシーンがメインの話があったり、意外にシリアス中心の話もあったりと、
メリハリのある作品だったと思います。それゆえ最後まで飽きる事なく視聴できました。
正直、ここまで楽しめるように作られるとは予想していなかったので、試聴する前よりも
私の評価はかなり上がりました。

関連記事