のんのんびより 第02話 「駄菓子屋に行った」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/05/22

のんのんびより 第02話 「駄菓子屋に行った」

nonnonbiyori_02-01s.jpgnonnonbiyori_02-02s.jpg
(C)2013 あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合

蛍が小鞠に恋をするお話です♪

nonnonbiyori_02-03s.jpgnonnonbiyori_02-04s.jpg

今回は改めて蛍によるクラスメイト達の簡単な紹介から始まっていました。
担任の宮内 一穂先生がれんげのお姉ちゃんという事もここで明らかになっています。
小学1年生と24歳の姉妹ですから、ずいぶん年が離れているなぁって思いました。
あと都会の学校から転校してきた蛍にとっては全校生徒の少なさとか小学生と
中学生が一緒の教室で勉強するところに新鮮さを感じている
みたいです。
まさに田舎の学校という印象を持ってしまったのではないでしょうか(^ω^)
ほとんどの授業が自習形式になっているというのもきっと物珍しく思うでしょうね。
最初は戸惑うかもしれませんけど、少しずつ慣れていってほしいかな(^ω^)

nonnonbiyori_02-05s.jpgnonnonbiyori_02-06s.jpg

蛍が小鞠の事をとても好きになっている様子が見受けられました♪
先輩とはいえ小学生のように小さいから可愛く見えるみたいです。
まぁたしかにあのリアクションを見ると小学生に見間違われてもおかしくない(笑)
ただ小鞠本人としては子供扱いをしてほしくないみたいですけどね(笑)
でも小鞠と夏海を比較するとどっちがお姉ちゃんなのか分からなくなりそうだ(^ω^;)

nonnonbiyori_02-07s.jpgnonnonbiyori_02-08s.jpg

小鞠は駄菓子屋さんで買った飴玉を夏海とれんげから欲しいとせがまれていました。
でもさすがに黒板消しトラップにハメられたとあっては差し上げたくない気持ちみたいね。
まぁ1つしかないから蛍にプレゼントするのが一番良い解決かもしれない。
でも駄菓子屋さんで飴玉を購入するのが大人の女性へのステータスになるとは笑うよ(笑)
そういう感覚を持っている限りではいつまでも子供扱いされそうな気がします。
それはともかく小鞠から飴玉を貰った蛍の表情を見ると本当に幸せそうだなぁ。
日常アニメには百合キャラがいるものですけど、彼女がその担当になりそうですね(^ω^)

nonnonbiyori_02-09s.jpgnonnonbiyori_02-10s.jpg

蛍の事だからきっと小鞠からもらった飴玉はすぐに食べずに大切に取っておくでしょうね。
もしかすると賞味期限が切れても一生の宝物として保管しそうな感じもしますわw
ここまで飴玉一個に幸せな気分に浸れるなんて羨ましいです。
彼女だけがこの4人組の中で真面目な印象があったのですけど、このシーンを見てると
ちょっと壊れてきたかなぁって思ってしまいます(^ω^;)

nonnonbiyori_02-11s.jpgnonnonbiyori_02-12s.jpg

蛍が小鞠から突然電話がかかってきたので超ビックリしていました。
まるで片思い相手からかかってきたかのようにドキドキしてたので笑いますわ。
蛍にとっては小鞠からの遊びのお誘いはデートに行くような感覚みたいです(笑)
まだ彼女は小学生だから年上のお姉さんに憧れる気持ちは分からなくないけど、
このままでは本当に百合の道へと突き進んじゃいそうで心配になってくる(苦笑)
それにしても蛍がまるで別人のようにオシャレをしてきたから凄いです。
あれでは小鞠だけじゃなく、私も一瞬誰?って思ってしまいましたよ(^ω^;)

nonnonbiyori_02-13s.jpgnonnonbiyori_02-14s.jpg

まさか小鞠が蛍に全く気づくことなく行動を共にするとは思わなかったです。
さすがに東京から来たと言われた時にはちょっとくらいは気づこうよ(苦笑)
東京からわざわざ田舎の駄菓子屋さんを訪れるはずないんだし。
もうここは蛍が禁句の「こまちゃん」と呼んであげたらいいのにって思った(^ω^)
とにかく小鞠はドギマギしながら一緒に駄菓子屋さんについて行きました。
やっぱり彼女には小学生っぽいところがありそうだ。

nonnonbiyori_02-15s.jpgnonnonbiyori_02-16s.jpg

蛍は暗くて怖そうなトンネルの中も平気な顔をして通ろうとしていました。
小鞠と一緒という幸福感でいっぱいだから怖さを感じている暇はないみたいです(笑)
そんなこんなでようやく目的地の駄菓子屋さんに到着したわけですけど、
蛍が初めて駄菓子屋さんを見ることが出来たので感激していました。
まるで東京には1件も駄菓子屋さんが存在していないみたいだよ(苦笑)
まだまだ蛍には知らない田舎の世界がいっぱいありそうですね。

nonnonbiyori_02-17s.jpgnonnonbiyori_02-18s.jpg

蛍は小鞠の分も一緒に宇治抹茶金時を買ってあげていました。
その時に1万円を出して購入していたから確かにビックリするかもね!?(汗)
私でも小学生の時は1万円札なんて持ち歩くことなんてまずなかったし。
小鞠はこれが大人買いだと思ってしまっていたので面白かったです(苦笑)
いったいいつになったら蛍だと気づくんだろう?と思ってしまうよ(^ω^;)

nonnonbiyori_02-19s.jpgnonnonbiyori_02-20s.jpg

「あれが大人の女性・・・・・・カッコ良い♪」
結局、最後の最後まで小鞠は蛍に気づかずにお別れすることになりました(苦笑)
でもまぁ蛍の姿を見て少しは理想の大人の女性像を学べたみたいですから、
小鞠にとってはとても良い一日を過ごせたのではないでしょうか。
あとは鈍感なところを直していけば大人に近づけそうですね(笑)
最後に小鞠は約束をドタキャンしたと思って蛍に謝りの電話をかけてましたが、
蛍にしてみれば普通に小鞠と一緒に遊べたわけで分けわからんでしょうねw
それにしても蛍が小鞠のぬいぐるみを作っていたから相当入れ込んでるなぁw
まだ小学生なのにこれで良いのでしょうか?(^ω^;)

関連記事