最終試験くじら 第01話 「出会い」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/10/01

最終試験くじら 第01話 「出会い」

kujira_01-01.jpgkujira_01-02.jpg
(C)CIRCUS・最終試験くじら製作委員会

旅芸団の男の子が空飛ぶクジラのいる街を訪れる物語。

kujira_01-03.jpgkujira_01-04.jpg

今回から「最終試験くじら」という美少女ゲーム原作アニメの感想を書きます。
数年前にアニメ専門チャンネルで放送していた時にたまたま見かけた作品です。
タイトルがとても印象的だったので興味を惹かれたのは覚えています。
ちなみにこの作品は5分アニメですので、原作の紹介PR的な内容になっています。
そのために、ひと通り見た私でも話の内容はほとんど理解出来ませんでした(^ω^;)


「クジラだ!クジラが空に浮かんでいる!?」
物語は旅芸団の男の子が新たな巡業地の阿武市を訪れたところから始まります。
彼の名前は久遠寺睦。この物語の主人公になります。
睦がふとビルの窓ガラスに映る異様な物体に目を引かれていました。
全国各地を転々と巡業しているので色んな珍しい物を見てきているはずですが、
さすがに空に浮かんでいるクジラを見るのは初めてなのでしょう。
まぁ常識的に空飛ぶクジラなんているはずないから驚くのは当然ですよね。

kujira_01-05.jpgkujira_01-06.jpg

榛原胡桃という女の子がそんな睦の様子を見て笑っていました。
不思議な事に彼女は空飛ぶクジラを見ても何も驚いていません。
むしろ空飛ぶクジラが存在しているのが当たり前だと言わんばかりですわ。
空飛ぶクジラも謎ですけど、この街の人々の感覚の方が不思議かもしれない!

kujira_01-07.jpgkujira_01-08.jpg

「病弱って感じじゃないわねぇ。色は白いけど、まぁルックスは悪くないし。
うん。ちょっと背が低いのと目付きが悪いのが減点対象かなぁ。」

胡桃が初対面の男の子なのにズバズバと外見の評価をしていました。
よく本人を目を前にして声に出して言えるものだよ(苦笑)
睦としては変な女の子に絡まれたなぁって思っているかもしれませんね。
とりあえずこの街では空飛ぶクジラを知らないければ、引きこもりか
田舎者だと思われるようだ(^ω^)

kujira_01-09.jpgkujira_01-10.jpg

睦は巡業公演するだけじゃなく学校にも編入して通おうとしていました。
そこで偶然にも胡桃と同じ榛名学園に通うことになるみたいです。
ずっと全国を旅しているようなものだから転校ばかりしていそうですよね。
友達ともあまり親しくなる機会はなさそうだから、こうして胡桃と少しでも
早く知り合って仲良くなるのは良い事のように思います。
あと胡桃の自己紹介を見ていると、胸が揺れるほど大きくて、白いパンツを
身につけている女の子だという事がよく分かりました(苦笑)
これから睦がこの街でどのように過ごしていくのか楽しみです。
ここで次回に続きます。

kujira_01-11.jpgkujira_01-12.jpg

ED曲は、eufoniusさんが歌う「遠い夏空」です。

この秋の新作アニメ「天体のメソッド」の概要を見た時に、この最終試験くじらが
ふと脳裏に浮かんだので感想を書いてみました(^ω^)

関連記事