モモキュンソード 第07話 「喪失危機!?桃子の大切なモノ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/08/20

モモキュンソード 第07話 「喪失危機!?桃子の大切なモノ」

momokyun_07-01.jpgmomokyun_07-02.jpg
(C)キビダンゴプロジェクト

桃子の大切な宝物を探すお話です。

momokyun_07-03.jpgmomokyun_07-04.jpg

今回、桃子達がやって来たのは今の新潟県に相当する越後の国です。
そこで早くも桃子達一行と鬼姫達一行が戦っているシーンから始まっていました。
その結果、桃のカケラは鬼姫側に奪われてしまったわけですけど、桃子としては
戦っている最中に崖の下に落とした短剣の行方をとても気にしていました。
ということで、今回はこの桃子の大切な落し物にまつわるお話となっています。

momokyun_07-05.jpgmomokyun_07-06.jpg

桃子は夜の真っ暗な中でも落とした短剣を見つけ出そうと探し続けていました。
明るくなる夜明けを待たずに早く探そうとしているところからも、あの短剣が
桃子にとってとても大切な品であることが伝わってきます。
それもそのはず、生まれた時に手にしていたお守りが結びつけてあったので、
この探検を失えば両親を知る唯一の手がかりがなくなってしまうわけでした。
桃子は一応お爺さんとお婆さんを本当の両親のように慕っているのですけど、
やはり実の両親はどんな人なのだろうと気になってくるものなのでしょう。
これは母親の事を知りたがっている鬼姫にも理解できる気持ちですよね。
だから最後に鬼姫は桃子のために予想外な行動を見せてくれるんだと思います。

momokyun_07-07.jpgmomokyun_07-08.jpg

予想外な行動といえば、鬼姫がなぜ幻鬼をムチ打ちにしちゃうのか謎ですわ。
幻鬼は艶鬼にも拷問を受けているみたいだし、鬼族の中で一番扱いが酷そうだ(笑)
本格的なSMアニメにならない程度に軽く叩いてあげてほしいなぁ(^ω^;)
あと、妖鬼がさっそく桃子の大切な品の事を知って、部下達に探させていました。
鬼族の幹部達の中ではこの妖鬼が一番役に立ちそうに見えるなぁ・・・(^ω^)

momokyun_07-09.jpgmomokyun_07-10.jpg

天女隊の4人も駆けつけて、一緒に桃子の短剣とお守りを探してくれていました。
いつも桃のカケラ探しを手伝ってもらっているので、たまにはそのお礼をしなくてはね。
でも天女隊の事だからあまり役に立ちそうにないという先入観で見てしまいますわ。
花梨が宝珠を使って簡単に短剣を見つけられるくらいなら、もうすでに桃のカケラは
全部集められているはずだし・・・(^ω^)
あと、安倍晴明さんがあっさりと桃のカケラを見つけていたので運が良いですね。
ただ、桃子の短剣の方は妖鬼に先に見つけられてしまったのでピンチでした。
全ての桃のカケラとの交換条件を出していたので本当にズル賢い敵ですわ。

momokyun_07-11.jpgmomokyun_07-12.jpg

天女隊は皇天女様に桃のカケラを貸してもらえるようにお願いしていました。
しかし皇天女様は桃のカケラの影響力を敵に利用される事を危惧して拒否します。
まぁこればっかりはしょうがないでしょうね。
桃子の短剣とお守りを取り戻すために世界を危機に陥れるわけにはいきませんし。
とにかく桃子が自力で桃のカケラを見つけて取引に使おうとします。
桃子が涙を流していたのでかなり落ち込んでいるのかなぁって思ったのですけど、
食べ物はよく食べている様子だったのでちょっとだけ安心かな。

momokyun_07-13.jpgmomokyun_07-14.jpg

桃子は大切な宝物はお爺さんとお婆さんと猿神達だと思い始めていました。
一度も会った事がない両親よりも、今まで一緒に過ごしてきた仲間達の方が
今の自分にとっての大切な家族だと感じるようになったのかもしれませんね。
そうなると猿神達は桃子の言葉に感激するのも当然かな。
あと、鬼姫の方は桃子のことをずっと気にかけていました。
彼女も両親の事で色々と思い悩んでいるので、桃子に対して同情していそうです。

momokyun_07-15.jpgmomokyun_07-16.jpg

鬼姫が桃子の大切な短剣を妖鬼から取り戻してあげていました。
口では偶然拾って捨てただけだと素直に言わないところが彼女らしいよ。
この子はツンデレな性格をしているのでしょう。でも優しいと思います(*´ω`*)

momokyun_07-17.jpgmomokyun_07-18.jpg

そうなると、ちょっと可哀相だったのが妖鬼でした。
せっかく手に入れた取引材料の短剣を鬼姫様に奪われちゃうわ、
桃子達には倍返しを食らっちゃうわでホント散々ですね~(笑)
とにかく、桃子はもう大切な短剣とお守りを落とさないように
これからは気をつけながら旅を続けていってほしいかな。

momokyun_07-19.jpgmomokyun_07-20.jpg

邪鬼王は裏切り行為を働いた鬼姫に対して何のお咎めもしませんでした。
鬼姫だけじゃなく、この邪鬼王も正々堂々としたところがあるのかもしれませんね。
こうして見ると、鬼族は悪い連中の集まりというわけではなさそうな感じがします。
あと、安倍晴明さんはかぐやという人物に桃のカケラを渡していたのですけど、
この世を人間のものにするために色々と裏で活動をしているみたいです。
鬼族だけじゃなく、こちらの陣営の動きなんかも注意しておく必要がありそうかな。

今回は鬼姫が桃子の事を思いやるところが良かったと思います。
今の2人は敵と味方に別れて戦っていますけど、桃のカケラ争奪戦の事がなければ、
もしかすると仲良しの友達同士になっている可能性もあったかもしれませんね。

関連記事