ゆゆ式 第05話 「唯と縁 とゆずこ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/08/29

ゆゆ式 第05話 「唯と縁 とゆずこ」

yuyushiki_05-01.jpgyuyushiki_05-02.jpg
(C)三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部

3人は永遠に一緒に遊ぶ♪

yuyushiki_05-03.jpgyuyushiki_05-04.jpg

ゆずこと唯と縁が学校の中庭で一緒に昼食を食べているところから始まります。
この3人が一緒になると意味のない会話が始まるのはいつもの事ですね(笑)
「タオルタオル」とか「好き好き」とか言葉を重複させて楽しんでおりましたけど、
見ている私としては何が楽しいのかいまいち分かりません(苦笑)
でもこの作品はこういうとりとめのない雑談をする事がメインなのでしょうね。
さすがに半分近くまで視聴してくると、この作品の楽しみ方が理解出来てきた(^ω^)

yuyushiki_05-05.jpgyuyushiki_05-06.jpg

小学2年生の唯と縁が初めて出会った時の回想シーンが描かれていました。
唯が縁に抱いた第一印象として、お姫様のような女の子だと思い込んでいました。
家族で海外旅行に行くくらいのお金持ちですから当たらずも遠からずでしょうか。
とにかく2人は遠足の時のお菓子がきっかけで仲良くなっていったみたいです。

yuyushiki_05-07.jpgyuyushiki_05-08.jpg

その後は縁が唯の家に遊びに行ったりして、今のような関係へと繋がるのでしょう。
この時の縁は唯に対して全くちょっかいを出していないので、いつものちょっかいは
ゆずこに便乗しているものと思われます。もし2人だけの関係がずっと続いていれば、
今の2人のやり取りはまともになっていた可能性だってありそうですね。
あと縁が唯のお蔭で庶民的な金銭感覚を持てるようになったのは良かったと思う。
だから今の縁はお金持ちのお嬢様のイメージがないのでしょう。

yuyushiki_05-09.jpgyuyushiki_05-10.jpg

唯と縁だけしか知らない過去を共有していると、ゆずことしては疎外感を覚えるかも。
でも高校入学前から2人とはすでに仲良くなっていた事を考えると、そんなに浅い
付き合いでもないからあまり悲観するほどでもないと思います。
3人が将来の長きに渡って友達関係を続けていくなら、出会いの数年の差なんて
些細なものですし、そんなに違いはあるようには思えませんからね。
むしろ唯と縁がゆずこと出会った事の方が大きな影響があったように思えますわ。

yuyushiki_05-11.jpgyuyushiki_05-12.jpg

ゆずこは唯に電話をかけて、しりとりをしようと持ち掛けていました。
しかし唯は全く相手をせずに即切りしていたので笑っちゃいます。
学校だけならともかく、家にいてる時くらいはゆっくりと過ごしたいのでしょう。
こうなると、ゆずこがなぜ唯と縁と友達になれたのか不思議に思えてきます。

yuyushiki_05-13.jpgyuyushiki_05-14.jpg

唯は縁と接する時とゆずこに接する時とでは明らかに対応に差をつけています(笑)
縁とは古くからの親友だからと思いたいですけど、ゆずこの変な言動を見てると、
たとえゆずこの方が古くから付き合いがあったとしても同じ対応をするでしょうね。
一言でいえば、ゆずこに真面目に対応するのは無駄ということですわ(^ω^)

yuyushiki_05-15.jpgyuyushiki_05-16.jpg

このシーンでは縁の天然ボケっぷりがいっぱい描かれていました。
ゆずこ以上に手に負えない感じがするなぁ(苦笑)
これはクラスメイト達にレズ乱交してるように思われたかもしれませんねw
唯はいつかゆずこと縁に襲い掛かられちゃうんじゃないでしょうか?w

yuyushiki_05-17.jpgyuyushiki_05-18.jpg

この作品は最初から3人が仲が良い関係で始まっていましたので、この話で
唯と縁だけでも友達になった経緯が明らかにされて良かったと思います。
残るゆずことはどのように友達になったのかが気になるところなのですけど、
まぁ彼女の日頃の様子を見ていればある程度は想像できそうかな。
とにかく3人は死ぬまで一緒にいると宣言していましたので、未来永劫に渡って
とりとめのない会話をし続けていくのでしょうね(^ω^)

関連記事