ゆゆ式 第01話 「高校生になりました」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/08/11

ゆゆ式 第01話 「高校生になりました」

yuyushiki_01-01.jpgyuyushiki_01-02.jpg
(C)三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部

情報処理部でゆったりと活動する女子高生達の物語。

yuyushiki_01-03.jpgyuyushiki_01-04.jpg

「のんのんびより」を見てからの私は日常系アニメにハマっていますので、
この「ゆゆ式」の感想もとりあえず書いておきたいと思います。
のんのんびよりやきんいろモザイクの2期が決定している事を考えますと、
まだまだこの流行はなくなりそうにないので私もその流れに乗ります♪(^ω^)


OP曲は、メインキャラ担当の声優ユニットが歌う「せーのっ!」です。

yuyushiki_01-05.jpgyuyushiki_01-06.jpg

物語は3人のメインキャラの女の子が高校の入学式を迎えるところから始まります。
女の子達の名前は、野々原ゆずこ櫟井唯日向縁です。
3人が最初から仲良く話していたりしているのを見ると、昔からの友達みたいですね。
このように彼女達を中心にまったりとしたやり取りが描かれていきます。

yuyushiki_01-07.jpgyuyushiki_01-08.jpg

ゆずこと縁は意気投合しやすいのか、一緒に唯にちょっかいを出したりしています。
どうやらこの3人の中では唯が一番常識があって、真面目な性格をしてそうですね。
だから自然と2人のボケに対してのツッコミ役になっちゃうのでしょう(笑)

yuyushiki_01-09.jpgyuyushiki_01-10.jpg

ゆずこが唯にキスしてとか、胸を揉ませてとかセクハラなお願いをしてました♪(笑)
こういう作品には百合キャラがいる事が多いけど、まさか彼女だとは予想外です。
本気なのか冗談なのか分かりにくいから唯は困っちゃうんじゃないでしょうか?
とりあえず、唯のツッコミはお仕置きになる事もあるから冗談はほどほどに~(笑)

yuyushiki_01-11.jpgyuyushiki_01-12.jpg

ゆずこ達の英語の先生でもある松本頼子先生が登場していました。
未婚の20代の女性なのになぜ「お母さん先生」と呼ばれているのか謎です。
というより、先生に対してあだ名で呼ぶ事自体がよくないと思う(^ω^;)
でもまぁ、おっとりした雰囲気だから親しみやすい先生というのもあるのかな?

yuyushiki_01-13.jpgyuyushiki_01-14.jpg

ゆずこ達は頼子先生が顧問をやっている情報処理部の部室を見学させてもらいます。
現在は部員が0人の休部状態になっているために部室には誰もいません。
これでは廃部になっていてもおかしくないのですけど、一応高価なパソコンとかを
部費で購入してあると思うので、そう簡単に廃部できないのかもしれませんね。
そして、ゆずこ達はさっそくパソコンで「SM診断」をやって遊んでいました。
ゆずこと縁の場合はS度やM度に関係なくレズ度が相当高いと思いますw
唯はよくこの2人の友達をやっているものだと感心しますよ(^ω^;)

yuyushiki_01-15.jpgyuyushiki_01-16.jpg

次はパソコンで「太陽」について検索をして調べていました。
ただ、縁による太陽のイメージ映像を見ていると余計に分からなくなりそう(苦笑)
特に「小宇宙(コスモ)を燃やす」というネタは分かる人にしか分からないはずw
とりあえず情報処理部の体験入部をしていると思っていいのだろうか?(^ω^;)

yuyushiki_01-17.jpgyuyushiki_01-18.jpg

帰る時に調べた事をホワイトボードにまとめていたのは偉いのかもしれませんね。
遊びと部活の境界が分からなくなりそうなやり取りでしたけど、一応まとめることで
部活動をやっているという体裁は保つことができると思う。・・・たぶんね(^ω^;)
とりあえず、3人の新たな高校生活がここから始まった感じです。

yuyushiki_01-19.jpgyuyushiki_01-20.jpg

ED曲は、Mayumi Morinagaさんが歌う「Affection」です。

第1話を見てみると、まさに日常のゆるーい雰囲気で描かれている作品でした。
最近のハナヤマタやヤマノススメと比べてみると全くストーリー性はないので、
女の子達の意味のない会話ややり取りを見て楽しむといった感じになります。
おそらく、唯のような反応を見せちゃう視聴者はついていくのは難しいと思うw
その逆に、ゆずこや縁のようなノリがある人は十分楽しめるんじゃないでしょうか(^ω^)

関連記事