貧乏姉妹物語 第06話 「さびしさと銀子とお姉さまの日」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/09/18

貧乏姉妹物語 第06話 「さびしさと銀子とお姉さまの日」

binboushimai_06-01.jpgbinboushimai_06-02.jpg
(C)かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト

銀子が山田姉妹の様子を観察するお話です。

binboushimai_06-03.jpgbinboushimai_06-04.jpg

ある日の朝、きょうとあすが珍しく寝坊しそうになっているところから始まります。
前回、アパートの隣の工事現場で高層マンションが建つという話がありましたが、
それが完成した事により朝の太陽の光が遮られるようになったのが原因でした。
ただ、驚きなのはその高層マンションを建てたのが越後屋姉妹だったことです。
わざわざ小学校に通いやすい場所を選んで建てたみたいだから贅沢だ(苦笑)
これならまだ節約生活をしてくれていた方がマシな気がするなぁ・・・。
まぁ登校時間の節約になっていると言われると少しは納得できるんだけどねw
とにかく、その高層マンションに越後屋姉妹が引っ越してきました。

binboushimai_06-05.jpgbinboushimai_06-06.jpg

銀子は、山田姉妹の仲の良さを目のあたりにして少し思い悩むようになります。
自分とお姉ちゃんの関係と山田姉妹の関係を比べると、あまりにも仲の良さが
異なっているので羨ましく思っているようにも見えます。
もちろん、あすの前では対抗意識から絶対に言わないでしょうけどね。
このように今回は銀子が山田姉妹の様子を観察するお話となっています。

binboushimai_06-07.jpgbinboushimai_06-08.jpg

まず銀子とあすの大きな違いといえば、慕ってくれる友人や知人の多さでしょう。
銀子の場合はお嬢様気質でクラスメイトにも上から目線で喋ったりしてしまうので、
どうしても親しくしてくれる友達が出来にくいというのがマイナス点になります。
これは姉妹関係の問題でもないので自分さえ気を付けておけばいいのですけど、
ただ銀子の性格はそう簡単には変えられそうにないから困ったものです(苦笑)
せめて、お姉さんに話しかけるような感じでクラスメイトに話しかけるだけでも、
だいぶ違う印象を持ってもらえると思うのですけどねぇ~。
とにかく、銀子のあすに対する対抗意識は相当高いです(^ω^;)

binboushimai_06-09.jpgbinboushimai_06-10.jpg

銀子は高性能望遠鏡を使ってでも山田姉妹の様子を観察しようとしていました。
さすがにお金持ちのお嬢様となるとお金の使い道が想像を超えてます(苦笑)
さらに金子までも妹が特売のスーパーを探そうとしているんだと思う始末ですわw
わざわざ望遠鏡を用意してまで特売品を買っても全然節約にならないのにね。
この姉妹は一般的な感覚から大きくズレているとしか思えない(^ω^;)

binboushimai_06-11.jpgbinboushimai_06-12.jpg

アイキャッチ♪

binboushimai_06-13.jpgbinboushimai_06-14.jpg

観察するのは良いのですけど、これでは完全に盗撮しているようなものです。
おまけに盗聴機能まであるみたいで、山田姉妹の会話が筒抜けになってました。
室内だけならともかく、なぜ外出している2人の会話も盗聴できるのかが謎です。
こんなに高性能な望遠鏡ならスパイ活動とか探偵をする人は欲しいだろうなぁ(笑)
とにかく、銀子は山田姉妹が笑顔で食事をしたりしている事に驚いていました。
自分達姉妹は笑顔で過ごす事がないのでとても珍しい光景に見えるのでしょう。
いたって普通の事なのですけど、この越後屋姉妹にとってはカルチャーショックを
受けるくらいに衝撃が強かったのかもしれません。

binboushimai_06-15.jpgbinboushimai_06-16.jpg

山田姉妹は両親もいなくてたった2人きりで暮らしているのですけど、
彼女達の笑顔を見る限りでは決して貧しい雰囲気には感じません。
その一方、両親がいて、メイドまでいる銀子の生活を見ていますと、
どこか心が満たされない寂しさが感じられますよね。
これは家族の人数の多さではなく、家族との繋がりがあるかどうかで
幸福感に差がある
事を示していたようにも思えます。
きっと、銀子はそういう部分を薄々と悟りつつあったのでしょうね。

binboushimai_06-17.jpgbinboushimai_06-18.jpg

銀子は寂しさを紛らわすために山田姉妹を自分の部屋に招待していました。
ただ、きょうの方はいつも早寝しているからその場で寝ちゃっていたけどね(笑)
銀子はいつも姉の世話で大変なあすに労いの言葉をかけてあげるのですけど、
あすは本当に大変なのは仕事もしているお姉ちゃんだから苦にはしていません。
むしろお姉ちゃんに安らぎの場所を提供できる事に喜びを感じていました。
そういう考え方は銀子には全くなかった感覚なので新鮮に感じていたかな。
これで銀子は今までのように自分の事だけを考えずに、お姉ちゃんにとって
何を一番してあげたら良いのかを学ぶ事が出来た
ように思います。
それさえ分かれば、これからはクラスメイトに対する態度の取り方なんかも
自然と変わってくるのではないでしょうか。

binboushimai_06-19.jpgbinboushimai_06-20.jpg

「お姉様。頑張り過ぎないでください。」
「銀子・・・・・・分かったわ。ありがとう。銀子。」
最後に銀子はお姉ちゃんが働きすぎるので休むように声をかけてあげていました。
銀子もあすを見習ってお姉ちゃんの安らぎを与えられる人になろうとしています。
今回は銀子が精神的にも成長した姿が見られたような気がします。
金子もまた銀子のために陰では色々とサポートしてあげていましたので、
きっとこれからの2人は笑顔で語り合えるような姉妹になりそうですね♪
最後に見せた銀子の初めての笑顔がそれを物語っていたと思います。

関連記事