貧乏姉妹物語 第05話 「アパートと桜と引越しの日」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/09/13

貧乏姉妹物語 第05話 「アパートと桜と引越しの日」

binboushimai_05-01.jpgbinboushimai_05-02.jpg
(C)かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト

山田姉妹が部屋を追い出される!?

binboushimai_05-03.jpgbinboushimai_05-04.jpg

山田姉妹が2人仲良く落ち葉が舞う庭の桜の木を眺めているところから始まります。
たとえ誰も手助けしてくれない貧乏な生活でも、姉妹2人が頑張れば大丈夫だと
お互いに言い聞かせるように手と手を取り合って微笑んでいました。
この2人は常に前向きに考えているから、あんまり悲壮感は漂ってきませんね。
しかしながら、今月は生活費がとてもピンチみたいで、大家さんに家賃の支払日を
少しだけでも伸ばしてもらおうと思っていました。
今回は2人の姉妹が生活面で大きな問題を抱えるエピソードになっています。

binboushimai_05-05.jpgbinboushimai_05-06.jpg

さっそく2人は大家の源三さんにお願いしに行くと、あっさりと了承してくれました。
嬉しいはずなのに驚いていたところを見ると、普段はよく断られているのでしょう。
その源三さんがなぜこうも簡単に家賃の支払いを延期してくれたのかが謎ですね。
あと、源三さんが2人を見た時に、思わず「えりこ。まみ。」と呟いてしまったところも
今回の重要なポイントになっていました。
意味深に庭の桜の木を見つめていた点も気になるところでしょうか。

binboushimai_05-07.jpgbinboushimai_05-08.jpg

2人は給料が入ったのでどこかに遊びに行こうと相談していました。
生活費が足りなくて遊興費にお金を使っている余裕はないはずなのですけど、
まだ2人は子供ですから遊びに行きたい気持ちになるのは仕方ありませんね。
しかし、いざどこかに遊びに行こうと考えても思いつかないようでした。
でもまぁ毎日忙しく仕事や家事をしているので、たまにはこのように家の中で
まったりと過ごすのも良い休養になっているのではないでしょうか。

この後、「ハワイに行こう。」と言った時には一瞬ビックリしてしまいましたけど、
ハワイという名前の銭湯だったのでちょっと拍子抜けしましたよ(苦笑)
銭湯ではおばちゃん達が2人の事を心配してくれている様子が描かれていました。
こうして見ると2人はもうおばちゃん達のネットワークの中に入っている感じです。
小中学生の間では経験できないような大人の付き合いをしているかもしれない。

binboushimai_05-09.jpgbinboushimai_05-10.jpg

ここで2人にとって今後の生活に不安を感じさせるような問題が舞い込みます。
それは源三さんが突然2人に部屋を出ていくように申し入れてきた事です。
さすがにこれには2人はショックを隠し切れませんでしたよね。
2人は両親もなく、保証人もいない状態で部屋を借りているはずなので、もし
契約書に書かれてある通りに同意をしてあるのなら仕方ないのかもしれない。
でも源三さんも退去の理由くらいをちゃんと言ってあげたらいいのになぁ・・・。
この流れからすればアパートを取り壊すものと普通は思いますよね!?
(・・・最後に別の理由があった事が明らかになるわけですけど。)
このおじさんは口数が少ないから変な誤解を与えやすい気がしますわ(^ω^;)

binboushimai_05-11.jpgbinboushimai_05-12.jpg

アイキャチ♪

binboushimai_05-13.jpgbinboushimai_05-14.jpg

山田姉妹は次に住む部屋を探すために不動産屋を見て回ります。
さすがに今住んでいる1Kで風呂なしの部屋よりも綺麗な部屋がいっぱいです。
しかし、2人は広くて綺麗な部屋に住む事よりも、今住んでいるアパートの部屋に
ずっと住んでいたいという気持ちの方が強くなっていました。
これは長年住み慣れた今のアパートに愛着がある証拠かな。
きっと2人で苦労して過ごした思い出もあるから、余計に離れたくないのでしょう。

binboushimai_05-15.jpgbinboushimai_05-16.jpg

路頭に迷う2人に市場の人達が部屋に泊めてあげようと声をかけてきてくれました。
このようにサポートしてくれている人がいてるだけでも2人には心強いでしょうね。
しかし、これは本当は源三さんに頼まれたという事を聞かされます。
源三さんはただ部屋から追い出すだけじゃなく、今後の事も考えてくれてました。
やっぱり根は優しい人なのでしょう。
それに、源三さんには交通事故で失った妻と娘がいた事も明らかにされます。
いつか3人家族揃って桜の木を眺めながら花見をする夢を持っていたようです。
これで源三さんが2人の女性の名前を呟いていた事も、桜の木を物悲しそうに
眺めていた事も全て繋がってきたところですね。

binboushimai_05-17.jpgbinboushimai_05-18.jpg

こうなると、姉妹がアパートを出ていきたくない気持ちが当然固まってきます。
すぐに源三さんに会いに行って、アパートを取り壊さないように頼んでいました。
しかし、源三さんはアパートをもともと壊すつもりは一切ありませんでしたわ。
隣の敷地で大型車両が出入りする工事が行われるので、山田姉妹が交通事故に
巻き込まれないように部屋から退去してもらったというわけでした。
交通事故で妻と娘を亡くしているというのもあって、この姉妹を何としてでも
事故から守ろうとする気持ちが強く働いたのが退去処分だったようです。
彼がそれほど山田姉妹を大切に思っている事を示していると思います。

源三さんのそんな優しさを知ると、姉妹が彼に親しみを感じてくるものでしょう。
2人が源三さんに来年の春に桜が咲いたら花見に行こうと誘っていたのも良い。
源三さんは恥ずかしがっていましたけど、妻と娘とは出来なかった花見の約束を
これで少しは果たせる形になるので、きっと心の中では喜んでいたと思います。

binboushimai_05-19.jpgbinboushimai_05-20.jpg

とにかく姉妹がアパートに引き続き住めるようになったので良かったです。
それに今回の一件で自分達を陰からサポートしてくれる人達がいる事を
知る事が出来たのも大きかったと思います。
今までは2人だけで力を合わせて生き抜こうとする気持ちが強かったのですが、
これからは気持ち的に余裕を持ちながら生活をしていけるかもしれません。
たとえお金がなくて色んな物は買えなくても、こういう精神面においては少しずつ
豊かになっていっている感じだから安心して見られる気がします。

関連記事