貧乏姉妹物語 第02話 「大家さんとスイカとお見舞いの日」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/08/30

貧乏姉妹物語 第02話 「大家さんとスイカとお見舞いの日」

binboushimai_02-01.jpgbinboushimai_02-02.jpg
(C)かずといずみ・小学館/貧乏姉妹物語プロジェクト

恐怖の大魔王が来る日!

binboushimai_02-03.jpgbinboushimai_02-04.jpg

今回は山田姉妹が暗い部屋の中で恐怖を感じているところから始まります。
普通なら大きな雷が鳴り響いて雨漏りがしているから怖がっているものと
考えられるわけですけど、2人にはそれよりももっと怖い相手がいたのです。
その相手というのは、月末になると必ず部屋を訪れに来る大家の林源三さん。
2人にとっては高い家賃を納めなくてはいけない相手だから怖いわけですわ(笑)
だから大家さんの事を恐怖の大王と呼んじゃうのも分かる気がしますね(^ω^)
今回はこの源三さんにまつわるエピソードを描いた物語となっています。

binboushimai_02-05.jpgbinboushimai_02-06.jpg

そして、また次の月末も2人は恐怖を感じながら源三さんを待っておりました。
しかし、予定の7時30分を過ぎても姿を現さなかったのが今までと違うところ。
それで、きょうが家賃を払わなくて済んだと大喜びしていたから笑っちゃうよ。
いくらなんでも大家さんに何か用事があったと思うのが普通じゃないの?(苦笑)
まぁ一応、あすの方は家賃免除なんてありえないと疑ってくれていましたので、
能天気なお姉ちゃんとしっかり者の妹というのがこのシーンでよく分かった(^ω^)

binboushimai_02-07.jpgbinboushimai_02-08.jpg

アパートの庭で水撒きをしながら遊んでいる姉妹に声をかけてくる女性がいました。
彼女の名前は三枝蘭子さん。山田姉妹の隣の部屋に住んでいる小説家さんです。
ここで蘭子さんから源三さんが骨折して入院した事を聞かされます。
さすがに大の苦手としている源三さんでも入院しているとなると心配しますよね。
そこで2人は相談してお見舞いに行ってあげようとしていたので優しいと思います。

binboushimai_02-09.jpgbinboushimai_02-10.jpg

2人はお見舞いの品として1つのリンゴを買って病院に行こうとしていました。
貧乏な彼女達にとっては1つのリンゴを買うだけでも大変なはずなのに偉いです。
しかし、病院に訪れると源三さんは不愛想な対応をしていたから冷たいなぁ。
でも姉妹が水遊びをして庭を水浸しにしていた事を分かってたから鋭いw
あと、リンゴを剥いてくれるように頼んでいたから、食べようとしてくれてますね。
きっとこの源三さんは表面上は不愛想なだけで、本当は心の中ではお見舞いに
来てくれた山田姉妹に感謝してるんだと思います。

binboushimai_02-11.jpgbinboushimai_02-12.jpg

アイキャッチ♪

binboushimai_02-13.jpgbinboushimai_02-14.jpg

今まで姉妹が家事やバイトをしているシーンしか描かれていませんでしたけど、
貧乏生活をしながらでも学校にきちんと通えていたので良かったです。
学校の勉強と家庭を両立させて大変なのによく頑張っていると思う。

binboushimai_02-15.jpgbinboushimai_02-16.jpg

次の日も2人は八百市のおばさんから頼まれたスイカを持ってお見舞いに行きます。
別に源三さんとは親戚でもないから1回お見舞いに行くだけでも十分なのですけど、
2人はいつも孤独な源三さんが入院で寂しくなると思って心配してあげてました。
まだ子供なのに他人の気遣いも出来るのだから本当に素晴らしい姉妹だと思う!

binboushimai_02-17.jpgbinboushimai_02-18.jpg

あくる日も、さらにあくる日も、毎日源三さんのお見舞いに病院を訪れていました。
肩もみしたり、お茶を汲んだり、摘んだお花をプレゼントしたりしてとても親切です。
これなら不愛想な源三さんでも少しくらいは笑顔を見せてくれてもいいのにね。
しかし、源三さんは2人に対してもうお見舞いに来ないように言っていました。
でもこれは2人に日常生活への負担をかけさせないための気遣いでもあります。
そういう事が分かりやすいように示されていたから、源三さんが冷たい態度をしても
視聴者側から見ればそんなに悪い印象は持たなかったのではないでしょうか。

ただ山田姉妹は彼のそういう気遣いを悟れるわけもないから落ち込むわけですけどね。
第1話の時と同じく2人の気持ちを表すかのように雨が降る描写が印象に残ります。

binboushimai_02-19.jpgbinboushimai_02-20.jpg

2人が源三さんの優しさに気付けたのは、雨が降って来たのがきっかけになります。
雨が降っても雨漏りしなくなっていたので、源三さんが屋根を修理してくれた事や、
その時に転落して足を骨折してしまった事にようやく気付けるようになりました。

「えへへへ。これで最後にします。」
「早く良くなって、アパートに帰ってきてくださいね。」
「あ、ありがとよ。」
それが分かると、もう2人は源三さんに対して感謝の気持ちでいっぱいですね。
最初の頃のような恐怖の大魔王という怖いイメージは払拭されていたと思う。
源三さんも2人が毎日お見舞いに来てくれてとても嬉しかった事でしょう。
照れ隠しながらも感謝している様子からもよく伝わってきます。

binboushimai_02-21.jpgbinboushimai_02-22.jpg

最後に源三さんが無事にケガを完治させてアパートに戻ってきてくれました。
でもちゃっかり山田姉妹から家賃を取り立てていたから鬼だと思います(苦笑)
少しくらいはお見舞いしてくれたお礼に家賃を割り引いてあげてもいいのにね。
でもまぁ姉妹にとっては今回の一件で源三さんの優しさを知る事ができたので、
ちょっとだけ親しみを感じるようになったのが良かったかな。
これからもアパートで住み続けたいと思うようになっていた事からも伺えますね。
やや地味な印象がありますが、分かりやすい演出になっているので見やすいです。

関連記事