彼女がフラグをおられたら 第09話 「またいつか、こうしてみんな一緒にお祭りに行けるといいな」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/06/02

彼女がフラグをおられたら 第09話 「またいつか、こうしてみんな一緒にお祭りに行けるといいな」

gaworare_09-01.jpggaworare_09-02.jpg
(C)竹井10日・講談社/がをられ製作委員会

重い女フラグと重い展開フラグだよ。がをがを~♪

gaworare_09-03.jpggaworare_09-04.jpg

今回は不思議なおとぎ話が語られるという珍しいパターンで始まっています。
この物語を聞くと、どこか颯太達と関連しているように思えてくるところなのですが、
果たして何か深い関係があるのかどうかが気になるところですよね。

gaworare_09-05.jpggaworare_09-06.jpg

颯太は菜波と白亜の故郷ブレードフィールド公国にやって来たわけですけど、
電車で離れ離れになっていた茜達が猛スピードで合流してきましたわ。
鳴も号泣する茜を見習って素直に心配してたと言えばいいのにね(笑)
あと茜達は颯太のそばにまた新しい女の子がいたから戸惑っていました。
もうここまで女の子が増えているのだから、今さら1人や2人が増えたところで
驚くような事でもないような気もするんだけどなぁ(^ω^)

gaworare_09-19.jpggaworare_09-20.jpg

すぐ颯太達の目の前にNo.0と七徳院のメンバー達が出迎えてくれました。
七徳院というのは古代ローマの元老院みたいな組織と思えば良いのかな?
一応、鳴も所属するブレードフィールド公国の重要機関であるみたいです。
終盤ではこのNo.0と七徳院も重要な鍵となってきそうですね。
あと菜波と白亜のお兄ちゃんでもあるエリア王太子が登場していました。
風格があるから一瞬父親だと思ったのですけど、これは当たっていました(^ω^)
とりあえず優しそうな人といったのが第一印象です。

gaworare_09-09.jpggaworare_09-10.jpg

その直後にエリア王太子とNo.0が意味深な会話をしているシーンがありました。
まさかエリア王太子達が菜波と白亜の暗殺に間接的に関与していたのでしょうか?
王国を盤石にするために危険な跡取りテストをしたというように聞こえたのですが、
もしそれが本当だとしても暗殺されそうになっていたのだから恐ろしい人達だよ。

gaworare_09-11.jpggaworare_09-12.jpg

ブレードフィールド公国の王様が崩御したというニュースが発表されました。
しかし、それよりもエリア王太子が菜波と白亜の兄ではなく父親だったという
発表の方がビックリかもしれない!いったいどういうことなのでしょう!?
菜波と白亜が出生の秘密を知って複雑な気持ちになるのも仕方ありません。

gaworare_09-13.jpggaworare_09-14.jpg

喪が明けると、新たにエリア王が即位した事を祝ってお祭りが行われていました。
そこで颯太と恵が婚礼衣装を着せられてパレードをしていたから笑います。
特に恵の花嫁姿が完璧に似合いすぎて何とも言えませんよ♪(^ω^)
もうせっかくだから颯太の花嫁になっちゃえばいいのにw

gaworare_09-15.jpggaworare_09-16.jpg

白亜は喪が明けてすぐに街の雰囲気が明るくなっていたので戸惑っていました。
彼女にとっては祖父だったのだから、ショックが癒えていないのも当然ですね。
颯太はそんな彼女に対して慰めの言葉をかけてあげていたのですけど、それが
ちょっとばかり変な影響を彼女に引き起こさせちゃったから面白かったです。
どうやら白亜には重い女フラグというのが立ちやすいみたいですね。
でも、他の女の子達が颯太にエールを送っているシーンなんかを見ていると、
彼女達にも重い女フラグがあるように思ってしまいますわ(苦笑)

gaworare_09-17.jpggaworare_09-18.jpg

颯太とNo.0が深刻そうにお話しているシーンがありましたけど、この作品って
意外にもシリアスな展開でクライマックスを迎えようとしているのでしょうか?
当初に想像していたよりもかなり壮大な雰囲気になっている気がしますわ(汗)
気楽に見ようとすると、重要な話を聞き逃してしまいそうだから油断できない(^ω^;)
とにかく、この国の誕生のおとぎ話が颯太と何かしら繋がりがあるとすれば、
彼の死は絶対に回避できないのかもしれませんね!?(汗)
・・・それなのに次回予告を見ると明るい感じがするから掴みづらいですw

関連記事