彼女がフラグをおられたら 第06話 「ふう・・・・・・あまり驚かせるなよ、ただの妹じゃないか」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/05/12

彼女がフラグをおられたら 第06話 「ふう・・・・・・あまり驚かせるなよ、ただの妹じゃないか」

gaworare_06-01.jpggaworare_06-02.jpg
(C)竹井10日・講談社/がをられ製作委員会

妹風な女子中学生とお知り合いになる♪がをがを~♪

gaworare_06-03.jpggaworare_06-04.jpg

以前にチラッと登場していたNo.0なる人物が登場するところから始まります。
仮面をつけてゼロと名乗ると某ルルーシュさんを思い出すなぁ(^ω^)
その彼女は秘密の会議で颯太に関する重要な事を議論してる感じなのですが、
それがいったい何についてなのか今のこの時点でははっきりと分かりません。
でも彼のフラグを可視化して折る能力に関係している事は間違いないでしょうね。

あと、大名侍鳴という転校生が颯太のクラスにやって来ていました。
ただこの女の子が颯太と全く同じフラグを折る能力を身に付けているのが気になる。
あのバッサリ切る態度は最初の頃の颯太と似たような雰囲気でもありますね。
とりあえず胸が成長しやすい体質だという事以外は謎に包まれています(笑)

gaworare_06-05.jpggaworare_06-06.jpg

今回は颯太達が臨海&林間学校に行くというのがお話のメインとなっています。
臨海学校といえば水泳ですから、必然的に水着回という事になっていました。
なぜか恵も男性用のセパレート水着でしっかりと胸をガードしていましたね。
だから菜波は颯太の目を突いちゃったら可哀相だよ~(笑)
月麦婆さまのスクール水着姿が幼女姿で巨乳というアンバランスさ全開でした。
長生きしているから胸もそれなりに成長し続けてきたのでしょうかねぇ?(^ω^)
女の子達の中で最もインパクトのある水着姿だったのは間違いありません。

gaworare_06-07.jpggaworare_06-08.jpg

颯太は海そのものに恐怖を感じているために体調を崩して泳げませんでした。
そこで月麦婆さまが大きな胸で颯太を介抱してあげようとしてたので笑っちゃう。
シリアスなお話が聞けそうなところでいつも梯子を外されちゃう気がします(苦笑)
母性本能が強い女の子なのかな?この人が何者なのかが最大の謎かもしれないw

gaworare_06-09.jpggaworare_06-10.jpg

颯太が木陰で休んでいる時に大司教河くるみ子という女の子と知り合う事になります。
海水浴客にアイスを販売している商売上手な女の子といった印象でした。
極限にまで薄めたカルピスを作っていたからボロい商売してそうね(笑)
あと、彼女にはストーリーフラグが立つというのがポイントになっていました。

gaworare_06-11.jpggaworare_06-12.jpg

月麦婆さまの昔の写真と見比べるとまるで別人のようだったので謎が深まる!?
この人は年々身長が低くなって、幼女へと若返っていくのでしょうかねぇ?(笑)
・・・てか、本当にいったい何歳なんだろう?(^ω^;)
そして颯太は次の日も臨海学校を担当させられていたので苦しんでおりました。
普通なら楽しい思い出となる学校行事なのに彼にとっては地獄みたいなものですね。

gaworare_06-13.jpggaworare_06-14.jpg

茜は胸にナマコが挟まって大慌てしていました。胸がデカい事だけはよく伝わったw
あと茜がくるみ子のアイスを全部購入して皆にプレゼントしてあげていました。
さすがお金持ちのお嬢様となるとこういう大胆な事まで出来ちゃうみたいだ。
ただお金を稼ぐのに必死なくるみ子にとっては、茜との境遇の差を感じてしまって
空しくなってしまったのかもしれません。いくら両親の教えだからといっても、
中学生の女の子が誰にも頼らずに生きていくのは大変困難ですからね。
そこで颯太がくるみ子に優しく慰めの言葉をかけてあげていたので良かったです。

gaworare_06-15.jpggaworare_06-16.jpg

乗船していた船の状況については詳しく語られていないので分からないのですけど、
なぜ乗客だった颯太が恨まれるような事になっているのか疑問でもあります。
とにかく颯太とくるみ子にとってトラウマになるくらい辛い出来事なのでしょう。
だから2人が傷を舐め合うように親しくなる事はむしろ良い事なのかもしれません。
頑張るくるみ子の姿を見ていると守ってあげたくなりますね。
とても心優しい女の子だと思います。ホントいい子だよ(*´ω`*)

gaworare_06-17.jpggaworare_06-18.jpg

颯太とくるみ子が義兄妹の契りを交わしていました。
2人とも家族がいないので、これで少しくらいは寂しさが和らぎそうですね。
あと、くるみ子に旗ヶ谷学園に転入するように勧めていたのも良かったかな。
もしくるみ子も皆と一緒に寮で過ごせば幸せを感じる事が出来ると思います。

gaworare_06-19.jpggaworare_06-20.jpg

2人は瑠璃によって助け出されていました。
あの登場の仕方では驚いちゃうのも無理はありませんね(笑)
最後にまた謎の女の子が現れたのですけど何者なのかが気になります。
この作品って結構シリアスな雰囲気を出してきているシーンがあるのですけど、
それをことごとく女の子達がフラグをへし折っているような気がしますわ(^ω^)

関連記事