PIANO 第07話 「心を込めて大胆に~con bravura~」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/06/19

PIANO 第07話 「心を込めて大胆に~con bravura~」

piano_07-01.jpgpiano_07-02.jpg
(C)アニメイトフィルム・パイオニアLDC・キッズステーション

美雨が陸上部のクリスマス会に参加させてもらうお話です。

piano_07-03.jpgpiano_07-04.jpg

季節は早くも冬を迎えて、街はもうクリスマス模様になっていました。
季節の移り変わりが早いのもこの作品の特徴かもしれません。
美雨が電車の中で高橋先輩と遭遇したところから物語が始まります。
少し慌てて乗り込んだ姿を見られたので恥ずかしがっていたかもしれませんね。
今回はこのように美雨と高橋先輩が急接近するイベントが描かれています。

piano_07-05.jpgpiano_07-06.jpg

「クリスマスは恋のチャンスだよ♪」
美雨は優希に誘われて、陸上部のクリスマス会に誘われていました。
引退する先輩達の推薦入学のお祝いと受験生の激励会がメインとなっているのかな。
もちろん陸上部とは全く関係ない美雨がそれに参加するのはおかしいのですが、
そこは優希が気を利かせてピアノ演奏者として誘ってくれていましたわ。
美雨と高橋先輩を仲良くなれるチャンスを演出してくれて良い友達だと思う!
ここは美雨は優希の親切心に甘えてぜひ参加するべきところですよね!
最初は遠慮して断っていたのに机でエアピアノをする美雨が可愛らしかった(笑)

piano_07-07.jpgpiano_07-08.jpg

電車の中では美雨は緊張しているのか高橋先輩に話しかけにくくなっていました。
せっかくお話できるチャンスなのですから、ここは話しかけたらいいのになぁ。
でも受験勉強をしている高橋先輩の邪魔をしてはいけないと思っているのかも?
こういう時はいくら好きな人でも気を使って近寄りにくいところもありますね。
でも、なぜピアノ教室へ行く一歩手前の駅で降りちゃったのか謎だよ(^ω^;)

そのためにピアノ教室に遅刻しちゃって、白川先生に少し怒られていましたわ。
あと美雨はピアノ発表会に参加をするかどうかを決めるように言われていました。
もう春の発表会までそんなに日にちがないのでそろそろ決めたいところです。
しかし、まだ美雨の心の中では全然気が進まないといったところでしょうか?
オリジナルの曲を弾くのが嫌なのか?それともピアノ発表会そのものが嫌なのか?
どちらにしても美雨はピアノを弾く事にあまり楽しさを感じていないのは確かです。
何がそんなに美雨の心を憂鬱にしているのかが気になるところですね。

piano_07-09.jpgpiano_07-10.jpg

あと、白川先生が美雨のお姉ちゃんと連絡を取り合っていたのが気になりました。
これは教え子のお姉さんだからという理由だけの繋がりではなさそうです。
美雨の時とは違って結構穏やかな表情で喋ったりしていますもんね~。
これを見ると、2人は付き合っていたりするのかなぁ?って思ってしまいます。
現時点では2人の関係について明らかにされていないので、今後に注目ですね。

piano_07-11.jpgpiano_07-12.jpg

美雨は優希とクリスマス会に行く途中でピアノ教室の夕凪先生と遭遇します。
夕凪先生からピアノ発表会への参加について聞かれていたのですけど、そこでも
美雨はどうしたいのか分からずに逃げている様子でした。

「ねぇ優希ちゃん。(ピアノ発表会に)出た方が良いと思う?」
「う~ん。分かんないよ。美雨が決める事だもん。」
美雨の悩み事はこの優希とのやり取りでだんだん分かってきた感じだったかも。
どうやら美雨は物事を自分では決められない事で悩んでいるといったところかな。
おそらく今まではそういう分岐点みたいなものに当たって、自分のやりたい事や
自分の目標というものを決めたりする経験がなかったのでしょうね。
だから初めて自分の進むべき道を選択する事を前に戸惑っているものかもしれません。
当然の事ながら、これは美雨自身が決める事が一番大切なことでもありますよね。
きっとお母さんも美雨自身が決める事が重要だと思っているので、発表会への参加の
相談を受けてもワザと話をはぐらかして答えてあげなかったんだと思います。

piano_07-13.jpgpiano_07-14.jpg

滝沢先輩の家に集まってクリスマスパーティーが行われていました。
皆で順番に色んなお話をしていったりして、合コンみたいな雰囲気です。
こういうのを仕切っているのはやはり優希といったところでしょうかねぇ。
そして、美雨が自分の将来の夢について話す順番がきていたのですけど、
まだやりたい事が分からないので正直に話せなかったのかもしれません。
今の美雨の悩みは自分の未来設計を描けていない事にありますからね。

piano_07-15.jpgpiano_07-16.jpg

美雨がクリスマスの曲を弾いて、パーティーはお開きになっていました。
解散する時に優希が美雨と高橋先輩を2人きりにしてくれたのでグッジョブです。
やっぱり持つべきものは友達ですね。
でも私としては、優希が滝沢先輩の家に居残る方がとても気になったかな(笑)
まぁパーティーの後片付けを手伝うために残るだけなら問題はないのですけどね。
でもクリスマスだし、男の人の家に2人きりだと色々と想像しちゃうなぁ(^ω^)

piano_07-17.jpgpiano_07-18.jpg

美雨は高橋先輩に送ってもらう形で一緒に帰っていました。
憧れの先輩と2人きりだから緊張しているのは仕方ないかもしれませんね(^ω^)
そして高橋先輩もまだ将来の夢を見つけていない事を打ち明けてくれていました。
美雨は自分以外にも同じ悩みを抱いている人がいて安心したと思われます。
きっと美雨は高橋先輩の事を身近な存在に感じていた事でしょう。
高橋先輩の言葉は美雨の不安を一時的には解消してくれたのは間違いありませんね。
相性が良さそうだから付き合ってもいいように思いましたよ(^ω^)
とにかく美雨はピアノ発表会の件だけはどうするのか早く決めなくてはいけないので、
どのような返事をするのか気になるところです。

関連記事