PIANO 第06話 「生き生きと~con brio~」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/06/15

PIANO 第06話 「生き生きと~con brio~」

piano_06-01.jpgpiano_06-02.jpg
(C)アニメイトフィルム・パイオニアLDC・キッズステーション

美雨のお姉ちゃんが帰ってきた。

piano_06-03.jpgpiano_06-04.jpg

今回は美雨のお姉ちゃんの暁子が実家に帰ってきたところから始まっています。
お姉ちゃんは主に海外旅行を担当する添乗員をやっているので久しぶりの帰宅でした。
さっそくスキンシップをしていたのでお母さんや妹とも仲が良いのでしょう。
私にも歳の離れた姉がいてるので、家庭環境としては美雨の家族と似ているのですけど、
私の場合はお姉ちゃんとあまり相性が良くないのが大きな違いかもしれません(^ω^;)

美雨のお姉ちゃんがいっぱい化粧品とかのお土産を買ってきてくれていました。
接客業をやっているからメイクとかをするのにも力が入っているのでしょうね。
美雨はお姉ちゃんからお化粧について教えてもらった方がいいかもしれません。
あ、でもまだ中学2年生だからお化粧をするのはまだ少し早いかな(^ω^)
というわけで、美雨よりもお母さんの方がお化粧品に目がなかったです(笑)

piano_06-05.jpgpiano_06-06.jpg

お姉ちゃんはお父さんが帰ってきたので一緒にお酒を飲んだりしていました。
お母さんもお酒に付き合ってあげたりして、本当に温かい家族に見えます。
それにしてもお姉ちゃんってお酒が入っているとはいえ、明るすぎるなぁ(^ω^)
内気で物静かな妹の美雨とは正反対な感じがします。
お姉ちゃんはあまり家に帰ってこれないから、たまに家に帰ってきた時は
このように家族でゆっくりと楽しみたいのかもしれませんね。

piano_06-07.jpgpiano_06-08.jpg

お姉ちゃんが酔いつぶれて寝てしまうくらいに飲んでしまっていました。
そんなお姉ちゃんに対してお父さんとお母さんは違和感を感じていたみたいです。
パッと見た感じでは、明るくおしゃべり好きなお姉ちゃんに見えるのですけど、
普段のお姉ちゃんとどこか異なっている部分があるのでしょうね。
急に有給休暇を取って来た事なんかも珍しく感じたのかもしれません。
お姉ちゃんの変化というものが何を意味しているのか気になるところです。

piano_06-09.jpgpiano_06-10.jpg

美雨は学校で優希にお姉ちゃんからのプレゼントを渡してあげていました。
優希は美雨のお姉ちゃんのような社交的な女性に強く憧れを抱いていたかな。
明るく活発なところが似ているから惹かれちゃうのでしょうね。

piano_06-11.jpgpiano_06-12.jpg

美雨のお姉ちゃんは昨日の明るさが消えて少し憂鬱な表情を見せていました。
さすがにこうなると美雨でもお姉ちゃんに違和感を覚えるものでしょうね。
お姉ちゃんは合コンに行くとカラ元気に出て行った感じだったので、心に何か
悩み事を抱えている様子が感じられるシーンでした。

piano_06-13.jpgpiano_06-14.jpg

美雨はお姉ちゃんと一緒にお買い物に行っていました。
お姉ちゃんがいっぱい綺麗なお洋服などを買っていたので凄いですね~。
美雨もここはお姉ちゃんにおねだりして色んな物を買ってもらったらいいかもw
ただ、美雨としてはお姉ちゃんが無理に元気を装っていると感じたみたいです。
たしかに真昼間からワインを飲んだりするのって変な感じですもんね。

piano_06-15.jpgpiano_06-16.jpg

美雨なりにお姉ちゃんの事を心配している様子なんかも伺えました。
彼女はお仕事に頑張るお姉ちゃんを尊敬しているのかもしれませんね。
だから玉の輿の結婚相手を探そうとするお姉ちゃんに嫌な感情を抱いて
自分の気持ちを言いたくなったような感じにも見えました。
逆に言えば、まだ自分の将来になりたい夢を見つけられていない美雨自身が、
周囲の人を見て不安な気持ちなどが溢れてきていた
ようにも感じられるかな。
美雨は内気な女の子ですけど、家族に対しては自分の気持ちを正直に
打ち明けたりできるのが凄いところかもしれません。

piano_06-17.jpgpiano_06-18.jpg

美雨がタクシーでピアノ教室に立ち寄る時に白川先生が見つめていたのですけど、
どうやら白川先生と美雨のお姉ちゃんの様子を見る限りでは知り合いみたいだ。
いつも不愛想な先生がこの時は少し微笑んでいたので何か意味深に思えます。
ただの教え子のお姉さんだからというだけの理由じゃなさそうですよね。
ちょっと気になるポイントでもありました。
そして今回は自らピアノを美雨に聞かせるように弾いてあげていたのも珍しいです。
美雨に何か伝えたかったのか?それとも自分で弾いてみたい気分になったのか?
とにかく白川先生の心に何か変化が見られたのは確かでした。

piano_06-19.jpgpiano_06-20.jpg

お姉ちゃんは美雨が自分で真剣に物事を考えるほどにまで成長していたので、
心に突き刺さるくらいに色々と考えさせられているようです。
仕事を頑張るお姉ちゃんとピアノを頑張る妹のどちらが優れているわけではなく、
お互いにもっと成長するために良い影響を受け合っている印象がありました。
そんな2人の娘の事をお母さんは温かく見守ってあげているといったところかな。
簡単に言ってしまえば、放任主義みたいな感じでもあるのですけど、娘たちが
悩み事をどのように自分達で解消していくのかを大切にしている感じもします。

とりあえずお姉ちゃんは仕事に頑張りすぎて、少々疲れていたようですわ。
海に向かって愚痴を大声で言っていたのが面白かった。恥ずかしくないのかな?w
でもまぁお姉ちゃんにとっては良い気分転換になった有給休暇になりましたね。

piano_06-21.jpgpiano_06-22.jpg

最後に美雨は仕事に戻るお姉さんから口紅のプレゼントを貰っていました。
まだ早いかもしれませんけど、お姉ちゃんはもう美雨には口紅が似合うくらいに
身も心も成長していると感じたからプレゼントしてあげたんだと思います。
もしお姉ちゃんがこのまま仕事を続けたとしても、あるいは結婚退職したとしても、
それがお姉ちゃんの望んだ夢であれば美雨と両親は祝福してくれるでしょうね。
素敵な家族の人間模様を描いたお話だったと思います。

関連記事