最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第12話 「さよなら日和ちゃん」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2014/03/23

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第12話 「さよなら日和ちゃん」(最終回)

imocyo_12-01.jpgimocyo_12-02.jpg
(C)2014 松沢まり・KADOKAWA・富士見書房刊/「妹ちょ。」製作委員会

ついに美月と日和がお別れをする日がやって来た。

imocyo_12-03.jpgimocyo_12-04.jpg

今回で「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」の最後の感想になります。
突然の放送時間の変更がありましたが、最終回まで放送してくれて良かったです。


根子が夕哉に妹と雪那の事をどう思っているのか尋ねるシーンで始まっています。
夕哉があまりにも鈍感だからどうしても聞かずにはいられなかったのでしょうね。
2人の事を妹と姉として認識したままでは男女関係へと進展するとは思えないし~。
そこで根子は夕哉にキスみたいなことをしていたのですけど、これがちょっとした
トラブルを巻き起こすのが今回のお話です。

imocyo_12-05.jpgimocyo_12-06.jpg

夕哉が美月に可愛いと言ってあげていたのですけど、何か様子がおかしい。
さらに雪那の大きな胸を堂々と触ったりするものだから完全に変でした(笑)
そりゃ~引っ叩かれるわなぁ~(^ω^;)
これは根子が何か彼に呪術を施したとすぐに考えられるところでしたね。
素人技と言ってましたけど、あそこまで完璧に術をかけられるなんてすごい。
ある意味、この作品の中で一番謎の多い人物だよ。

imocyo_12-07.jpgimocyo_12-08.jpg

しかし、術にかかっている間は深層心理の本音が聞けるみたいだから、
お兄ちゃんが美月を可愛いと思っているのは本当なのでしょう。
あと雪那を大きな胸の女性だという印象を持っているのもあるとはねぇw
とりあえず鳥井兄妹のやり取りが面白かったかな。
表面的にののしり合っているだけで、本当は仲の良い兄妹だったりして?
それは今のところはちょっと考えられないか(^ω^;)

imocyo_12-09.jpgimocyo_12-10.jpg

夕哉は温泉旅行から帰る時にもにまだ術がかかったままの状態でした。
心の中で突っ込む事が多い彼が、声を出して突っ込むのは珍しいでしょうね。
あと美月は夕哉と親しくなるためには「お兄ちゃん」と呼んであげた方が良いかな。
さすがに「ねぇ」や「ちょっと」と呼びかけているだけでは距離が出来ちゃう(苦笑)

imocyo_12-11.jpgimocyo_12-12.jpg

雪那は霊感が強かったために日和の姿が見える時があったようです。
日和の印象をよく思ったみたいだから、あえて気づかないふりをしたようです。
でも日和が美月に話しかけている声とかも聞こえていたらどう思うんだろう?w
デカパイ女とか結構嫌味な事を言われていましたよね~(^ω^;)
あと、雪那は夕哉が昔の自分に強く印象に抱いているのを知ってショックみたい。
夕哉に気に入られるように女の子らしく変わろうと努力して来たはずですもんね。
まぁ夕哉にとってはあくまで芯の強いお姉ちゃんという認識を持っているのでしょう。

imocyo_12-13.jpgimocyo_12-14.jpg

揉み揉みゴーゴージャンプ♪w
日和が美月を押し倒して百合行為に励んでおりました♪w
まぁこの方が手っ取り早く愛情ゲージが溜まりそうに思えますw
でもそれだとお兄ちゃんの存在がいらなくなっちゃいそうですけどね(^ω^;)
もし続編があるのなら桜Trickみたいにやってもらっても私は構いませんw

imocyo_12-15.jpgimocyo_12-16.jpg

「美月!こんなパンツを履くのはやめなさい!」
お兄ちゃんが美月の部屋に入ってきてTSTを身に付けないよいうに言いました。
これもお兄ちゃんが心の中で思い続けていた本音だったのでしょうね。
美月はドキドキのシチュエーションから羞恥地獄へと突き落とされたものだから
部屋の外に突き飛ばすのも無理はありません。でもこの時の彼女の表情を見ると
お兄ちゃんから少しは告白されるのを期待していたのもありそうだったかな。
美月にも暗示がかかっていた方がいいかもしれない(^ω^)

imocyo_12-17.jpgimocyo_12-18.jpg

「私、今度生まれ変わってくるとしたら美月とお兄ちゃんの間に生まれたいな。」
突然、美月と日和がお別れするシーンがやって来ていました。
百合行為をしたおかげで一気に愛情ゲージが溜まっていたみたいです。
色々とケンカする時もあったけど、いざお別れするとなると寂しくなりますね。
意外にも日和のこの言葉を聞いて感動してしまいましたよ。
もうこれは美月と夕哉が結婚妊娠エンドのパターンだと思ったんだけどねぇ。

imocyo_12-19.jpgimocyo_12-20.jpg

「先に行くから・・・お兄ちゃん。」
そしてようやく美月が夕哉の事をお兄ちゃんと呼ぶシーンがありました。
まだ態度はよそよそしい感じですけど、言葉だけでも少しは距離が縮まったかな。
日和からお兄ちゃんと仲良くするように言われたというのも影響してそうです。
これから少しずつ美月とお兄ちゃんが親しくなっていってほしいですね。

imocyo_12-21.jpgimocyo_12-22.jpg

最後に成仏したはずの日和が再び美月の前に姿を現していました。
どうやらまだまだ成仏するための階段を作っていく必要があるみたいです。
いったいこの場所は何階建てになっているんだろう!?(苦笑)
そういうわけで美月はもう一度恋愛ゲージを溜めていく必要がありそうです。
当然の事ながら日和とTSTともう暫くはお付き合いが続きそうでした(^ω^)
まぁ今度からは2人で百合行為でもしていればいいのではないでしょうかねぇw

★総評★
最初の頃のエッチな描写を比べると中盤からは抑え気味になっていましたけど、
そういうエッチな部分を抜きにしても十分に楽しめる作品だったと思います。
登場人物を必要最小限に抑えて、美月と日和と夕哉の3人を中心に物語を
進めていたのも良かったです。

関連記事