新機動戦記ガンダムW 第42話 「リーブラ発進」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/08/02

新機動戦記ガンダムW 第42話 「リーブラ発進」

gundamw_42-01.jpggundamw_42-02.jpg
(C)1995 SUNRISE INC.

ゼクスとトレーズが世界中を最終戦争へと導くお話です。

gundamw_42-03.jpggundamw_42-04.jpg

「私のレディ。よく帰って来てくれた。君と再び会う事が出来て私はとても嬉しい。」
レディ特佐が意識不明のままトレーズの所に運び込まれるシーンから始まります。
どうやらバルジ要塞が落ちた時に何とか部下のニコル達に救い出されていたようです。
以前ツバロフに銃で撃たれていたから、もう死んでしまったと思っていたのですけど、
何とか一命は取り留めていたので良かったです。あとは意識を回復してほしいな。
とりあえずトレーズがお見舞いに来てくれていたのでレディは嬉しいに違いない。

gundamw_42-05.jpggundamw_42-06.jpg

「各国首脳の方々、いや世界市民の全ての人々に申し上げる。今こそ我々は
一丸となって、宇宙の脅威と戦わねばならない。そして地球圏の真なる統一と
平和を勝ち取ろうではないか。それが我々の存在意義なのだ。」

トレーズは財団の総帥として全地球に向けてホワイトファングの脅威を説きます。
もうこれはホワイトファングに対して全面戦争をする宣戦布告みたいなものかな。
ただ、トレーズはこの演説を三文芝居と言っていたので別の思惑もありそうですね。
とりあえずガンダム作品ではリーダー格の演説シーンなんかも定番とも言えるので、
このトレーズの演説なんかもガンダムの伝統を重んじる演出とも思えます(^ω^)

そして財団の代表から失脚したリリーナは兄のいるリーブラに向かっていました。
でもこの方が彼女にとっては動き易くなったので良かったとも思えます。
きっとトレーズも彼女の事を考えて失脚させてあげていたのではないでしょうか?

gundamw_42-07.jpggundamw_42-08.jpg

「貴様らが正しいかどうか、この俺が見極めてやる。
貴様らが正しいのであれば、俺を倒せるはずだ。」

宇宙では五飛が一人でホワイトファングに対して戦いを続けていました。
もうアルトロンガンダムがボロボロになるまで戦っていたからよく頑張るよ。
やっぱりガンダムパイロットの中で彼だけが最も戦っている印象があるなぁ(苦笑)

gundamw_42-09.jpggundamw_42-10.jpg

「お互いにらしくない自分をさらけ出す事になったな。トレーズ。」
ホワイトファングの指導者のゼクスとロームフェラ財団の総帥のトレーズはお互いに
着々と地球と宇宙の覇権を賭けた全面戦争の準備を整えていました。
この2人の関係も最初の頃から大きく変わって来たなぁと思います。
こうして見ると、この物語の月日の流れの早さを感じさせてくれますわ。

gundamw_42-11.jpggundamw_42-12.jpg

宇宙を漂っていた五飛はヒイロとサリィの乗るシャトルに拾われて助かっていました。
命を助けられたというのに、感謝の言葉がないどころか、上から目線で喋っているから
ホント困った人だよ。これは確実にヒイロよりも扱いにくいキャラだと思います(苦笑)
「ゼロに乗ればお前の本当の敵がどこにいるのか教えてくれる。」
ホワイトファングが追撃隊を出してきたので、五飛が迎撃に出ようとするのですけど、
その時にヒイロが彼にウイングガンダムゼロに乗るように言っていたのが意外です。
五飛が倒すべき相手を分からずに戦っているのを感じて搭乗させたのかもしれません。
ゼロシステムなら倒すべき敵や未来を教えてくれるみたいですし。
ただ、デメリットとして五飛がゼロシステムに取り込まれる危険もありますけどね。

gundamw_42-13.jpggundamw_42-14.jpg

「さぁゼロ!見せてみろ!貴様の力の全てを!」
五飛はホワイトファングの40機のモビルスーツを相手に戦っていました。
途中でゼロシステムによって幻影を見せつけられていたのですけど、
カトルの時みたいに酷くならなかったようなので少し安心しました。
彼は武術をやっているから精神面を鍛えているお蔭なのかもしれません。

「俺の時はミリアルド・ピースクラフトとトレーズ・クシュリナーダ。
あの2人は倒す。それが俺の正義だ。」

戦いが終わると、五飛は自分の倒すべき敵と未来を見出す事が出来ていました。
これは今後の彼の戦い方に大きな影響を与える事になりそうです。

gundamw_42-15.jpggundamw_42-16.jpg

「我々人類は宇宙へと巣立ち、既に200年近くも経っている。もうこの辺で
争いの歴史に終止符を打つべきではないのか?そのためには地球という
全ての闘争を生み出す温床を排除しなければならないのだ。」

ゼクスの方も全宇宙の人々に向けて演説を行っていました。
これはもう地球と宇宙の全面戦争は避けられそうにない雰囲気になっている。
リリーナは世界が自分の唱える完全平和主義に逆行していくので悲しそうです。
それを実の兄が率先して導こうとしているのだから何とも言えない気分でしょうね。

gundamw_42-17.jpggundamw_42-18.jpg

最後にドロシーがゼクスに急接近するシーンがありました。
一応財団派に属しているのにホワイトファングに行ってもいいのかなぁ?
でもゼクスとは幼い頃に遊んでもらったみたいだから、知人でもあるのかな。
とにかく彼女の事だからきっと何かを企んでいると思うので気になります。

関連記事