凪のあすから 第21話 「水底よりの使い」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/02/28

凪のあすから 第21話 「水底よりの使い」

nagiasu_21-01.jpgnagiasu_21-02.jpg
(C)Project-118/凪のあすから製作委員会

まなかが眠りから目覚めて大はしゃぎするお話です。

nagiasu_21-03.jpgnagiasu_21-04.jpg

今回はまなかが長き眠りからついに目覚めたところから始まっています。
それに伴ってOPの映像にも若干の新規カットへの変更が見られました。
これでようやく最終章へと突入していくような感じなのでしょう。

nagiasu_21-05.jpgnagiasu_21-06.jpg

まなかが加わった事で久しぶりに海の4人が揃った事になります。
光や紡が目覚めた時には周囲の変化に戸惑っている様子が見られたのですけど、
このまなかだけは全然変わった様子もなくて普通に受け入れられてますね。
能天気な彼女の性格が功を奏しているのかな?って思ったりもしましたわ(^ω^)
とりあえず光にしてみればまなかが復活してくれたので嬉しい事かと思います。
その反対にまなかや紡が複雑な表情を浮かべていたのが印象的でしょうか・・・。

nagiasu_21-07.jpgnagiasu_21-08.jpg

美海なんかははっきり分かるように悩みを抱えている表情になっていました。
海の人達の輪の中に入り辛い雰囲気を感じて、とても憂鬱になっていますわ。
それに恋敵のまなかが目覚めたというのも大きな要因だったりして?
少なからずまなかが復活した事で人間関係に大きな影響を及ぼしそうかな。
何だか美海の負けフラグが次々と立っている感じがあるから心配です。
私は美海には幸せになってほしい気持ちがあるんだけどなぁ・・・。

nagiasu_21-09.jpgnagiasu_21-10.jpg

まなかは街の景色の変化に戸惑う事もなく、新鮮な気持ちではしゃいでいました。
こうして見ると5年間のブランクを全く感じさせないような明るさです。
5年前と変わった事となると、まなかのエナが無くなった事くらいでしょうか。

nagiasu_21-11.jpgnagiasu_21-12.jpg

その一方で、美海の方にはエナが出来ていたのが対称的かもしれませんね。
とりあえず美海はもっと光達とお喋りしていけば親しくなれるんじゃないかな。
さゆももっと要に近づいていかないといけませんね♪(*´ω`*)
光にではなく、要にもお勉強を教えてあげたりすればチャンスがありそうかも♪
とりあえず、まなかが加わった事でちょっと明るい雰囲気が戻りつつありました。

nagiasu_21-13.jpgnagiasu_21-14.jpg

紡とちさきのやり取りを見ていると、恋人同士というより姉弟みたいに見える(^ω^;)
ちさきが光を思い続けていたとしても紡が暗くなるし、かといって紡と結ばれるとなると
今度は要が暗くなるしで、どんなパターンになっても誰かが涙を流す結果になりそう(汗)
成長した者同士でくっつくのが一番良い感じもするんだけどね~。
とりあえず女性に向かってエロ本の話はあまりしない方がいいと思います(^ω^;)

nagiasu_21-15.jpgnagiasu_21-16.jpg

光はまなかが異様に明るく振る舞っていた事に違和感を覚えたみたいです。
たしかに今回のまなかのはしゃぎ方は5年前よりもかなり明るい感じでしたからね。
中学生のままというよりも小学生に戻ったような感じに見えたし(^ω^;)
とりあえず光は5年前の告白の返事を求めようとしていたのかな?
でも当のまなかはその約束そのものを忘れているようでした。
これは光にしてみれば軽くショックだったかもしれませんね。

nagiasu_21-17.jpgnagiasu_21-18.jpg

最後に紡がうろこ様の呪いをかけられているシーンで次回に続いていました。
まさかエッチな本を渡したお礼に授かった・・・なわけないか(苦笑)
うろこ様がいったい何の目的で彼に呪いをかけたのかが気になりますね。

関連記事