新機動戦記ガンダムW 第13話 「キャスリンの涙」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/04/09

新機動戦記ガンダムW 第13話 「キャスリンの涙」

gundamw_13-01.jpggundamw_13-02.jpg
(C)1995 SUNRISE INC.

戦争とは非情なものというお話です。

gundamw_13-03.jpggundamw_13-04.jpg

今回はゼクスがトールギスの操縦訓練を行っているところから始まっています。
このモビルスーツは強烈なGがかかるために普通の人間には扱えないのですけど、
ゼクスはそれに何とか耐えながらも操縦できるようにまで上達していましたわ。
こういう部分においても彼が並のパイロットじゃない事を証明していたかな。
彼がトールギスの100%の性能をもって戦うようになるとさらに手強くなりそうね。

gundamw_13-05.jpggundamw_13-06.jpg

「惨めな過去の遺物どもめ!新たな時代の洗礼を受けろ!」
OZの第33独立戦隊のアレックスとミュラーという2人のパイロットが、それぞれ
キャンサーとエアリーズに乗って旧統一連合軍の基地を叩いていました。
それも相手が降伏しているにもかかわらずに処刑と称して抹殺していたから酷い(汗)
正義の処刑みたいな事を言ってましたけど、殺戮を楽しんでいるようにしか見えない。
当然こんな残虐な行為をするという事は自ら退場フラグを立てているも同然です。
でもたった2機で基地を攻略するのだからそれなりに戦闘力はありそうですね。

gundamw_13-07.jpggundamw_13-08.jpg

そのアレックスとミュラーがゼクスのいるレイクビクトリア基地にやって来ます。
次の攻撃目標であるモガディジオ要塞攻略のための補給に立ち寄っていました。
2人はノインの元教え子らしいけど、偉そうな態度を取っているから嫌な奴らだよ。
ノインは操縦技術だけじゃなくて、上官に対する礼儀作法も教えないといけないなぁ。
とにかくゼクスは彼らの指揮下に入って戦うように命令されていました。
もちろん階級が下の者が上官に向かって命令するなんて変な感じなのですけどね。
ちなみにゼクスは今回から上級特尉から2階級上の二級特佐に昇進しています。

gundamw_13-09.jpggundamw_13-10.jpg

モガディジオ要塞にはノベンタ砲という超強力な対空砲が存在していました。
そこでアレックス達はゼクスのトールギスを囮にして基地に接近しようとします。
まぁこういうのは通常の作戦でもよく用いられるはずだからまぁいいでしょう。
でも上官を囮に使うのは色々と問題があるような気がする(苦笑)
とりあえずゼクスはトールギスを超高速移動させて対空砲を避けていました。
もうほぼトールギスの性能を100%近くまで引き出している感じがします。
そういうわけで、あっけなくモガディジオ要塞の攻略に成功していましたわ。

gundamw_13-11.jpggundamw_13-12.jpg

「何をしている!?アレックス!ミュラー!攻撃を中止するんだ!」
ゼクスが基地の司令官に降伏勧告を受け入れさせたのですが、それを邪魔するように
アレックスとミュラーが降伏している相手にトドメを刺していました(汗)
さすがにここまで酷いと冷静なゼクスでもキレちゃうでしょうね。

gundamw_13-13.jpggundamw_13-14.jpg

まずゼクスはミュラーのエアリーズをあっという間に瞬殺していました。
処刑する者が処刑されちゃう者になるというちょっと皮肉な感じがしますね。

gundamw_13-15.jpggundamw_13-16.jpg

「技術は大したものだ。だがノインの教え子にしては頭の出来が悪すぎる!」
そして残るアレックスの方は海の中でトールギスに攻撃を仕掛けていました。
しかし地の利を生かした海中戦でもトールギスの前には赤子も同然だったかな。
トールギスがキャンサーを引き裂いて倒すところはガンダムシリーズでも
珍しい倒し方だったように思います。
とりあえずこれで目障りな極悪2人組を粛清できたので良かったですね。

gundamw_13-17.jpggundamw_13-18.jpg

「始めるか。俺の自爆ショーを。」
場面が変わってトロワ達のサーカス団がOZの基地で公演を始めます。
トロワがガンダムヘビーアームズまで用意したので大喝采を浴びていました。
でもOZの基地に敵のモビルスーツがあるのだから変だと思わないといけない(苦笑)
当然トロワがガンダムをただの見世物にするために持ってくるわけありません。
サーカス公演に乗じてガンダムをOZの基地内に潜入させて攻撃を仕掛ける事が
彼の目的でありました。

gundamw_13-19.jpggundamw_13-20.jpg

「トロワ!トロワァ!何をしているの!?」
「キャスリン。離れていろ。これから俺はこのモビルスーツと自爆する。」
徹底的に基地を破壊しつくしたトロワはヒイロみたいに自爆しようとしていました。
ヒイロと性格が似ているからなのか、同じ行動をする傾向が見られますね(汗)
「あなた!自分の命を何だと思っているの!?」
でもそんなトロワを制止させるようにキャスリンが怒ってあげていましたわ。
まさかグーパンチで殴りつけるとは予想以上だった・・・(^ω^;)
とにかく彼女はトロワにはそんな事で死んで欲しくないのでしょうね。
恋人としてというより、家族の一員として叱ってあげているように見えました。
とりあえずこれでトロワが自爆を止めてくれて良かったです。

gundamw_13-21.jpggundamw_13-22.jpg

最後にトロワがヒイロと一緒にサーカス団を後にするシーンが描かれていました。
キャスリンがまるで旅立つ息子を温かく見送るかのような雰囲気に見える(^ω^)
あと自分の命を大切にしないトロワにとって、彼女との出会いは何かしらの
影響を受けたようにも思えます。今後のトロワの生き方にも注目したいですね。

関連記事