新機動戦記ガンダムW 第08話 「トレーズ暗殺」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/03/20

新機動戦記ガンダムW 第08話 「トレーズ暗殺」

gundamw_08-01.jpggundamw_08-02.jpg
(C)1995 SUNRISE INC.

レディがトレーズを守るために奮戦するお話です。

gundamw_08-03.jpggundamw_08-04.jpg

トレーズがクーデターを起こして統一連合軍を掌握したところから始まります。
ヒイロは和平推進派のノベンダ元帥を抹殺したので、とても悔いていました。
あくまで過激派のOZだけを攻撃目標にして任務を遂行していたのでしょう。
ただもう今となってはノベンダ元帥が生き返ってくれるわけでもないので、
さっさとニューエドワーズ基地から脱出した方がいいでしょうね。
ヒイロの精神状態がちょっと心配でした。

gundamw_08-05.jpggundamw_08-06.jpg

トロワと五飛は輸送機を強奪して、基地から脱出したトレーズを追いかけます
今回はガンダムパイロット達のユニットメンバーが若干シャッフルされていますね。
いつも単独行動だった五飛がトロワとどう共闘していくのか楽しみでした。

gundamw_08-07.jpggundamw_08-08.jpg

レディはゼクスからの許可を得てガンダムを破壊する作戦を指揮してました。
それはニューエドワーズ基地のミサイルを自爆させて一気に葬る事でした。
もちろん基地には多くの統合連合軍の兵士達が戦っているわけだから、
味方を犠牲にしてでも基地ごと自爆させる外道のような作戦です。
これこそがレディの本性をよく表している部分でしょうね(´・ω・`)

でもサリィ達が基地自爆作戦を察知して阻止しようとしていました。
この人は統一連合軍の中でも良い人のような感じがします。

gundamw_08-09.jpggundamw_08-10.jpg

「ミサイル基地確認。これより突入する。」
「何をするつもりだ?」
「分かりました。あなたに賭けさせていただきます。」
ヒイロはサリィからの要請を受けて自爆を阻止しようと動きます。
さすがにこの状況では敵味方に関係なく協力し合うというものでしょうね。
それにヒイロにはノベンダ元帥を殺してしまった負い目なんかもあって、
協力したい気持ちになっていたものと思えます。律儀な性格でもあるし。

あとデュオはこの時に初めて彼の名前を知る事が出来ていました。
カトルもサリィと同様にヒイロの事を信頼していたのが印象に残ります。
おそらく人付き合いが得意で社交的な性格をしているのでしょう。
これならお互いにすぐ仲良くなれそうな感じもしました。
とにかくヒイロが残り1秒くらいで見事に爆破を阻止していたから大したものだ。

gundamw_08-11.jpggundamw_08-12.jpg

「安らかに眠れ。怒れるミリアルド・ピースクラフトよ。」
ゼクスは最後まで抵抗していたルクセンブルクの統一連合本部を制圧します。
この時にゼクスがピースクラフト王の子供である事が判明していたのですけど、
仮面といい、親が暗殺された事といい、リリーナという生き別れの妹がいる事といい、
まるでシャア・アズナブルの設定をそのまま持ってきたような人物だよ(^ω^;)
とにかくシャアのように親の仇をきっちりと取っていましたわ。
彼がOZで活動している真の目的なんかも今後明らかにされてきそうかな。
そんなゼクスの事をノインはとても気にかけてあげていた様子がありました。
もうこの時点で彼女はゼクスの正体について知っていた感じがします。

gundamw_08-13.jpggundamw_08-14.jpg

トロワと五飛は自分達の乗ってきた輸送機をゼクスの艦隊にぶつけていました。
この2人もヒイロ並に無茶をする性格なのかもしれない!?(^ω^;)
レディは輸送機から現れた2機のガンダムを海中に落とさせようとしてました。
トレーズから注意を受けて悩んでいたのですけど、攻撃を受けるとすぐに
いつも通りの鬼軍曹張りの指揮ぶりを見せていたから流石だと思います。

gundamw_08-15.jpggundamw_08-16.jpg

「いい気になるな!ガンダム!これ以上先には行かせはしない!」
「誰にも俺を止める事は出来ん!」
さらにレディがモビルスーツに乗って戦っていたから驚きました。
だんだん某カテジナさん路線を進んでいっている感じがします(苦笑)
あくまで彼女はOZの大義よりもトレーズのために戦っているのでしょうね。
ガンダム相手にリーオーで渡り合っていたのでなかなか強いと思う。
ここまで強いと五飛も少しは満足するかもしれませんね。
ただ敵が女性だから戦おうとしないのは相変わらずかな(^ω^;)

gundamw_08-17.jpggundamw_08-18.jpg

「俺の名は五飛。」
「トレーズ・クシュリナーダ。」
五飛とトレーズは生身の体で一騎打ちをしていました。
普通にガンダムで攻撃をしていればトレーズは死んでいたはずなのに、
わざわざ一騎打ちに応じるのは武士道とか騎士道精神に則っている?
とにかくトレーズがあっさりと五飛に勝っていたから強い!
そしてトレーズは五飛を殺さずに再戦を申し入れるという心の広さがありました。
これは五飛としては命が助かったという安堵感よりも、屈辱的な敗北感を
味わわせられたという苦い気持ちの方が大きいかもしれませんね。

gundamw_08-19.jpggundamw_08-20.jpg

「次は彼の得意なモビルスーツで手合せしなければならないな。」
トレーズのこの言葉を聞くと、彼もまたモビルスーツに乗れるのでしょう。
あの一騎打ちの戦い方を見ると、モビルスーツ戦も強そうな感じがします。
とりあえず五飛とトロワはトレーズ抹殺に失敗したので敵艦隊から去りました。
しかし五飛がヒイロみたいに精神的に落ち込んでいるので心配です・・・。

関連記事