新機動戦記ガンダムW 第06話 「パーティ・ナイト」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/03/12

新機動戦記ガンダムW 第06話 「パーティ・ナイト」

gundamw_06-01.jpggundamw_06-02.jpg
(C)1995 SUNRISE INC.

ヒイロがリリーナからダンスのお相手を申し込まれるお話です。

gundamw_06-03.jpggundamw_06-04.jpg

「お母様!あなたはお母様です!ずっとお母様でいてください!」
今回はリリーナが地球の自宅へと帰還するところから始まっています。
リリーナはお父さんが暗殺された事でマスコミ達に追い掛け回されていました。
当然ショックを引きずって落ち込んでいるので取材を受けられるはずもありません。
そんな彼女が落ち着ける場所はお母さんのそばなのかもしれませんね。
もちろんドーリアンが実の父でなかったわけですから、このお母さんもリリーナの
実の母ではありません。それでもお母さんの事を実の母親だと思いたいのでしょう。
お母さんと離れると孤独になってしまう寂しさがあるんだと思います。

gundamw_06-05.jpggundamw_06-06.jpg

レディは、ドーリアン暗殺の現場を目撃したリリーナの抹殺を計画します。
彼女がここまで任務を全うしようとするのもトレーズのためなのかもしれませんね。
そのためには手段を選ばないような感じもします。
OZの中でも超危険な女性のような気がする。某カテジナさんみたいです(苦笑)
まだトレーズに惹かれている分だけ、男性を見る目はある方かもしれないけどね(^ω^)

gundamw_06-07.jpggundamw_06-08.jpg

ヒイロの方は学園祭に関係なく転校手続きをやっていました。
もちろん正規の手続きではなく、学校のネットワークに侵入してましたけどね(笑)
でも転入してからたった1ヶ月で再び転校していくのですから忙しい人だよ。
そしてリリーナはお父さんの喪が明けないうちに学園祭に出席していました。
クラスメイト達はリリーナの事を心配してあげているけど、当の本人には
こうして皆と楽しんでいる方が気晴らしになって良いのかもしれません。
彼女は養父の死を受けて精神的に強くなろうとしているようにも見えます。

gundamw_06-09.jpggundamw_06-10.jpg

「また戦いに行くの?次の任務はどこかしら?」
そしてリリーナはヒイロにドクターJに会った事を告げていました。
ヒイロの驚き様を見てもドクターJの元で訓練を受けてきたのは間違いないかな。
今までヒイロが誰から任務を受けているのか分かりづらい部分があったのですけど、
おそらく前回登場した反OZの地下組織からの指示だと思っていいでしょう。
とりあえずリリーナはヒイロをダンスパーティーに誘っていました。
自分を殺そうとしている相手なのによく近づこうとするものだなぁって思う(苦笑)
でもヒイロに何か惹かれているというのもあるのかもしれません。

gundamw_06-11.jpggundamw_06-12.jpg

「こうも簡単に敵の侵入を許すとは。警戒が甘すぎる。自業自得だ。」
五飛は淡々と単独でOZの基地を叩いておりましたわ。
この人は敵が弱いとあまり嬉しくないみたいですね(苦笑)
今のところは5人の中では一番働いているのは間違いなさそう。

gundamw_06-13.jpggundamw_06-14.jpg

トロワはカトルのアジトから戻るとサーカス団の公演に出演していました。
学生に扮するヒイロよりもこちらの方がハードルが高そうだなぁ~。
まぁ彼も工作員だからそれなりにアクロバットな演技に自信があるのでしょう。
視聴者的にもこのようなサーカスのシーンが見られて楽しめそうですし♪
あと、このサーカス団にはキャスリン・ブルームという看板娘がいました。
彼女がナイフ投げをする時にトロワから死を望む意識を感じ取っていたかな?
今のところはこのトロワが一番性格が掴みづらいところがあります。
彼はヒイロ以上に無口だから何を考えているのかよく分かんない(苦笑)

gundamw_06-15.jpggundamw_06-16.jpg

ヒイロはリリーナとダンスを楽しんでいました。
ちゃんと約束通りに来ていたので、意外に律儀な性格なのもしれない!?
まぁそうじゃなきゃ生真面目に任務を遂行したりできないかな。
あと、リリーナは他の女子生徒達から憧れの眼差しで見られていました。
ガンダムでも百合っちゃうような展開があれば面白くなったりして?(笑)
もしヒイロが女性ならよくある百合アニメの雰囲気になりそうですもん(^ω^;)
一度、深夜に放送するような百合風なガンダム作品というものを見てみたいw

gundamw_06-17.jpggundamw_06-18.jpg

「徹底的にやって良い。公式発表は地球圏統一連合に対するテロという事になる。」
レディが部下のモビルスーツにリリーナの学校の攻撃を命じていました。
彼女のこの命令なんかを聞いていても情け容赦ない性格が読み取れますわ(汗)
部下達も彼女の命令なら絶対に疑問を持たずに従うしかないでしょうね。
そうじゃないと左遷されちゃいそうだもん。
まぁまだVガンダムのファラさんみたいに銃殺刑にしないだけマシだったかな(^ω^;)
とにかくOZが学校に攻撃を仕掛けてきたのでヒイロが迎撃をしてました。

gundamw_06-19.jpggundamw_06-20.jpg

OZのエアリーズがウイングガンダムを攻撃しますけど全く相手になりません。
まさにザコモビルスーツのような感じで撃破されていきました。

gundamw_06-21.jpggundamw_06-22.jpg

「何をしているんだ、俺は!?こいつは死んでくれれた方が良いはずなのに!」
戦っている最中にヒイロがリリーナをとっさに助けてあげていました。
暗殺しようとしていた相手なのに、これは彼にとっては理解不能な行動ですね。
きっと彼の心の中にもリリーナに惹かれている部分があるという事なのでしょう。
ダンスでも良い雰囲気で踊っていたので、きっと相性が合うんだと思います。

gundamw_06-23.jpggundamw_06-24.jpg

「なぜ殺せないんだぁぁ!?」
ヒイロは敵エアリーズを全機撃破した後にもう一度リリーナを殺そうとしますけど、
やはりまた躊躇ってしまって殺すことが出来ませんでした。
この時のヒイロは少し精神的に混乱している様子が見られたかな。
彼は感情に左右されずに任務を遂行する戦闘マシーンのような少年なのですが、
このシーンを見ると人間らしい感情を取り戻しつつあるように見受けられます。
とにかく彼が学校から飛び立っていったところで次回に続きます。

関連記事