新機動戦記ガンダムW 第02話 「死神と呼ばれるG」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/02/26

新機動戦記ガンダムW 第02話 「死神と呼ばれるG」

gundamw_02-01.jpggundamw_02-02.jpg
(C)1995 SUNRISE INC.

ガンダムを一目見た者は生きて戦場から戻れない!

gundamw_02-03.jpggundamw_02-04.jpg

今回はヒイロが学校でフェンシングの練習試合をしているところから始まります。
さすがに工作員をやっていると運動神経も相当高いといった感じがしますね。
前回でもファーストガンダムをオマージュしているようなシーンがありましたけど、
このフェンシングのシーンなんかもちょっと意識させているかもしれません。
とりあえずヒイロはリリーナからの誕生日会への招待状を破り捨てた後なので、
他の生徒達から冷たい印象を持たれているのは間違いないでしょうね。

gundamw_02-05.jpggundamw_02-06.jpg

上流階級の生徒達が集まる学校なだけあって馬術の授業なんかもありました。
ヒイロが馬を上手に乗りこなしていたので本当にカッコ良く見えちゃいます♪
おまけに学校のPCから個人データを改ざんまでしていたから凄いですわ(苦笑)
工作員とはいえ学費の高い地球の学校に入学出来ていたのが謎だったのですが、
これで納得できました。とにかく彼は何でもこなせる万能タイプなのでしょう。
「あれがOZに破壊される前に俺が破壊する。俺が始末する。」
とにかくヒイロはウィングガンダムを魚雷で破壊して機密を守ろうとしてました。

gundamw_02-07.jpggundamw_02-08.jpg

その頃、ゼクスの部隊は海中に沈んだウイングガンダムを回収するために現場海域に
急行していたのですけど、ここで別のガンダムが現れた事でピンチに陥ります。
それでもゼクスが冷静に状況を判断しようとしていたのは流石かもしれません。
あと嫌味な上官に対しても相手を立てようとしていたので世渡り上手だと思います。
こういう部分も人を動かす指揮官としては必要条件だったりするのかもね(^ω^)

gundamw_02-09.jpggundamw_02-10.jpg

「死ぬぜぇ~。俺の姿を見た者は皆死んじまうぞぉ~♪」
ガンダムデスサイズが統一連合軍の戦艦とモビルスーツを破壊しまくってました。
まるで大鎌を持った死神のような感じです。だから今回のサブタイにもなってるのかな。
そして、そのガンダムを操っているのがデュオ・マックスウェルという少年でした。
このセリフを聞くと、ちょっと危ない人だなぁっていうのが第一印象です(^ω^;)

gundamw_02-11.jpggundamw_02-12.jpg

「敵ではないものに牙は向かない。獣は素直だ。」
ヒイロと同じく地球の社会の中に入って活動をしようとするパイロットもいました。
彼の名前はトロワ・バートン。ガンダムヘビーアームズという機体に乗っています。
とりあえず、彼はサーカス団の一員として表の生活をしていこうとしてます。
もちろん全くのド素人がサーカスの芸をするなんて不可能なのですけど、彼の場合は
運動能力の高そうな工作員だから無難にこなせる自信があるのかもしれません。
あと、猛獣達をすぐに手懐けていたから動物との相性はとても良さそうですね。

gundamw_02-13.jpggundamw_02-14.jpg

地球の美しさに感動していたのがカトル・ラバーバ・ウィナーという男の子です。
彼はガンダムサンドロックという機体に乗っています。
執事みたいなお世話係がいてましたので、上流階級の人なのかもしれませんね。
この作品ってそういうキャラが多いので結構上品な雰囲気がありますよ(^ω^)

gundamw_02-15.jpggundamw_02-16.jpg

そして最後に登場していたガンダムのパイロットが張五飛という男の子です。
シェンロンガンダムという機体に乗っています。
裏取引で爆弾を購入していたところを見ると、作戦を遂行中といったところですね。
とにかく5人のガンダムパイロット達が別々に行動をしておりました。
今回も顔見世程度の出番なのでまだ性格などは分からない感じになってます。

gundamw_02-17.jpggundamw_02-18.jpg

「さすがOZの新型。手強いぜ。」
デュオのガンダムデスサイズがゼクス隊のモビルスーツを一掃してました。
今回の戦闘だけで多くの敵艦とモビルスーツを倒していたから勲章ものです。
とにかくゼクスが化け物呼ばわりしていたくらいだから、彼らの乗っている
ガンダムは統一連合軍のモビルスーツよりも高性能なのでしょうね。

しかし彼はウイングガンダムを自分の機体の予備パーツに使用するために
回収してました。どうやらウイングガンダムの事を知らなかったみたい。
つまり同じ工作員であるヒイロのことも知らないのでしょうね。

gundamw_02-19.jpggundamw_02-20.jpg

「深入りし過ぎた。さようなら。リリーナ。」
ヒイロが魚雷を使ってウイングガンダムを破壊しようとしている時に、
リリーナがヒイロを追ってやって来ていました。
そのために自分の誕生日会を抜け出してくるのだから呆れたものだよ(苦笑)
でも、それほどヒイロの事が気になっているという証拠でもあるかな♪
それにしても殺害予告をされているというのによく近づけるものだよ(^ω^;)
当然、ヒイロは予告通りにリリーナに銃を向けるのでした。

gundamw_02-21.jpggundamw_02-22.jpg

「誰だ!?」
「こういう場合、どう見たってお前の方が悪者だろ?」
リリーナを助けるようにデュオがヒイロを撃ってくれていました。
確かにあのシチュエーションではヒイロは悪者にしか見えません(苦笑)
ヒイロって相手が丸腰の女性であっても撃ち殺そうとしていたから冷たい(^ω^;)
その反面、デュオは同じ工作員でも女性に対しては優しそうですよね。

「もうやめて!この人に何の恨みがあるというのです!?」
その後、リリーナがヒイロを守るようにディオの前に立ちはだかっていました。
デュオにしてみれば、命を助けてあげた女性がなぜ自分を悪者にするのか
意味不明といったところでしょうね。私もリリーナの行動が分からないもん(苦笑)
ヒイロに殺されそうになっていたのにちょっと変です(^ω^;)

gundamw_02-23.jpggundamw_02-24.jpg

「これで何もかも終わりだ。任務完了・・・。」
ただ、ヒイロが一瞬の隙を突いて魚雷を発射させていました。
その結果、ウイングガンダムとガンダムデスサイズは海底に没していきます。
ヒイロもデュオもガンダムを最重要機密として取り扱っている感じがします。
だから機密を守るためには破壊処理をするのにも躊躇わないのでしょう。
でもモビルスーツファンの方はもったいないと思うかもしれないなぁ(^ω^)
とりあえずデュオに撃たれたヒイロの容態が心配です。

関連記事