凪のあすから 第17話 「ビョーキなふたり」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/01/31

凪のあすから 第17話 「ビョーキなふたり」

nagiasu_17-01.jpgnagiasu_17-02.jpg
(C)Project-118/凪のあすから製作委員会

要が心も体も変わらずに冬眠から目覚めたお話です。

nagiasu_17-03.jpgnagiasu_17-04.jpg

今回は要が冬眠から目覚めたシーンの続きから始まっています。
さっそく光やちさきが漁協に行って久しぶりの再会を喜んでいました。
やっぱり要も光と同様に5年前の姿から全く成長していませんね。
まずは要も5年後の世界に慣れる事が必要といった感じかな。

nagiasu_17-05.jpgnagiasu_17-06.jpg

要は紡とちさきのいる家にお世話になる事になりました。
ただ要は紡とちさきのやり取りを見て複雑な気分になっていたかもしれません。
2人を見ているとまるで夫婦みたいに意思疎通が出来ていましたからねぇ~。
漁協での様子を見ても、要はまだちさきへの想いが全然変わってなさそうです。
これは再び恋愛問題を巻き起こさせてくれそうな予感がしますわ。

nagiasu_17-07.jpgnagiasu_17-08a.jpg

そうそう、さゆも要を密かに想っていた事を忘れてはいけません。
すぐにでも会いに行けばいいのに、ドキドキして会いに行けないのがイジらしい♪
まさかあのオテンバなさゆがこんな乙女になるとは誰が予想しただろうか?(^ω^;)
もう2クール目は美海とさゆがヒロイン的なポジションになってますね。

nagiasu_17-09.jpgnagiasu_17-10.jpg

あとさゆが要と久しぶりの再会を果たす一連のシーンがとても印象的です。
愛する人に会ってドキドキした気持ちを抑えるために胸に手を当てたりするところとか、
目を見開いて彼の姿を捉えようとするところなんかに彼女の感動が伝わってきます♪
もう立派な少女漫画のヒロインのような振る舞いになってましたわ(*´ω`*)

nagiasu_17-11.jpgnagiasu_17-12.jpg

その後のさゆは要が自分の事に気づかなかったのでショックを受けていました。
こればかりは仕方ないかもしれません。
小学生の時のさゆとは雰囲気がガラリと変わっていますもん(^ω^;)
でもこのまま会いに行かなければ、小学生の頃のように遠くから憧れの存在として
見つめるだけになるので、ここは勇気を振り絞って会いに行ってほしいな。
私、要とさゆがくっ付いてほしい気持ちなんです(^ω^)

nagiasu_17-13.jpgnagiasu_17-14.jpg

光と要がゆっくりとお話をするのも久しぶりですね。
陸上の人達が5年も成長している中で1人だけ成長していないと孤独感がありますが、
こうしてお互いに変化しない相手がいてくれると気持ちが安らぐのかもしれません。

あと、美海とさゆは、それぞれの好きな人には心に思っている別の女性がいるので、
憂鬱な気分になっていました。ここはお互いに慰め合うのが良いところなのですけど、
なぜか一途な恋には限界があるかないかで揉めておりましたわ(苦笑)
でもそれくらいに2人が真剣に恋をしている証拠でもあったかな(*´ω`*)

nagiasu_17-15.jpgnagiasu_17-16.jpg

その後、嬉しい事に要の方からさゆに会いに来てくれていました。
さゆは嬉しさのあまりに声も出にくくなっていますね(*´ω`*)
ようやく好きな人と話が出来たから感無量といった感じです。
もうこのシーンの描写なんかも神懸っているような雰囲気が出ていました。
さゆと要がくっ付いてもおかしくないような気がします(^ω^)

nagiasu_17-17.jpgnagiasu_17-18.jpg

光と要が海の村に入れる場所を探そうとしていたので、美海もついて行きます。
もし海の村に行けば恋敵のまなかがいる可能性が大きいのですけどね。
それでも光の事をサポートしてあげたいという気持ちの方が強いのかもしれない。

nagiasu_17-19.jpgnagiasu_17-20.jpg

最後に光達が海に潜っていくところで次回に続いていました。
まなかがそろそろ復活するのかな?
でもこのまままなかが復活しなくてもいいように思う私でもあります(苦笑)
光に美海、要にさゆ、そして紡にちさきがくっ付けば良い感じに思えるし・・・。
とりあえず今回も素晴らしく丁寧な描写ばかりで魅入ってしまいました♪
このまま最終回まで楽しませてくれると嬉しい♪(*´ω`*)

関連記事

トラックバック

凪のあすから第17話感想ビョーキなふたり

要だったあ おはよおった昼だよ(笑) 目覚めたんだ確かにおはよおだけど・・・ 後わ・・・まなかだな おはよおった晩だよ(笑)