凪のあすから 第15話 「笑顔の守り人」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/01/17

凪のあすから 第15話 「笑顔の守り人」

nagiasu_15-01.jpgnagiasu_15-02.jpg
(C)Project-118/凪のあすから製作委員会

光が5年後の陸上の世界の変貌に戸惑うお話です。

nagiasu_15-03.jpgnagiasu_15-04.jpg

光が5年間もの長い年月の冬眠から目覚めたところから始まっています。
彼の体が中学生の時のまま全く成長していないというのが不思議なところかな。
それでも美海にとっては久しぶりの再会になるわけだから嬉しいでしょうね。
それに同じ中学生なら恋愛対象として見てもらえる可能性があるかもしれないし♪
5年間冬眠していただけじゃなく、肉体的な成長が停止していたという点などは、
今後の物語に面白い要素が加わってくる感じがあるので楽しみです。

nagiasu_15-05.jpgnagiasu_15-06.jpg

ちさきが光との再会を嬉しそうにしているかと思えば、意外にも落ち込んでいました。
やはり光の体が中学生のままというのがショックなのでしょう。
一度はリセットした光への思いとか、要の事とか、紡との今の関係なんかにも
大きく影響を及ぼしてくることにもなるのかな?
本当は会いに行きたいのに、会いづらい気持ちがバス停のシーンでよく表れていました。

nagiasu_15-07.jpgnagiasu_15-08.jpg

当然、光の方もちょっとした浦島太郎状態で未来の世界にやって来た心境でしょう。
特に中学生のレディーへと成長したさゆを見た時が一番驚いたかもしれませんね(笑)
しばらくの間は同窓会みたいな展開が続きそうかな。
これは要も冬眠から目覚めたら、さゆとの関係がどうなるのかワクワクしてきますわ(^ω^)

nagiasu_15-09.jpgnagiasu_15-10.jpg

年頃の男女が一つ屋根の下で暮らしていると着替えのハプニングもありますね。
ちさきの下着姿を見ていても、かなり胸が成長している事が伺えました(^ω^)
あと紡がなかなか気の利いた事を言ってあげていたように思います。
やはり紡はちさきへ気持ちが傾ていると考えてもいいかもしれませんね。
そうなると彼にとっても光との再会は素直に喜べないところがありそうかな?
これは光1人が戻っただけで凄い影響力を及ぼしてきそうな感じです。

nagiasu_15-11.jpgnagiasu_15-12.jpg

美海はあかりの事を「お母さん」と呼んでいたり、洗濯物のお手伝いをしてあげたりと、
すっかり本当の親子のように暮らしています。
その時にちさきや紡が光に会いに来ないので不満なんかを言ってたりもしました。
もう後半に入ってからは美海がヒロインのポジションになっている感じがするなぁ。
これは早くまなかは復活してこないとヒロインから降板させられちゃうよ~(^ω^)

nagiasu_15-13.jpgnagiasu_15-14.jpg

光が冬眠の間の5年間の記憶が全くないという衝撃的な事実が判明していました。
彼にとっては意識不明の状態から目覚めたので、5年前のおふねひきの出来事が
まるで昨日の事のように感じているみたいでした。
それゆえに5年前のショックを引きづっているというのも納得です。
だから陸上での生活にすんなりと溶け込めないというのも無理はないでしょうね。
これはもしかすると、ちさき以上にショックを受けているのは彼かもしれません。

nagiasu_15-15.jpgnagiasu_15-16.jpg

そして、光とちさきがようやく再開を果たすシーンがありました。
変に構えて会いに行こうとするよりも、このように偶然に再会できた方が
話しやすくなったように思えます。
「お前、全然変わんなくて安心した!」
特に光は雰囲気が変わっていないちさきを見て精神的に安心したみたいです。
これならもっと早くに会っておけば良かったかもしれませんね。
でも女性の立場からすれば、変わっていないと言われると少し複雑かも~。
まぁ色気が出てきたとか言われると恥ずかしいけど、せめて少しは綺麗になったとか
言ってほしいかも。その点では紡の方がまだよく分かっていると思います(^ω^)

nagiasu_15-17.jpgnagiasu_15-18.jpg

光が目を覚ましたことで美海の心もさらに揺らめき立ってくるでしょうね。
今のちさきが光と紡のどちらに気持ちが傾いているのかは分かりませんけど、
もし光へもう一度気持ちが動けば確実に美海との三角関係になりそうです。
そうなると紡も加わりそうな感じなので、まだまだ波乱が巻き起こりそうだ。
後半になってから、さらに楽しみが増してきた感じがします。

今回はキャラの心情面を今まで以上に丁寧に描かれていたように思います。
去年までは1クールで終わった方が良いような気がしていたのですが、この
後半を見ていると2クールやって正解だなぁって考えを改めました。
それくらいに後半からの展開が神懸っている感じがします。
ここまでキャラの心情を丁寧に描いている作品は珍しいかもしれませんね。

関連記事