機動戦艦ナデシコ 第24話 「どこにでもある『正義』」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/04/08

機動戦艦ナデシコ 第24話 「どこにでもある『正義』」

nadesico_24-01.jpgnadesico_24-02.jpg
(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会・テレビ東京

ナデシコでゲキ・ガンガー3オンリー同人誌即売会が催されるお話です。

nadesico_24-03.jpgnadesico_24-04.jpg

地球から脱出したナデシコは敵と和平交渉をするために木星に向かっていました。
ちょうど木連側からも九十九が和平の特使としてナデシコに訪れてきてくれた事から、
和平交渉がトントン拍子に進められそうな雰囲気は感じられましたわ。
ただ九十九としてはミナトに惚れ込んでいるからという理由も大きそうかな。
婚約指輪っぽいものまで準備していましたからね~(^ω^)
とにかくようやく最終回近くになって戦争集結の道筋が見えてきた感じでした。
ただ心配なのは双方共に和平に反対するような勢力があるところでしょうか・・・。

nadesico_24-05.jpgnadesico_24-06.jpg

「そうです!私たちの進むべき道はまさにゲキ・ガンガーだったのです!」
本格的な交渉に入る前に皆でゲキ・ガンガー3の鑑賞会を開いていました。
お互いに共通の趣味を分かち合う事によって親しくなるのは良い事ですね。
見終わった後で皆が涙を流して感動していたから本当に凄いアニメなんだぁ~。
ゲキ・ガンガー3に全く興味がなかった人達まで好きになってくれたし~。
やっぱりどんな興味がなさそうなアニメ作品も0話切りしたりするのではなく、
ちゃんと見れば隠れた名作に出会えたりするものなのかもしれませんね。
ただ・・・ルリとユキナだけは「バカばっか」の一言でしたけどね(笑)
この2人は案外気が合うのかもしれません(^ω^)

nadesico_24-07.jpgnadesico_24-08.jpg

そしてナデシコではゲキ・ガンガー3の同人誌即売会まで開催されておりました♪
まさに皆にとっては覇権アニメとか神作品レベルといった感じなのでしょうね(笑)
全話一挙放送上映会までやって盛り上がっていたからとても熱い連中です(^ω^;)
・・・どうでもいいけど、和平交渉をやる気はあるんだろうか?w

nadesico_24-09.jpgnadesico_24-10.jpg

イベントが終了した会場で九十九とミナトが逢引しておりました。
これはアキトとユリカとしては出ていきにくくなりますよねぇ~(笑)
あとミナトがキスのやり方を教えてあげていたのが面白いです。
これはアキトとユリカにも良い勉強になったのではないでしょうか?(^ω^)

nadesico_24-11.jpgnadesico_24-12.jpg

ユリカもキスシーンに触発されてアキトにキスを求めていました(笑)
どうやらこの作品では女性キャラの方がとても積極的なようです。
でもやっぱりユキナに見られていたらやりにくいか・・・(^ω^)
邪魔さえ入らなければキスしていたはずだと思うのでちょっと残念だよ~。

nadesico_24-13.jpgnadesico_24-14.jpg

後半ではユリカ達は木連の実質的指導者でもある草壁との和平交渉に臨みます。
ただ、相手方から突き付けられた要求は地球が植民地化される事でした!(汗)
さすがにナデシコ側としてはこんな一方的な要求は飲むことはできませんよね。
和平交渉開始早々から不穏な空気が漂っていましたわ・・・(´・ω・`)

nadesico_24-15.jpgnadesico_24-16.jpg

九十九も平等な立場での和平締結をしようと草壁に説得を試みてくれていました。
しかし、そんな彼が撃たれてしまったからもう驚いてしまいますよ!(汗)
それに九十九を撃ったのが親友の月臣だというのだから酷いと思う。
とにかくこうなってしまったからには交渉決裂は仕方ないでしょう。
もう木連が地球を悪の帝国とみなしているのなら話し合いをしても無駄だと思う。

nadesico_24-17.jpgnadesico_24-18.jpg

アキト達は何とか敵艦から脱出できたものの、すぐに一斉攻撃を受けて万事休す。
もう最初から和平交渉をする気が無かったようなワナのハメ方だったかもしれません!
当然、ナデシコもアキト達の救援に向かいながら反撃していましたけどね。
今まで出番が少なくなっていたジュンが副艦長として今回は頑張ってますよ。
あとナデシコのピンチの時にアカツキが艦隊を引き連れて加勢してくれていました!
敵対関係になっていたというのに予想外の展開になってきていました。
もちろん、彼の事だから素直に信じるわけにはいきませんけど・・・。

nadesico_24-19.jpgnadesico_24-20.jpg

今のユリカには目の前の木連に裏切られた事の方が怒り心頭といった感じです。
彼女自身も今の木連との和平は無理だと判断したのでしょうね。
やはり艦長ですから部下達の命を守るためにも戦うしかないと決めたように思います。
もちろん和平で部下達の命を守れるのならそうしたわけですけどね・・・。
あとルリがユリカの攻撃命令に対して、念を押して確認していたのも印象的です。
この攻撃は木連との最後まで戦う事を決定づけるものですから確かめたのでしょう。
とにかく今回は天国から地獄へと突き落とされたような雰囲気になってました。

nadesico_24-21.jpgnadesico_24-22.jpg

最後に九十九が力尽きて天へ召されてしまうシーンがありました。
ミナトに結婚指輪を渡すところなんかは胸がジーンしてきます(涙)
幸せな家庭を築けると思った矢先だったのでさぞ無念だったと思います。
好きな人を失ったミナトは深く傷ついちゃいそうだから心配・・・。
「忘れるな。正義を信じる心を・・・。」
アキトもまた九十九にかけられた最後の言葉が胸に突き刺さっていたかな。
ガイの時と同様にまたトラウマとならなければいいのですが・・・(汗)
今回は前半と後半とでは全く正反対のような雰囲気で描かれていました。
この作品はコメディとシリアスを絶妙に組み合わせている印象があります。

関連記事