機動戦艦ナデシコ 第23話 「『故郷』と呼べる場所」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/04/03

機動戦艦ナデシコ 第23話 「『故郷』と呼べる場所」

nadesico_23-01.jpgnadesico_23-02.jpg
(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会・テレビ東京

ナデシコは私たちの艦です♪

nadesico_23-03.jpgnadesico_23-04.jpg

ユリカ達はナデシコを降りて、昔アキトが働いていた食堂に身を寄せていました。
ネルガル重工のやり方に異を唱えて反乱を起こしたのだから仕方ないところです。
でもアカツキ会長の悪事に手を貸すくらいなら脱走した方がいいでしょうね。
というわけで、アキトやユリカはお店のお手伝いをしていましたわ。
ユリカはオーダーを完璧に復唱したりして艦長職をやっているより才能がありそう。
さすが士官学校を首席で卒業してきただけの事はあるってところかな?
あと、ユキナがミナトに心を開いている様子なんかも伺えました。
これは九十九お兄ちゃんの恋人として認めてあげようとしている感じですね。
そんなこんなで今後のナデシコの皆はどうなるのか?といった感じで始まっています。

nadesico_23-05.jpgnadesico_23-06.jpg

アカツキはナデシコの乗組員の約半数が脱走したので人員の補充を考えていました。
あと逃亡者達がネルガル重工の秘密を知ってしまったので彼らを監視対象にします。
もうアカツキの様子を見ていると完全に悪の組織の親玉になっているなぁ~。
彼はエリス共々最初に登場した時から少し印象が悪かったので、むしろこういう形に
収まってくれたらすっきりしたような感じでもあります。

nadesico_23-07.jpgnadesico_23-08.jpg

メグミは声優に復帰して、人気アニメのレギュラーとして頑張っていました。
ただそのアニメの内容が木連を悪に見立てた戦意高揚作品だったから複雑な気持ち。
そこで降板を願い出ようとしていたら、すでにエリナの手が回って拒否されてましたわ。
どうやらネルガル重工がスポンサーになっているアニメだったみたいです。
これはネルガル重工から完全に逃げるのは難しいという事かもしれません(汗)

nadesico_23-09.jpgnadesico_23-10.jpg

逃亡した人達はネルガルの監視が付いているのでもう諦めようとしていました。
だから今後の自分のために第2の人生を考えて暮らしていこうとしていたかな。
でも何だかこれでは寂しい感じもしてきますよね(´・ω・`)

nadesico_23-11.jpgnadesico_23-12.jpg

「皆さんにこれだけはお伝えしたくって・・・。ナデシコは生きています。
・・・この船は私たちの船です。」

そんな時にルリの方から皆に秘密の回線を使って連絡を取ってきていました。
当然ルリは友達のように慣れ親しんでいるナデシコやオモイカネを見捨てません。
皆で協力してナデシコ奪還作戦を決行しようとしています。
着ぐるみ姿が可愛いですね♪(*´ω`*)
連絡を受けた人たちもヤル気になっていたから、やはり心の中では第2の人生よりも
ナデシコの乗組員としてもう一度働きたい気持ちだったのでしょう。
それくらい皆にとっては愛着のある戦艦に変わっていたというわけですね。

nadesico_23-13.jpgnadesico_23-14.jpg

「ただいまぁ♪すぐに出発します!皆さん配置についてください!」
ナデシコを動かすにはアカツキが持つマスターキーがないといけないのですが、
それを予めゴートが盗み出していたからグッジョブだったと思います。
前回、彼も反乱を起こしていたのになぜネルガル重工側に味方しているのか
不思議だったのですが、最初からマスターキーの奪還が目的みたいですね。
途中でアキトやユキナ達も拾ってナデシコは宇宙へと脱出していきました。

nadesico_23-15.jpgnadesico_23-16.jpg

どうでもいいけど、アカツキって何だか油断し過ぎる感じがする。
そんなんでよく危ない商売をやって来たものだなぁって思うよ(^ω^;)
あと、イネスがアカツキのところに残っていました。
元々ネルガル重工の科学者だったというのもあるのかもしれないですね。
とにかく彼らがナデシコに対してどう対応していくのかが気になるかな。
今回はアキト達が心を一つにしてナデシコを奪還しようとするのが良かったです。
個性豊かな乗組員達ですけど、何かをやる時には一致団結できるんですね。
とても盛り上がってきたような雰囲気が感じられました。

関連記事