機動戦艦ナデシコ 第16話 「『僕達の戦争』が始まる」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/03/05

機動戦艦ナデシコ 第16話 「『僕達の戦争』が始まる」

nadesico_16-01.jpgnadesico_16-02.jpg
(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会・テレビ東京

地球連合宇宙軍と木連が戦う事になった真実が明らかにされます。

nadesico_16-03.jpgnadesico_16-04.jpg

九十九がメグミとミナトを連れてナデシコから逃亡したシーンから始まります。
どうやら九十九はあまり女性に免疫がないみたいですね。とても純情です(笑)
ミナトってゴートと恋仲だったはずなのに、九十九にアプローチしてていいのかな?
そしてユリカ達の方は当然逃がすわけにはいかないので追いかけておりましたけど、
敵勢力の圏内では攻撃を受けてしまうために一旦引き返しておりました。
とにかく九十九がどういった人物なのかがとても気になりますね。

nadesico_16-05.jpgnadesico_16-06.jpg

ネルガルの幹部や連合宇宙軍の上層部は木星トカゲの正体が最初から人間だった事を
知りながら戦っていました。
知らなかったのは下っ端の部下達だけみたいね。
あのムネタケ提督でさえ知らなかいくらいだから高い機密事項である事が伺えます。
なぜ機密になっていたのかがその理由を知りたいところですよね!
あと、パイロットのアカツキまで深く関わっていそうな雰囲気がありました。
前回、九十九を抹殺しようとしていた行動を見ても胡散臭い人だと思っていいでしょう。
何か裏で大きな陰謀が隠されているような感じになっていましたわ。

nadesico_16-07.jpgnadesico_16-08.jpg

「結論から言うわ。木星トカゲは100年前に追放された地球人よ。」
エリナとムネタケ提督の密談が全艦内に生中継されておりました。
プロスペクターとルリが協力して秘密を暴露したのでよくやったと思う。
プロスペクターはネルガル重工の監査役を務めているから、このような
不当な職務執行行為があるかどうかも真剣に調査をするのでしょう。
いつもコスト面でうるさい人だと思われがちですが、不正行為などにも鋭く
目を光らせたりして真面目に仕事をしている印象を持ちました。
とにもかくにもこれで秘密が全乗組員に知れ渡る事になりました。
これは今後の仕事に影響を及ぼすのは間違いないでしょうね。

nadesico_16-09.jpgnadesico_16-10.jpg

メグミとミナトは木連の優人部隊戦艦「ゆめみづき」に連れて来られていました。
木連の人達は女性の事を大切にしてくれているので居心地は良さそうですね。
ご馳走もしてくれたりして、女性ならずっとここにいたい気分になりそうかも♪
あと、九十九が木連と地球との関係について語ってくれていましたので、
だんだんこの戦いの原因について明らかになってきました。
とりあえず、木連では艦長はパイロットも兼任する事が普通みたいなので、
少なくとも九十九はユリカよりも優秀だという事は確実でしょうね(^ω^)
もしナデシコとゆめみづきがまともに戦い合えば結果が目に見えそう・・・(苦笑)

nadesico_16-11.jpgnadesico_16-12.jpg

特にこのシーンでのエリナと九十九が真相を語るところは重要ポイントになってます。
全ての発端は連合宇宙軍が月での独立運動を排除しようとした事にありましたわ。
核攻撃までして独立運動派を木星へと追い出したのだから恨まれても仕方ないかも!?
2人の話を聞くとどう考えても連合宇宙軍側に非があったとしか思えません。

nadesico_16-13.jpgnadesico_16-14.jpg

しかしながら木連側の報復によって罪もない地球の人達が大勢死んだのも事実です。
今の状況を見ると木連側も同じように恨み買う行為をしているようにも思えます。
アキトがお世話になった食堂一家のお母さんがも亡くなっていたし、娘の久美の
憎しみのこもった涙の表情なんかを見ても胸に突き刺さってきそうですもんね(´・ω・`)

nadesico_16-15.jpgnadesico_16-16.jpg

木連側が連合宇宙軍の月基地へ攻撃を仕掛けてきていました。
戦いの真相を聞かされたナデシコの乗組員達は戦意喪失にならないのか心配でしたが、
今は自分の身を守るために必死だからあまり関係ないといった感じかな?
しかし、アキトだけは木連を倒そうと気合が入りまくっていました。
彼は両親を木連に殺されたようなものですし、先ほどの久美の母親の事も思うと、
恨みを晴らしたい感情で溢れてきているのでしょうね。
こうなると彼が精神的に負担がかかっている感じがするので心配です。

nadesico_16-17.jpgnadesico_16-18.jpg

そこでメグミがアキトに戦わないようにしてほしいと訴えかけていました。
戦争の背景にある真実を知ったので木連の人々に同情しているといった感じかな。
ただアキトにとっては敵が人間であったことからさらに憎しみを増していました。
同じ人間がやった行為だからこそ、自分を両親を含めて地球の人々を殺してきた
木連を許せなくなっているんだと思われます。これは身内や知り合いに被害者が
いるかどうかでそれぞれが抱く感情に大きな差があるといった感じですね。

nadesico_16-19.jpgnadesico_16-20.jpg

戦闘終了後にメグミの方からアキトに別れ話を持ち出していました。
今回の件で2人の間に考え方のすれ違いがあった事が分かったし、アキトが
ユリカの方に思いを寄せている事も感じていたので身を引いたのでしょう。
正式にお付き合いを始めてから別れるよりも、この時点で別れておいた方が
ショックも少ないと思うのでこれで良かったかもしれませんね。
もちろん暫くの間は失恋のショックを引きずると思いますが・・・。
あと、最後にアキトが涙を流していたのも印象に残りました。
とにかくこれでアキトがユリカと結ばれる可能性が大きくなった感じですね。

関連記事