機動戦艦ナデシコ 第08話 「温めの『冷たい方程式』」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/02/03

機動戦艦ナデシコ 第08話 「温めの『冷たい方程式』」

nadesico_08-01.jpgnadesico_08-02.jpg
(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会・テレビ東京

ナデシコに新しいパイロットが転属してきたお話です。

nadesico_08-03.jpgnadesico_08-04.jpg

ナデシコがチューリップに飛び込んで火星を脱出したシーンの続きから始まります。
なぜか第4次月攻略戦が行われている宙域へワープアウトしていたから驚きでしょうね。
でもこれでチューリップがワープシステムだという仮説が実証できていたかな。
とにかく、なでしこは戦闘宙域のど真ん中に飛び出していたのでピンチでした!
緊急事態ですので、ルリだってユリカを起こしたくなるというものなのでしょう。
ただ、その起こし方がちょっと茶目っ気を出していて面白かったですw
この子だけはナデシコの中で真面目だと思っていたけど、やっぱ違うのかな?(^ω^;)

nadesico_08-05.jpgnadesico_08-06.jpg

ユリカがすぐに戦闘態勢を整えさせたのはいいけど、危うく味方に砲撃したみたい。
敵艦隊のチューリップから飛び出て来たのだから同士討ちも仕方ないところかな(笑)
もちろん戦闘終了後には連合宇宙艦隊からお叱りを受けてましたけどね。
あと、アキトを巡る女性達の恋の駆け引きなんかも表面化してました(笑)

nadesico_08-07.jpgnadesico_08-08.jpg

戦闘の最中、アキトは死んでいった仲間達の事を思い出して動けなくなります。
少しはトラウマを克服していたのですが、また再発したという事なのでしょう。
とりあえず新型のエステバリスによって助けられていました。
あと、新型のナデシコ級2番艦のコスモスも援軍にやって来てくれていました。
多連装のグラビティブラストで敵を蹴散らしていたから凄い戦闘能力です!
ようやく連合宇宙軍艦隊も敵と対等以上に戦える戦力が整ってきたのかも!

nadesico_08-09.jpgnadesico_08-10.jpg

アキトを助けてくれたパイロットは、アカツキ・ナガレという人でした。
確かにイケメンだからヒカルやイズミが一目惚れしちゃうのも分かります。
でもちょっとキザっぽいのが何だかなぁ・・・(苦笑)
歯をキラリと光らせるなんて今ではヘタレキャラの代名詞みたいなもんだよ(^ω^)
ただ、ナデシコが火星を脱出してから8ヶ月もの時間が経過していた事が明らかに。
その間にはネルガル重工と連合宇宙軍が手を結ぶという情勢の変化もありました。
単純に考えれば協力した方が木星トカゲとの戦いも有利になるから良いでしょうね。

nadesico_08-11.jpgnadesico_08-12.jpg

アカツキがアキトを挑発するかのように話していたからあまり仲良くなれそうにない。
それでも軍の正規パイロットだからナデシコのパイロット達よりも優れていそうかな。
ただし・・・女性に手を出すのも早そうなのが玉にキズだけど(苦笑)

nadesico_08-13.jpgnadesico_08-14.jpg

アキトは敵との戦闘で月の裏側に飛ばされて遭難してしまいます。
もちろんナデシコの皆は何とか救出しようとするわけでした。
今のアキトは戦いに疑問を持って悩んでいる状態なので、ここは出撃させるのを
控えさせた方がいいかもしれません。そうじゃなきゃ足でまといにしかならない(苦笑)

nadesico_08-15.jpgnadesico_08-16.jpg

艦長のユリカが自らアキトを救出しに行ったのは偉いかもしれません。
これもアキトを何とか助けたいという気持ちの表れなんでしょうね。
そうなるとメグミとしても負けられないから助けに行かずにはいられません。
このままリョーコはうかうかしていると先を越されちゃうから頑張らないとね~。
こういう部分にも女の子達の恋の駆け引きが見られるので面白いです(^ω^)

nadesico_08-17.jpgnadesico_08-18.jpg

アキトは地球を守りたいというガイの遺志を受け継ぐために戦おうとします。
戦う理由が分からずに悩んでいましたけど、これでもう払拭できそうですね。
とはいえ、あのガイがそういう気持ちで戦っていたとは思えないんだけどなぁ(苦笑)
単純にゲギ・ガンガー3ごっこをやりたくて戦ってたんじゃないの?(^ω^;)
とりあえずジュンの方からナデシコを移動してくれてたので助かってました。
つまり女性達によるアキト争奪戦はまだまだ続く事になりそうですw

nadesico_08-19.jpgnadesico_08-20.jpg

最後にムネタケ・サダアキ提督とエリナ・ウォンという女性が乗艦してきました。
ムネタケ提督は以前にナデシコを占拠した事もあるから素直に喜べないかも。
それとエリナは会長の秘書をやっていたのもあって、何か目的があってナデシコに
乗り込んで来たものと思われます。アカツキとも繋がっているようでしたので、
これは警戒しておいた方がいいでしょうね。心配な要素を含んで次回に続きます。

関連記事