凪のあすから 第13話 「届かぬゆびさき」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/12/27

凪のあすから 第13話 「届かぬゆびさき」

nagiasu_13-01.jpgnagiasu_13-02.jpg
(C)Project-118/凪のあすから製作委員会

おふねひきのお祭りが始まった!

nagiasu_13-03.jpgnagiasu_13-04.jpg

当初は結構展開が速い感じだったので1クールのアニメだと思っていたのですけど、
どうやら2クールのアニメらしいですね。つまり今回が前半の締めとなってます。

まなかが紡の網に引っかかった続きから始まっています。
今のまなかが落ち着いてお話しできる相手は紡くらいなのかもしれません。
ただまなかが紡の事を太陽と表現していたのが何だか手の届かない存在だと
見ているような感じもしました。
まだ告白もしていないのだから諦めるのは早いんですけどね・・・。
それとも光に告白されて心が揺れ動いているのでしょうか?
まなかの恋愛の行方がどうなるのか?といった感じで始まってます。

nagiasu_13-05.jpgnagiasu_13-06.jpg

「俺、やっぱりまなかが好きだよ。まなかが好きで大切だ。それは絶対だ。」
光は改めてもう一度まなかに告白していました。
突発的な衝動にかられた告白じゃなく、冷静に考えた上での告白ですから
彼の気持ちは真剣そのものと思っていいでしょう。
だからまなかも真剣に考えた上で返事しようとしたのかもしれない。
どちらにしても全てはおふねひき当日で運命が大きく変わりそうな感じです。
もう昔の様な幼馴染の友達同士のお付き合いには戻れないのかな・・・。

nagiasu_13-07.jpgnagiasu_13-08.jpg

あと、ちさきと要の恋の行方も気になるところですね~。
要は告白後も変わらない態度でちさきに接してあげている感じがします。
その方がちさきとしても落ち着いていられるから安心するかもね。
光とまなかの恋の行方次第では、ちさきと要の2人の関係にも大きく
影響を及ぼしてきそうだから目が離せません。

nagiasu_13-09.jpgnagiasu_13-10.jpg

光達4人が朝早く集まって冬眠前の最後の登校をしようとしていました。
こうやって4人が笑顔で会話するのってとても久しぶりな感じもします。
冬眠後もこうして4人がまた仲良くいられたらいいのになぁって思います。

nagiasu_13-11.jpgnagiasu_13-12.jpg

地上ではおふねひきの開催準備が進められていました。
こういう心穏やかな雰囲気で皆がお祭りの準備をしている姿を見ると、
このまま氷河期が訪れてしまうのは可哀相な気もしてきます。
特に地上の人達は冬眠できないから生命の危険だって考えられるわけですし、
よく冷静になってお祭りの準備をしているなぁって感心します。
あと、あかりの花嫁衣装がなかなか似合っていると思います。
せっかくの花嫁衣装なんだから美海パパは見てあげてほしいよ(苦笑)

nagiasu_13-13.jpgnagiasu_13-14.jpg

おふねひきのお祭りが始まると光達が船に乗って海へと出航していました。
うろこ様がお祝いの光で彩ってあげていたのでなかなか良いところがある?
とても幻想的な雰囲気になっていたかな。
ただ・・・あの海の男達の唱歌みたいなのが何とも言えないw

nagiasu_13-15.jpgnagiasu_13-16.jpg

ついに海神様が降臨!?
穏やかだった夜の海を一瞬にして荒れ模様に変えていましたわ(汗)
紡ぐまで大波に飲み込まれてしまった時はちょっとヤバかったかも。
この作品って先が読めないところがあるから気が抜けません。

nagiasu_13-17.jpgnagiasu_13-18.jpg

とりあえず、ちさきが紡を助けに飛び込んでくれていたので良かったよ。
それに、意外な形でちさきと紡の関係に繋がりが生まれてきた感じがします。
光への片思いにケリをつけたと思ったら、今度は紡へと移るのかな?
要としては複雑な気分がまだ続きそうですね。
でもその要は覚悟をしたかのように海へ投げ出されていた姿が気になる・・・。
まさか失恋して諦めちゃったわけじゃないですよね?

nagiasu_13-19.jpgnagiasu_13-20.jpg

「誰かを好きになる気持ちを無理やり引き離さないで!」
最後はまなかがあかりの身代わりになろうとしたところで次回に続いていました。
この引きではまなかと要の事がとても心配になります(汗)
大丈夫なんでしょうかねぇ?
これでは告白への返事どころじゃないかもしれません。
あと美海の「お母さん」は今度は本人の前で言ってあげてほしいな(*´ω`*)

※次回の放送は年明けの2週間後になるみたいです。
来年も引き続き感想を書きますので、よろしくお付き合いください。

関連記事