機動戦艦ナデシコ 第01話 「『男らしく』でいこう!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/01/02

機動戦艦ナデシコ 第01話 「『男らしく』でいこう!」

nadesico_01-01.jpgnadesico_01-02.jpg
(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会・テレビ東京

民間企業の戦艦に乗り込んで働く人々を描いた物語です。

nadesico_01-03.jpgnadesico_01-04.jpg

昨年末、このブログで「感想を書いてほしいアニメ作品」の投票を行った結果、
「機動戦艦ナデシコ」への投票が一番多かったので感想を書きたいと思います。
両親から人気があった作品だと聞かされていたのですが、この投票結果を見て
少し納得しました。投票をしてくださった皆様、ありがとうございました♪
実は私はまだナデシコを見た事がなかったので今回が初視聴になります。
そういうわけで個人的にもどんな作品なのか楽しみだったりします(*´ω`*)


まず物語の冒頭では2195年に起こった第一次火星会戦の様子が描かれていました。
地球連合宇宙軍の艦隊がチューリップと呼ばれる未知の艦隊と戦っていたのですが、
一方的に撃沈されてしまっていました。攻撃が効かないとなれば戦いになりません。
まるでヤマトの冥王星沖海戦みたいな感じです。偶然にも年代も近いですし。
本当に22世紀後半には宇宙戦艦が登場してそうだなぁって思ってしまいそう(^ω^)
その後、火星に敵のチューリップが落下したために大被害が巻き起っていました(汗)

nadesico_01-05.jpgnadesico_01-06.jpg

OPは、松澤由実さんが歌う「YOU GET TO BURNING」です。

nadesico_01-07.jpgnadesico_01-08.jpg

この作品の主人公はテンカワ・アキトという18歳の男の子です。
謎の兵器の襲撃に立ち向かおうとしていたものの多勢に無勢のためになす術無し。
ただ、彼の持っていたネックレスが光り輝いていたのが気になるところかな。
とにかく火星に住む人達が侵略を受けて大変な状況に陥っているのは確実です(汗)
地球人類が侵略してくる異星人に立ち向かっていく姿を描いた作品なのかなぁって
思いながら見始めました。ここまではSF作品によく見られる展開ですよね。

nadesico_01-09.jpgnadesico_01-10.jpg

それから1年が経過して物語の本筋が始まっています。
ネルガル重工ではゴート・ホーリーという人が中心となって人集めをしていました。
スキャパレリプロジェクトという秘密計画を進めているのですけど、この時点では
それが何なのかが分かりません。でも地球を守るための作戦なのは間違いない。
それにしては多種多様な職種の人達を集めていたから謎が深まるばかりです。
真面目な人達というよりも面白そうな人達といった印象ですし・・・(^ω^)

nadesico_01-11.jpgnadesico_01-12.jpg

アキトは火星から地球へ逃げ延びる事に成功していました。
ただ火星で体験した恐怖がトラウマとなっている様子も伺えました。
そのためにアルバイトはクビにまでなってたから可哀相だったかも。
あと、転げ落ちてきた荷物にぶつかった事によりある女性と出会います。
何かと女は用意する物があるので荷物が多くなるのは自然なんですよねぇ(^ω^)
まぁこれが2人にとって運命を変えるような出会いとなるのでしょう。
それと落ちていた写真を見ると2人が幼馴染だったというのも気になるところかな。
ちなみに彼女の名前はミスマル・ユリカ。一応この作品におけるヒロインです。

私はずっとルリが主人公だと思い込んでいたので少し戸惑いましたわ(苦笑)
昔のアニメ雑誌などでもルリが最も取り扱われているような印象があるし・・・。
やっぱり実際に視聴してみないと分からない部分がありますね(^ω^)

nadesico_01-13.jpgnadesico_01-14.jpg

「皆さ~ん♪私が艦長で~す♪」
ユリカがやって来たのはナデシコと呼ばれる新造戦艦でした。
女性ながらに戦艦の艦長だというのだからかなり優秀なのでしょう。
でも赴任時の挨拶があれでは大丈夫なのかなぁ?って逆に不安だよ(苦笑)
女性版のタイラーみたいな人なのかなぁって思ってしまいました(^ω^;)
当然、他の乗組員達は唖然とした表情をしていましたけどね(笑)

アキトがユリカの後を追ってきて、そのままコックとして乗艦する事になりました。
バイトを解雇された直後にすぐ再就職先が見つかったので良かったのかも。
あと、ダイゴウジ・ガイと名乗る変なロボット操縦者も乗っていました。
熱血漢溢れる性格と言えば聞こえはいいけど、ただの単純バカですわw
どうでもいいけどなぜ偽名を使う必要があるんだろう?
この人の場合は偽名というか芸名のつもりで使っているのでしょうけどねw
とりあえず「ゲキ・ガンガー3」というアニメの信者というのはよく分かった(^ω^;)

nadesico_01-15.jpgnadesico_01-16.jpg

アキトは敵が攻めてきた時に人型機動兵器のエステバリスに乗り込んでいました。
しかし、その行動がナデシコの皆から囮としての活躍を期待されるようになります(笑)
あと、ユリカの方もアキトが幼馴染だという事を思い出してくれていました。
戦闘前の緊張感があるシーンのはずなのに、笑ってしまうような変な雰囲気だよw
もうこの辺である程度はこの作品というものを掴めてきた感じがします(^ω^)

nadesico_01-17.jpgnadesico_01-18.jpg

アキトは正規のパイロットでもないのにとても上手くエステバリスを操縦していました。
あの手の甲にあるアザみたいなものが操縦に何かしらの影響を与えている感じかな?
まぁあの偽名のガイが出撃するよりも成功したのは間違いないでしょう(^ω^)
もちろんナデシコ側もアキトを見捨てたまま高みの見物では可哀相ですよね。
そこはしっかりとユリカがナデシコの主砲を放って援護してあげていました。
ちょっと変な性格をしているけど、一応艦長としての指揮能力はあるようです。

nadesico_01-19.jpgnadesico_01-20.jpg

ナデシコは発進前に奇襲を受けてしまいましたけど敵を殲滅できて良かった。
でもアキトとユリカの会話がちょっと噛み合ってないのが何とも言えないけどね(^ω^)
このナデシコには変わり者ばかりが集まっているのが心配なのですけどw、
彼らがこれからどのように謎の敵に立ち向かっていくのか楽しみです。
タイトルから戦艦バトルがメインなのかなぁって思っていたのですけど、
ロボットバトルの描写なんかもあったりして面白かったと思います。


nadesico_01-21.jpgnadesico_01-22.jpg

EDは、桑島法子さんが歌う「私らしく」です。

関連記事