銀盤カレイドスコープ 第11話 「キス・アンド・クライ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/02/12

銀盤カレイドスコープ 第11話 「キス・アンド・クライ」

kaleidoscope_11-01.jpgkaleidoscope_11-02.jpg
(C)海原零・集英社/銀盤製作委員会

タズサが夢のオリンピックの舞台で演技をするお話です。

kaleidoscope_11-03.jpgkaleidoscope_11-04.jpg

タズサがピートにキスを条件にオリンピックに出場する事を提案していましたけど、
やっぱり冗談だったみたいです。これは初っ端から拍子抜けさせられました(苦笑)
まぁいざキスするにしても肉体を共有している者同士だから無理なんだけどね。
でもピートとお別れする日が近づいて悩んでいたタズサが、これでオリンピックに
向かって行こうとする気持ちを固める事が出来ていた
ので良かったです。
とはいえ、本当に2人はお互いの事をどう思っているのかなぁ?って思いました。
冗談とはいえ本当にキスするような雰囲気がありましたからねぇ~♪(^ω^)

kaleidoscope_11-05.jpgkaleidoscope_11-06.jpg

オリンピック直前の練習をしますが、ジャンプはまだ不完全な状態でした。
これでは本番で上手く飛べるのかどうか不安になってくるというものです。
でも彼女の頑張る姿はピートに明るい未来をもたらすような雰囲気もありました。
タズサの言うとおりにピートが生き返るような奇跡でも起こってほしいところですね。

kaleidoscope_11-07.jpgkaleidoscope_11-08.jpg

今度のオリンピック用のプログラムはピートがタズサのために構成したものです。
ピートがタズサと一緒に飛行機に乗ってアクロバット演技している事を想像して
考えたものだから、オリンピックでも一緒に滑る気持ちで臨むつもりでした。
まさに一心同体のような関係になっているような感じがします♪

kaleidoscope_11-09.jpgkaleidoscope_11-10.jpg

タズサがトリノオリンピックへ旅立つ日がやって来ました。
もちろんマスコミやファン達が厳しいヤジで送り出していましたわw
まぁ今までの経緯を考えるとこれは仕方ないかもしれません(苦笑)
あとオリンピック出場を争った響子も激励に来てくれていました。
この2人はお互いに認め合った良いライバル関係を築いている感じです。
タズサは響子が引退しないようにするためにもオリンピック本番で
素晴らしい演技を見せつける必要があるでしょうね。

タズサの性格なら意気揚々とトリノに込んでいくものと思ったのですが、
かなり緊張している様子も見えました。やっぱりオリンピックともなると
普通の大会での試合とは全然違ってくるというものなのでしょうね。
こう見えてもタズサも普通の女の子なんだなぁって思います。

kaleidoscope_11-11.jpgkaleidoscope_11-12.jpg

不安になっているタズサをピートが手を繋いで安心させてあげようとしたり、
温かい言葉で励ましてあげようとしていたのがとても優しかった。
でも、ちょっと余計なギャグを言うのはやめた方がいいかな(笑)
トマトの名産地のイタリアに来ているのだからトマト責めをされちゃうよ(^ω^)

kaleidoscope_11-13.jpgkaleidoscope_11-14.jpg

タズサは慣れない環境のために不安や緊張感で夜も眠れない状態になってました。
そこでもピートが羊を数えたり、話しかけたりして落ち着かせようとしてましたわ。
もしピートがいなかったらタズサはプレッシャーに押し潰されていたかもしれない?
それほど今のタズサにはピートがなくてはならない存在になってると思います。

「派手にぶっ飛んでこい。」
「了解!」
あと高島コーチの存在も忘れてはいけませんね。
なかなか良い励まし方をしていたと思います。
やはりオリンピック代表選手のコーチをしているだけの事はあります。
とにかくタズサは2人のお蔭でだいぶ勇気をもらえたんじゃないかな。

kaleidoscope_11-15.jpgkaleidoscope_11-16.jpg

ついにオリンピックの大舞台で演技する日がやって来ました♪
タズサは代表の座を勝ち取ったウェイトレス姿でショートプログラムに挑みます。
くじ引きで滑走順が1番になってしまったのはやや不利かもしれませんけど、
ピートがそばにいてくれるから思いっきり自分を表現してほしいですね。

kaleidoscope_11-17.jpgkaleidoscope_11-18.jpg

演技が始まるとピートの応援もあってタズサは軽快に滑り出していました。
予定よりも多い3回転ジャンプも見せてすっかり波に乗っていました。
昨晩まで緊張していたのが嘘みたいにまるで見違えるような演技です。
ただ最後の方ではちょっと勢いが余ってバランスを崩しちゃったのかな?
これはピートに乗せられ過ぎちゃったせいかもしれませんね(^ω^)
でも本当に2人が一緒に滑っているような感じにも見えて良かったよ。

kaleidoscope_11-19.jpgkaleidoscope_11-20.jpg

タズサの最後まで演じきったという満足そうな表情が印象的でした。
ショートプログラムを2位で終えていたので、フリープログラム次第では
表彰台どころか金メダル獲得も夢じゃないかもしれませんね!
これは良いスタートを切ったと言えるでしょう。

kaleidoscope_11-21.jpgkaleidoscope_11-22.jpg

「祝福のキスは?」
タズサはピートにキスの催促をしていました♪(*´ω`*)
これはきっと心の中でお互いにキスをしたんだと思います。
ここまで素晴らしい演技が出来たのもピートのサポートのお蔭ですから、
このような形でピートに感謝の気持ちを伝えたかったのかもしれません。
タズサとピートはもうすっかり恋人同士のような関係に思えました。
このままずっと幸せな時間が続けばいいのですが、もうすぐ2人が
お別れするタイムリミットが近づいているのが悲しいところかな(汗)
だから今という時間の中で大いに幸せを分かち合っているように見えました。
最終回の2人にはどんなクライマックスが訪れるのか楽しみですね♪

関連記事