銀盤カレイドスコープ 第07話 「氷上のウェイトレス」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/01/23

銀盤カレイドスコープ 第07話 「氷上のウェイトレス」

kaleidoscope_07-01.jpgkaleidoscope_07-02.jpg
(C)海原零・集英社/銀盤製作委員会

タズサと響子が全日本選手権でオリンピック代表の座を争います。

kaleidoscope_07-03.jpgkaleidoscope_07-04.jpg

タズサがピートの提案を受けてショートプログラムの演技構成を作り直しました。
でも、さすがのタズサでもこんな可愛い衣装を着ると恥ずかしい気持ちみたいね(笑)
これは大観客が注目する中でしっかり演技できるのか少々不安かもしれません。
でも、記者会見ではマスコミの煽りを受けても大人の対応をしてたから偉いよ。
少なくとも精神的には落ち着いてきた印象を受けましたわ。
今回はタズサが全日本選手権でどんな演技をしてくるのかが楽しみなところです。

kaleidoscope_07-05.jpgkaleidoscope_07-06.jpg

ただタズサは試合が近づくにつれてプレッシャーを感じているのも事実でした。
そこでピートが気分転換にイメージトレーニングをしようと誘ってましたけど、
ウェイトレスごっこというのはちょっと子供っぽい感じがするよ(笑)
それにワガママで小悪魔なウェイトレスになるようにアドバイスしてたしw
何だかそれって良い事を言っているようには聞こえなかったんだけどね。
まぁタズサの性格を的確に反映したウェイトレスになるのは間違いないかなw
とりあえずタズサも気持ちを切り替えて快く引き受けていましたわ。
この2人はだんだん息が合ってきている感じがします♪(^ω^)

kaleidoscope_07-07.jpgkaleidoscope_07-08.jpg

そして全日本選手権の日がやって来ました!
タズサは日本代表の座を争っている至藤響子の直後に滑る事になります。
その響子はミスする事もなく上手くまとめて演技を終了していましたので、
さらにタズサにはプレッシャーがかかってくるところでしょうね。
響子の微笑む表情はまさしくタズサをライバルとして意識していたはず。
お互いに心の中では熱い火花を散らして争っている様子が伺えましたわ。
こういう静かな女同士の戦いもなかなか良いものがあると思います!

kaleidoscope_07-09.jpgkaleidoscope_07-10.jpg

そしてついにタズサが演技をする順番がやって来ました!
高島コーチがリラックスできるように声をかけてあげていたのが良い♪
ちょっとキモい描写になっていたんだけどね・・・(苦笑)
とにかくタズサがリンクに登場すると観客達がどよめいていましたわ。
まるでエキシビジョンでもやるような姿にも見えますもんねぇ~(^ω^)
でもまずは観客達に好印象を与えたのは成功と思っていいでしょう。

kaleidoscope_07-11.jpgkaleidoscope_07-12.jpg

タズサが演技を始めると不思議空間に迷い込んだ描写に変わっていました(笑)
これは本当にウェイトレスになった気分で演技をしているのでしょうね。
ジャンプも上手く飛べていたし、もう完全に波に乗っている感じです。

kaleidoscope_07-13.jpgkaleidoscope_07-14.jpg

「感情をありのままに出す事がこんなに快感とはね・・・♪」
三代監督の前に滑ってきた時には舌を出して挑発してたから笑いました。
表情を出しながら演技が出来ていたのですけど、方向性が全然間違ってる(苦笑)
普通の監督なら確実に日本代表候補から落とされちゃうよ(^ω^;)
あと、ピートにも感謝のトマト責めをしていたので可哀相だなぁ。
彼の良いアドバイスのお蔭で良い演技が出来たというのに鬼だよ(笑)
でもこれでショートプログラムではトップに立てたので良くやりました。

kaleidoscope_07-15.jpgkaleidoscope_07-16.jpg

次の日にはフリープログラムの演技を行っていました。
課題だったジャンプは再び失敗してしまいましたけど、ピートがすぐに
励ましてくれたお蔭で最後まで滑りきる事が出来ていました。
精神的にだいぶ余裕が出てきている事を示してますね。
ショートプログラムでの好調さを上手く引き継いでいる感じでした。

kaleidoscope_07-17.jpgkaleidoscope_07-18.jpg

響子は逆にタズサの事を意識し過ぎてジャンプで転倒してしまいました。
その後も精細さを欠いた演技だったようなので残念だったかな・・・。。
つまり、タズサの演技が響子に大きなプレッシャーを与えるくらいに
素晴らしかったという事なのでしょう。
これでますます日本代表の選考がどうなるのか分からなくなりそうでした。

kaleidoscope_07-19.jpgkaleidoscope_07-20.jpg

「・・・良い演技だったわよ。」
「え?」
演技終了後に響子の方からタズサに声をかけてくれていました。
おそらくこの結果を受けて日本代表に誰が選ばれるのかを感じ取ったのでしょう。
もし響子が選ばれるのなら前回のHNK杯の時点で文句なく選ばれているはずだし、
その選考を先延ばしにしたという事はこの日本選手権での勝者を代表に選ぶという
意味でもありましたからね。

「決まったんだよ♪タズ姉♪オリンピックだよ♪タズ姉~おめでとう♪」
そして最後にタズサがオリンピック代表選手に選ばれた事が明らかにされました。
もうヨーコが自分の事のようにお姉ちゃんに抱き付いて喜んでいましたわ。
ホントにお姉ちゃんの事を応援してあげて優しい妹です♪
とにかくこれからのタズサは世界一の目標に向けて頑張る事になります!
さらに気合を入れていかなくてはいけないでしょうね!

関連記事