銀盤カレイドスコープ 第05話 「一人でデート」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/01/14

銀盤カレイドスコープ 第05話 「一人でデート」

kaleidoscope_05-01.jpgkaleidoscope_05-02.jpg
(C)海原零・集英社/銀盤製作委員会

タズサがピートのために一緒に街まで遊びに行くお話です。

kaleidoscope_05-03.jpgkaleidoscope_05-04.jpg

オリンピック日本代表の決定が次の日本選手権にまで持ち越されたので、
タズサはその大会に向けて気合を入れて練習をしていました。
そんな中でさっそくピートと口ゲンカしちゃうのは相変わらずです(笑)
でもまぁこれはタズサをリラックスさせるのには良い効果がありそうね。

kaleidoscope_05-05.jpgkaleidoscope_05-06.jpg

しかし、タズサはオーバーワークのために足を少し痛めてしまいました。
大会前の重要な練習とはいえ本番で滑れなくなったら元も子もないので、
しばらく休養するというは仕方ないでしょうね。
そこでタズサは家の中で休んでいたのですけど、特に何もする事もないから
暇を持て余してました。日頃は学校とスケートの練習漬けの生活ですので、
突然自由な時間ができてしまうと何をしたらいいのか分からないのでしょう。
タズサは一般の女の子とは全然違う青春を送っていますね。

kaleidoscope_05-07.jpgkaleidoscope_05-08.jpg

タズサは暇つぶしに外に遊びに行っていました。
幽霊とはいえピートと一緒だから変則的なデートといった感じです♪
タズサもほんのちょっと意識しちゃってドキッとしていたかな?(^ω^)
まぁ試合ではピートに少し助けられている部分もあるから、そのお礼に
彼の好きな場所に行ってあげるというのもいいでしょう。
そこでカナダ料理のお店で美味しい物を食べてあげていました。
さすがに今回ばかりはトマトを食べるのは控えるかな(^ω^)

kaleidoscope_05-09.jpgkaleidoscope_05-10.jpg

タズサはピートのために飛行機映画を見たり、飛行機の本を読んであげたり、
フライトシュミレーターのゲームをしてあげたりとしていました。
このシーンを見ていてもタズサとピートの趣味は合ってなさそうだなぁ(笑)

kaleidoscope_05-11.jpgkaleidoscope_05-12.jpg

「大丈夫だから心配しないで。一緒にママを探してあげる。私を信用して。」
タズサが迷子になっているロシア人の少女に声をかけてあげていました。
最初は見捨てておこうとしてたのでちょっと冷たいと思ったよ。
でもこれもピートがタズサの背中を押してあげたお蔭でもありますよね。
ピートはタズサに良いアドバイスを送ってあげているような気もします。
まぁまさかあそこまでオーバージェスチャーをするとは思わなかったけどぉ(^ω^;)

kaleidoscope_05-13.jpgkaleidoscope_05-14.jpg

タズサのお蔭で迷子の女の子をお母さんに引き合わせる事が出来ました。
この時に見せたタズサの笑顔を試合でも見せる事ができれば、きっと
もっと素晴らしい演技が出来るでしょうね。
迷子の女の子が助かったのも良かったですけど、これはタズサにとっても
良い経験になったようにも思います。

kaleidoscope_05-15.jpgkaleidoscope_05-16.jpg

今まで生前のピートについて詳しい説明がありませんでしたけど、ここで
初めてピートがタズサに語ってあげる形で説明がありました。
どうやらピートはアクロバット飛行のパイロットをやっていたみたいです。
アクロバット飛行はフィギュアみたいにプログラムとフリーの演技があって、
音楽に合わせて飛行演技をする点でもよく似ている
らしいですわ。
だからピートがタズサに的確なアドバイスが出来るのも納得できるところです。
これからのタズサはピートのアドバイスに素直に耳を傾けてくれそうかな?

kaleidoscope_05-17.jpgkaleidoscope_05-18.jpg

タズサはピートが非業の死を遂げた事をようやく実感してきてました。
今まで口論ばかりであまり気遣ってあげていない事を少し後悔していたかな。
そうなるとこれからの2人の関係も少し変化が出てくるような気もします。
どんな付き合い方を見せてくれるのか楽しみです。

kaleidoscope_05-19.jpgkaleidoscope_05-20.jpg

何だかんだ口論していてもやっぱりこの2人は気が合うのかもしれませんね。
公私ともに良いパートナーで合ってほしいと思いますわ(^ω^)
とりあえずタズサにとっては良い気分転換の一日になって良かったですね。
最後に、帰りが遅くなったタズサを心配する高島コーチが面白かったです。
こうして見るとタズサの父親代わりになってあげている感じがします。
でも女子高生が朝帰りするのが普通だなんて信じちゃいけません(笑)

関連記事