アイドルファイト・スーチーパイII ~いかにも第一話ってカンジ?~ - アニメとゲームと恋の楽園
2013/12/08

アイドルファイト・スーチーパイII ~いかにも第一話ってカンジ?~

suchiepai_01-01.jpgsuchiepai_01-02.jpg
(C)1996 JALECO LTD/日本コロムビア

美少女脱衣麻雀ゲーム「スーチーパイ」をアニメ化した作品の感想です。

suchiepai_01-03.jpgsuchiepai_01-04.jpg

原作ゲームを持っていますので「スーチーパイ」の予備知識は一応あります。
あっ!でも私が持っているゲームはPS版なので、麻雀ゲームに勝っても
対戦相手の女の子キャラ達は水着姿までしか脱ぎませんよ(笑)
昔、「咲-Saki-」の放送が始まった頃に私も麻雀ゲームをやってみたいと思って
このゲームを買いました。そのお蔭で麻雀のルールも覚える事ができました。
しかし、このスーチーパイというのはイカサマ技を駆使する事を大前提にした
麻雀ゲームなので真剣な麻雀ゲームをやりたい人にはオススメできませんw
「麻雀放浪記」のアニメに描かれているような玄人(バイニン)技なんかよりも
遥かにエグいイカサマ技を使うようなゲームになってますので・・・(^ω^;)
そんなこんなで原作ゲームについて少し触れましたけど、実はこのアニメ版では
麻雀に関する描写は一切ありません
のでここで少し補足してみました。
とりあえず麻雀を知らない人でも楽しめるアニメ作品にはなっていると思います。


みるくがウサギ姿から人間の姿に変身するところから本編が始まっていました。
地球を征服するためにやって来た宇宙人だと自己紹介していましたけど、
その可愛らしい外見からはあまり怖そうなキャラには思えません。
その後、飼い主でもある女医の佐々木留美の白衣を脱がして立ち去ります。
さすが脱衣麻雀ゲームを原作にしているので脱衣シーンはしっかり描かれてるw

suchiepai_01-05.jpgsuchiepai_01-06.jpg

メイドの槙枝早苗が嫁ぎ先のご主人様達からイジメられていました。
もう体を酷く痛めつけられていたのでとても可哀相でしたわ。
でもこのシクシク泣いちゃう姿がいかにも早苗らしいです(^ω^)

suchiepai_01-07.jpgsuchiepai_01-08.jpg

しかし突然早苗がキレて変身したかと思えば女王様姿に変身してましたわ(笑)
すると立場が逆転したかのように倍返しでやり返していたから面白いです。
服を脱がしていたし、脱衣麻雀のシステムは一応反映されてますねw

suchiepai_01-09.jpgsuchiepai_01-10.jpg

篠原ありすは魔法の国のプリンセスですけどアイドル活動をやっています。
たくさんのファンもいているので大人気のアイドルといった感じですね。
でもいくら急な用事が入ったからといって、ファンの人達に一言も話さずに
コンサートをドタキャンしたらいけないと思う(苦笑)

あと一文字つかさが落下してきた鉄骨を支えて男性を救ってあげていました。
さすがサイボーグなだけあってとてもパワーがあると思います。
しかしながら周囲から女性扱いされないというデメリットにもなっていたかな。
やっぱり女性ですからサイボーグとはいえ女として見てもらいたいですよね。

suchiepai_01-11.jpgsuchiepai_01-12.jpg

御崎恭子が片桐志穂に麻雀に誘われて困った表情を浮かべていました。
ちなみにこの御崎恭子がこの作品における主人公になっています。

あと水野佑紀っぽい女の子も登場していたのですけど、なぜかEDのクレジットでは
女子大生だけになっています。でも声は間違いなく水野佑紀と一緒なんですけどね。
これは脱衣麻雀のキャラという事で女子高生の設定のキャラを排除したのかな?
それなら桜井美優里というロリっ子キャラが登場しないのも納得はできます。
でも・・・やっぱりスーチーユキちゃんはスーチーパイの中でも面白いキャラだから
登場させてほしかったような気もするんだけどね~(^ω^)

suchiepai_01-13.jpgsuchiepai_01-14.jpg

そんなこんなで前半部分はほとんどメインキャラの紹介みたいなものでした。
ここからようやくストーリーが展開されていくといった感じになってます。

恭子が変身して筒子モンスターの持つ邪悪な牌を奪い取ろうとしていましたけど、
周囲には色んな人達が集まっているので変身するにも出来ない状況でした。
何でも願いが叶えられるという伝説の牌だから皆が我先にと筒子モンスターを
倒そうとするのも仕方ないのかもしれませんね。
原作ゲームなら麻雀で勝負という流れになるところなのですけど、アニメ版では
普通に戦闘バトルというスタイルになっております。

suchiepai_01-15.jpgsuchiepai_01-16.jpg

「スーチーフラッシュ!スーチーパイ参上!伝説の牌がこの私が頂くわよ。」
ここでようやく恭子がスーチーパイに変身していました。
あとチェリーパイやレモンパイの変身シーンも少し描かれていましたので、
そうなるとやっぱりスーチーユキちゃんがいないのは寂しいです(^ω^;)

suchiepai_01-17.jpgsuchiepai_01-18.jpg

スーチーパイが必殺スーチー・スティックで筒子モンスターを倒そうとしたら、
チェリーパイが横から割り込んできてムチで邪魔しちゃっていました(笑)
おまけにレモンパイはバズーカ砲で周囲に迷惑かけまくっていたし困ったものです。
もうこれは誰が一番早く筒子モンスターを倒せるかの競争になってましたわ。
・・・てか、皆で足の引っ張り合いをしていたと言った方がいいかなw
筒子モンスターからすれば多人数で攻撃されるわけだから卑怯もいいところだわ。
一応、正義のヒロインを名乗っているのだから正々堂々と戦ってほしいなぁ(^ω^;)

suchiepai_01-19.jpgsuchiepai_01-20.jpg

とりあえず、スーチーパイが筒子モンスターを倒していたので良かったです。
でもそれが皆で伝説の牌を取り合う幕開けにもなっていたかな(笑)
もうこうなったら大人しく麻雀勝負で決着付けてほしい気もするよ(^ω^;)

suchiepai_01-21.jpgsuchiepai_01-22.jpg

最後に伝説の牌は残り9個も集めなくてはいけない事が明らかになります。
そうなると集めるのが大変なので皆で協力すれば楽なのですけどねぇ。
でもやはり己の願いを叶えるという欲望があるから協力は無理そうですねw

EDは、かないみかさんが歌う「It's a World Birthday」です。

★総評★
原作ゲームのような麻雀要素は皆無でしたけど、アニメファンの中には麻雀ルールを
知らない人が多いと思いますのでこれはこれで良かったのではないでしょうか。
ただ原作ファン向けのコレクターアイテムという色合いが強いと思います(^ω^)


suchiepai_01-23.jpgsuchiepai_01-25.jpg

<特典映像>
スチーパイIIに出演されている声優さんの特典映像なんかも持っています。
左のかないみかさんが主人公の御崎恭子(スーチーパイ)役をされていて、
右の西原久美子さんがウサギのみるく(ミルキーパイ)役をされています。
麻雀の点棒を持ったりしてスーチーパイの歌を歌われていました。

関連記事