勝利投手 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/11/10

勝利投手

victorypitcher_01-01.jpgvictorypitcher_01-02.jpg
(C)梅田香子・河出書房新社/東映動画・東北新社・東映ビデオ

野球を愛する女の子が中日ドラゴンズに入団して大活躍する物語です。

victorypitcher_01-03.jpgvictorypitcher_01-04.jpg

東北楽天ゴールデンイーグルスを指揮する星野仙一監督が日本一を決めて
胴上げされましたので、その記念にこの作品の感想を書きたいと思います。
この作品でも星野監督がそのままの名前で登場していますので、野球アニメの
ファンだけじゃなく、星野監督のファンの人にも楽しめる内容になっています。
数年前にアニメ専門チャンネルで1回放送された作品なので、巨人の星とか
侍ジャイアンツに比べると知名度は低いと思いますが、この作品では魔球とか
登場しませんのでリアルに近い野球アニメを見たい方にはオススメです。


物語は甲子園大会の決勝戦が行われているシーンで始まっています。
その中で西北高校のエースピッチャーが快投を続けておりました。
全く無名の高校が甲子園に初出場して初優勝をするだけでも凄いのですけど、
さらに決勝戦で完全試合を達成させようとまでしてるのだから驚きです!
そういうピッチャーが投げているわけだからプロ野球球団のスカウト達が
大注目して調査するのも当然というわけでしょうね。
そのスカウト達の中に混じって中日ドラゴンズの星野仙一コーチもまた
西北高校のエースピッチャーを観るために甲子園に足を運んでいました。

victorypitcher_01-05.jpgvictorypitcher_01-06.jpg

しかし西北高校のエースがなぜか完全試合を目前にして降板してしまいます!
完全試合の記録を抜きにしても、絶好調のエースが優勝を前に降板するなんて
考えられませんからスカウトや記者だけじゃなく観客も驚くというものです!
だから星野さんが大急ぎでエースの様子を見に行こうとしていましたわ。
そこで出会ったのが西北高校の野球部のマネージャーの国政克美でした。
もう視聴者側からすれば誰がエースピッチャーだったのか分かるところですね。
つまり彼女が怪我をしたピッチャーの替え玉として出場していたわけでした。
そういう事で彼女がこの作品の主人公になります。
彼女のお父さんが三星クラウンズの監督をやっているのもあって、星野さんとは
顔見知りでもありました。ある意味、克美の運命を変えた瞬間でもあるでしょうね。
・・・でも、替え玉として出場したら優勝取り消しになるんじゃないの?(^ω^;)

victorypitcher_01-07.jpgvictorypitcher_01-08.jpg

星野さんだけは決勝戦で誰が投げていたのか気づいていた感じでした。
中学の頃の克美の投球フォームを見ていたのもあって分かったのでしょうね。
この辺はスポーツ記者とは違ってプロ野球経験者の眼力があると思います。
でも女子高生をあんなに追い掛け回していたら普通なら通報もんだよ~。
まぁ克美から小石をぶつけられて痛い思いをしていましたけどね(笑)
それが星野さんにとっては克美の真の能力を見抜けたという事になるのかな。

victorypitcher_01-09.jpgvictorypitcher_01-10.jpg

克美がドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けていました。
もちろん女性がプロ野球チームに入団するなんて前代未聞の出来事なので
マスコミや野球ファンのみならず他球団のオーナー達もビックリ仰天です。
そのお蔭で克美の存在が世間に知れ渡る事になったのですけどね。
コミッショナー達が集まる理事会では女性選手が誕生することで大紛糾でした。
そこで星野さんがプロ野球発展のために女子選手の必要性を熱く語っていたのが
印象的です!アニメの世界でも熱い人なんだなぁって思いました(^ω^)

「これで当分嫁に行けんな・・・。」
あと、克美のお父さんとしては娘が他球団に入団するので複雑な気分でしょうね。
それでも反対するわけでもなかったので、娘の夢を応援してあげているのだと思う。

victorypitcher_01-11.jpgvictorypitcher_01-12.jpg

コミッショナーやオーナー達は百聞は一見にしかずという事で、克美の投球を
実際に見てみることでプロ野球入団への可否を決めようとしていました。
それを星野さんの方から提案していたので納得させる自信があったのでしょう。
そこで克美が見せた投球というのはキャッチャーの手を怪我させるほどの剛速球!
つまり克美は甲子園では手加減して投げていた事になるのですけど、それでも
決勝戦まで勝ち残って準完全試合をやってのけるのだから凄い才能です!
さすがにあんな投球を見せられてはコミッショナー達も納得せざるを得ないですね。
これで晴れてプロ野球界初の女性選手が誕生しました!

あとクラウンズの捕手だった及川選手がドラゴンズにトレードされてきました。
これは克美のお父さんが娘の事を思ってトレードしてあげたのかもしれませんね。
その後の2人を見ていると呼吸の合ったピッチングを見せていましたので、お父さんは
克美なら及川選手が一番投げやすいと思ってトレードさせてあげたのだと思います。
プライベートな時間でも親しくなっていたのも見逃せません(^ω^)

victorypitcher_01-13.jpgvictorypitcher_01-14.jpg

ついに克美が1軍に合流して初登板を迎える事になりました。
甲子園の優勝投手でもプロの試合になるとやはり緊張するみたいです。
ただ克美の場合は緊張で体が硬くなるというよりも、緊張でキャッチャーの
サインが見えなくなるという変わった性格だったんですけどね(苦笑)
でもまぁそれが良い影響を及ぼして三振に打ち取っていたから良かったです。
ピンチを迎えるシーンもありましたけど、プロ初勝利を飾っていましたので
とても良いデビュー戦を飾っていました。さらにファンも増えそうですね。

もちろん次の日のスポーツ新聞は大きく一面に取り上げられていました。
「勝利の女神、克美ちゃん」とか「ギャル投手初勝利」とか面白い。
克美のお父さんも自分のチームは負けていても、娘が勝ち投手になったから
嬉しい気持ちってところかな。ますます娘の花嫁姿が遠のいたね~(笑)

victorypitcher_01-15.jpgvictorypitcher_01-16.jpg

克美は及川さんが他の女性と会っているという噂を耳にして精神的に落ち込みます。
それがピッチングにも大きく影響して相手バッターに滅多打ちにされていました。
おまけに及川さんと試合中に言い合いにもなっていたしもうボロボロです(笑)
そのせいで優勝まで逃す結果になったのだから困ったピッチャーだよ(^ω^;)
プライベートな恋愛の悩みがピッチングに影響しちゃうのが女性選手らしいね。
でも及川選手がお見舞いに来て看病してくれたのだから少しは落ち着いたかも。
ただ、寝ている間に服を着替えさせられてたみたいで恥ずかしいでしょうけどw
これは女性としては感謝すべきなのか悩むところだよぉ(^ω^;)

victorypitcher_01-17.jpgvictorypitcher_01-18.jpg

次のシーズンでは投手コーチだった星野さんが監督に昇格して指揮を執ります。
克美にとっては良い理解者が監督になってくれるので嬉しいでしょうね。
ただ彼女は女性特有の筋力の弱さのために肩に大きな故障を抱える事になります。
このままでは開幕に間に合わないどころか、投げる事も出来ない状態です。
それでも克美はあと1年だけでも投げられるように医者に頼んでいたから凄い!
彼女は野球に対する情熱は誰にも負けないところがあると思います!
だから男性社会のプロ野球の世界の中でも実力を発揮できるのでしょう。

星野監督は克美の意気込みを感じてスポーツ記者達に彼女の怪我の事を
隠そうとしてあげたのかもしれない。同じピッチャーとしてだけじゃなく、
同じ熱いハートの持ち主だから理解し合える
といった感じかな。
だから克美も星野さんの事をとても尊敬していたりするのでしょう。
そしてシーズンが始まると克美がエース級の活躍をして優勝に導きます!
怖そうな外人バッターにも物怖じせずに乱闘騒ぎをしてたから凄かったw
もしかしてプロ野球の他にも格闘家としてもやっていけるんじゃないの?
その合気道の技を某せかつよの萩原さくらさんにも教えてあげてほしいw

victorypitcher_01-19.jpgvictorypitcher_01-20.jpg

「達也さん・・・達也さん・・・わたし、好きなの・・・」
「すまんかった。ほんまに。そんな大事な事を女に言わせてしもおて・・・
及川さんが付き合っていた女性と別れた事を克美に伝えていました。
それを聞いて克美はほのかに抱いていた及川さんへの想いが溢れてきました。
独身寮の階の上下で別れたかと思えば再び戻って来るところとか、及川さんの
胸に飛び込んでいく様子なんかを見てると胸にグッときちゃうなぁ~♪
このシーンもとても印象に残るシーンとなっていたと思います♪(*´ω`*)
まさに仕事でもプライペートでも良いパートナーとなれたという事ですね♪

victorypitcher_01-21.jpgvictorypitcher_01-22.jpg

そして克美は日本シリーズの舞台を迎える事になりました。
中日ドラゴンズと三星クラウンズの対戦成績は3勝3敗の全くの互角です。
この第7戦の勝敗によって優勝が決まるという大一番となりました。
そこで星野監督が最終戦の天王山に送り出したのが克美でした。
まさに中日ドラゴンズを背負って立つエースですね!

しかし試合はホームランなどを打たれて8点差の大量リードを許してしまいます。
シーズンを通して投げ続けた影響で肩のケガも限界に近く、おまけに指の爪まで
割れてしまって、とてもじゃないけどこれ以上は投げるのは無理な状況でした(汗)
それでも克美が最後まで投げ切ると言っていたのが素晴らしいとしか言えない!
「今日の克美にリリーフはないぞ。」
星野監督もそんな彼女の心意気を買って続投を認めてあげたのでしょうね!
やっぱりチームを背負うエースですから、たとえどんな結果になったとしても
ここ一番の時には全てを託されるというのがプロ野球のエースだと思います。
このシーンは日本シリーズでの田中将大投手と重なって見えるシーンでした。

victorypitcher_01-23.jpgvictorypitcher_01-24.jpg

苦しみながらも奮闘して投げ続ける克美を見て、ドラゴンズの野手陣も
ヒットやホームランを打って8点差を逆転してくれていました!
いくらアニメの世界とはいえ信じられないw
しかし、さすがの克美でも9回最後のマウンドになるともう限界です。
交代させてほしいと思うくらいに弱音を吐いていたから本当に苦しいのでしょう。
いつも強気な彼女が弱音を吐くなんて珍しいですからね。
そこで星野監督がぶつけられた時の小石を渡してあげたのが良かったです。
及川さんも克美に叱咤激励してもう一度奮い立たせてあげたから素晴らしい。
克美が投げやすいようにノーサインだったのも粋な計らいだったと思います。
ここまで皆から大事な試合を託されたわけですから、エースならば最後まで
投げきらないといけない
でしょうね!

そして克美が渾身の力を込めて最後の投球をしました!
大きな打球だったので逆転サヨナラホームランになりそうだったけど、
外野手がフェンスによじ登って取ってくれていましたわ。
克美の執念が打球を少しだけ失速させていたのかもしれませんね。
とにかく中日ドラゴンズが日本一の栄冠に輝きました!

victorypitcher_01-25.jpgvictorypitcher_01-26.jpg

試合が終わって、負けた克美のお父さんの方は複雑な心境だったでしょね。
でも親子ですから娘の活躍を素直に祝福はしてくれると思いたいな。
ただお父さんのインタビューを聞く限りでは、早く野球の世界から身を引いて
良い人を見つけて結婚しろという気持ちの方が強そうだ(笑)
「なっちゃるけん!人生の勝利投手に!」
そんなお父さんの気持ちを受けてか、克美も最後に熱く心に誓っていました。
でもそばに及川さんがいてるんだから公私ともにもう勝利投手になってるよね?(^ω^)

EDは、永井真理子さんが歌う「One Step Closer」です。

★総評★
野球好きの女の子がプロ野球の世界に飛び込むという設定が興味深かったです。
恋愛話も盛り込まれていて野球以外にも楽しめる要素があったように思います。
あと星野監督役の声優さんが本人に近いイメージでセリフを話していたのも
良かったです。一瞬、星野監督さん本人が喋っているのかと思いましたよ(^ω^)

関連記事