魔法のスター マジカルエミ 第29話 「雪景色・夢の国」 - アニメとゲームと恋の楽園
2014/01/03

魔法のスター マジカルエミ 第29話 「雪景色・夢の国」

magicalemi_29-01.jpgmagicalemi_29-02.jpg
(C)ぴえろ

舞達がサンタクロースに会ってみようとするお話です。

magicalemi_29-03.jpgmagicalemi_29-04.jpg

季節は冬になり、街はクリスマスムードで一色になっていました。
クリスマスといえばサンタさんからのプレゼントが一番の楽しみですよね。
まだ幼い岬くんが風船を渡しているサンタのコスプレをしている人を見て、
本物のサンタさんだと思ってしまうのも仕方ないところでしょうか。
あと舞や武蔵君も純粋にサンタさんの存在を信じてたのが良い。
まだまだ夢を信じる素敵な小学生なんだなぁって思います♪(*´ω`*)
ということで、今回はサンタクロースに関するお話となってました。

magicalemi_29-05.jpgmagicalemi_29-06.jpg

舞達はサンタさんに会いたくてマジカラットの皆に相談していました。
一応、マジカラットの皆もサンタを信じていた子供時代があったので、
それぞれが色んな方法でサンタさんと会おうとしていたみたいです。
まぁ私もサンタさんにお手紙を書いた事があったからよく分かりますよ!
そういう経験も今となってはピュアな良い思い出になりますよね♪(*´ω`*)
ただ国分寺さんみたいにワナを仕掛けてサンタさんを捕まえようとするのは
よくありません(笑)

magicalemi_29-07.jpgmagicalemi_29-08.jpg

サンタさんに来てもらうためには煙突がないといけないという事で、
舞達はさっそく街に出て煙突のある家とかを探し回ります。
当然、将はサンタの存在については知っているので、舞達の様子を
微笑ましく眺めながら付き添ってあげているといったところかな(^ω^)

magicalemi_29-09.jpgmagicalemi_29-10.jpg

舞達はなかなか煙突のある家を見つける事が出来なかったわけですけど、
家に戻って来た時に自宅に煙突がある事に気づいていました(笑)
まぁ家がクッキー屋さんだから煙突があっても不思議ではありませんね。
とりあえず灯台下暗しという事でわざわざ探し回ってご苦労様だよ(^ω^)

magicalemi_29-11.jpgmagicalemi_29-12.jpg

舞達は煙突のある部屋の暖炉の前でサンタさんが来るのを待ち続けます。
ちょうど雪が降って来てホワイトクリスマスになっていたのも良いですね。
これでサンタさんが来てくれる条件が揃ったと思って喜んでいました。

magicalemi_29-13.jpgmagicalemi_29-14.jpg

ただ待っている時に突然雪が輝きを増して不思議な空間に誘われてしまいます。
舞はエミのマジックショーに出演していました。普通ならあり得ない共演ですね。
そして岬くんはスーパーマンになってロボットバトルを展開してましたわ。
もうこれは舞と岬くんが将来なりたい夢を見ていると思っていいでしょう。
そうすると、武蔵君はお母さんと一緒に遊びたいというのが一番の願いかな。
あと将君は幼い姿の自分と一緒に遊んでいたのですけど、両親がマジシャンで
家を留守にしていたから少しでも寂しさを和らげようとしたのかもね。
とにかく皆が自分の願いを叶えるような夢を体験していました。
ちなみに登場したロボットのオリジナル作品も私はチェックしていますよ(^ω^)b

magicalemi_29-15.jpgmagicalemi_29-16.jpg

しかしながら、良い夢でもちょっとしたハプニングが起こっていました。
でもそこはスーパーマンの岬くんがきちんと悪人を倒してましたわ。
「正義は勝つのだ♪」と言っていたのが可愛いな(*´ω`*)

magicalemi_29-17.jpgmagicalemi_29-18.jpg

ということで、お約束通りに夢を見ていたというオチになっていました。
でもあのサンタのコスプレをしていたと思っていたお爺さんが、まさか
本物のサンタクロースだった事がとてもビックリです!
これは純粋な気持ちでサンタさんを信じてくれた舞達への夢のプレゼントかな。
あと両親からもプレゼントを貰っていたので本当に良いクリスマスになりましたね。

今回は夢の中とはいえ舞とエミが共演しているシーンが見られたのが良かったです。
普通なら絶対にありえないシチュエーションですからね。
これなら舞とエミがダブルブッキングしても大丈夫だから羨ましく思いそうだ。
あと舞達が純粋な心でサンタさんを信じていたのが良かったです。
ピュアな気持ちを呼び起こさせる点もこの作品の醍醐味の1つだと思ってます。

関連記事