魔法のスター マジカルエミ 第05話 「雨のたなばたファンタジー」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/11/13

魔法のスター マジカルエミ 第05話 「雨のたなばたファンタジー」

magicalemi_05-01.jpgmagicalemi_05-02.jpg
(C)ぴえろ

舞と岬くんが七夕様にお願い事をするお話です。

magicalemi_05-03.jpgmagicalemi_05-04.jpg

「世界一のマジシャンになれますように。」
7月7日の七夕の日を直前に控えて舞は短冊にお願い事を書いていました。
もちろん彼女の願い事というのはマジシャンになるという夢を叶える事です。
まだ彼女は小学生なので色んな夢があってもいいのですけど、もうすでに
将来の夢をはっきりと決めているのは凄い事かもしれませんね。
そんなわけで今回は七夕にまつわるお話となっていました。

magicalemi_05-05.jpgmagicalemi_05-06.jpg

弟の岬くんもお姉ちゃんから七夕の物語を聞いてお願い事を書いていました。
ただ織姫さんが自分の書いた願い事の文を読めるのか心配していたかな。
まだ幼い子供ですから上手く文字が書けないのは仕方ありませんものね。
でもピュアな気持ちで七夕伝説を信じているのは微笑ましい感じもします。
私も小さい頃はサンタさんにお願い事をしていた事を思い出しましたよ(*´ω`*)
とにかく舞と岬くんはとても仲のいい姉弟だと思います。

magicalemi_05-07.jpgmagicalemi_05-08.jpg

マジカラットでは七夕ショーを直前に控えて準備に大忙しでした。
舞もエミが着る衣装を着てマジックを試していたのですけど、やっぱり
変身していない時の彼女は不器用でダメダメな状態でしたね(苦笑)
彼女の場合はその不器用さだけでも克服すればマジシャンへの夢が叶えられるような
気もするんだけどなぁ。でもそれが彼女には最も難しいハードルなのでしょう(^ω^)

magicalemi_05-09.jpgmagicalemi_05-10.jpg

七夕の当日がやって来たのですけど、残念ながら空は雨模様でした。
せっかく楽しみにしていた七夕が雨になっちゃうと悲しいですよね。
そこで岬くんがテルテル坊主を作って晴れさせようとしてたのは偉いです。
このシーンではキャラ達が雨を眺めて空しい気持ちになっている空虚感を
丁寧に描き出していたと思います。こういう風な心理的な描写というのが、
このマジカルエミの最大の見所
になっていると思います。


magicalemi_05-11.jpgmagicalemi_05-12.jpg

今日の降水確率は80%と雨が上がるのはほぼ絶望的な状況でした。
それでも岬くんはぬいぐるみまで窓際に並べて晴れるようにお祈りしてました。
トポまでお付き合いさせられていたのでご苦労様だったわけですがね(笑)
舞としては弟のために晴れてほしいと思っているのですけど、さすがに
お天気までは魔法を使ったとしてもどうにもなりません・・・。
雨の降る中を舞が岬くんに付き合ってあげていたので優しいと思います。
今回は舞と岬のの姉弟の絆を感じられるお話になっていたかな。

magicalemi_05-13.jpgmagicalemi_05-14.jpg

舞が織姫エミに変身して七夕マジックショーの公演をしていました。
さすがにエミに変身すると舞の時とは正反対にマジックを扱えますね。
もちろんショーを見に来てくれた子供たちは大喜びしていました。
ただそんな中でも岬くんだけが浮かない様子です・・・。

magicalemi_05-15.jpgmagicalemi_05-16.jpg

そこでエミは岬くんの心の中を開いて願い事を叶えてあげようとしていました。
岬くんは雨で諦めかけていたので、これはとっても嬉しい出会いだったでしょうね。
それと驚いたのは、岬くんがお姉ちゃんのために自分が代わりにマジシャンになって
あげようとしていた事です。お姉さん思いな弟を見て舞は嬉しく思ったはずですよね。
ただ最後にはスーパーマンになりたいという夢もちゃんと叶えてもらってましたわ(笑)
とにかくとても可愛くて優しい弟くんだよ♪(*´ω`*)

magicalemi_05-17.jpgmagicalemi_05-18.jpg

結局、岬くんはずっと眠っていたためにエミの公演は見ていなかったわけですが、
織姫さんに会えたし、願い事まで叶えてもらえたので満足したと思います。
今回は舞と岬くんの姉弟間の愛情を描いたお話といってもいいでしょうね。

上でも少し書きましたけど、このマジカルエミではキャラの心理面や心象風景
印象深く描かれています。今回はそういう描写を強く前面に押し出した最初の
エピソードだったように思います。もし今回のエピソードを見てフィーリングが
合わないと思われた方は、今後のエピソードを見ても厳しいかもしれません(^ω^;)
そういう意味で他の魔法少女シリーズと比べても一線を画す異色作になってます。

関連記事