新世紀 淫魔聖伝 第06話 「第六章」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2013/11/13

新世紀 淫魔聖伝 第06話 「第六章」(最終回)

inmaseiden_06-01.jpginmaseiden_06-02.jpg
(C)2002 金澤勝眞/『淫魔聖伝』製作委員会

大鳥家と亀山家の争いに終止符が打たれるお話です。
※以下の感想では一般向けに控えめな表現を用いて文章を書いておりますが、
一応、エッチなアニメ作品ですので閲覧には十分にご注意くださいませ(^ω^;)

inmaseiden_06-03.jpginmaseiden_06-04.jpg

今回が「新世紀 淫魔聖伝」の最後の感想になります。
香は鉄仮面の触手攻めや伯父さんによる暴行など屈辱を受けていましたけど、
妹の真緒が助けに来てくれたことにより、ようやく終わりを告げました。
香としては自分の肉体を弄ばれたのだから殺したいほど憎いのも分かります。
・・・って、マジで伯父さんの首を絞めて殺していたから凄いよ!?(汗)
このお姉さんは怒らすと怖いところがありますわ・・・(^ω^;)
もうこれは亀山家に徹底的に仕返しをするような雰囲気です。

inmaseiden_06-05.jpginmaseiden_06-06.jpg

真緒と瞳が双子の姉妹という事が明らかにされていたのですけど、
どうやら本当の意味での双子ではないみたいです。
真緒は冥界の主の子として巫女の体を借りて生まれたという説明がありました。
前回、真緒が発していた凄まじい光やパワーもその影響だったのでしょう。
まぁ最終回なので頭の片隅にでも覚えておけばいい設定だと思います(^ω^;)

そして香は淫魔達に凌辱を受けたために車イス生活をする事になりました。
普通の女の子だったら精神的にショックを受けて立ち直れないところなのに、
彼女は逆に亀山家に対する恨みで精神的な強さを見せていたから凄い!
そこで香がまず最初に凌辱の倍返しに選んだターゲットは瞳でした・・・。
このお姉さんの場合は倍返しどころじゃ済まないでしょうけどね(^ω^;)

inmaseiden_06-07.jpginmaseiden_06-08.jpg

香は学校の生徒達を操って瞳を襲わせていました(汗)
これは淫魔に触手攻めされるよりも恐怖感があると思う(>ω<)
それに生徒達を殺すわけにもいかないので式神も使えませんし・・・。
そういうのを見越して生徒達を操っているのなら香は本当に鬼だよ!(´・ω・`)
触手アニメなのに人に襲われるシーンも多いのがこのアニメの特徴です。

inmaseiden_06-09.jpginmaseiden_06-10.jpg

もちろん亀山家側も黙ったままではいません!
学院長は部下の志村に瞳を救出するように命じていました。
しかしその志村は待ち構えていたメラニー先生によってご退場に・・・。
やっぱり本家の大鳥家を守護している陣営の結束力は堅いですね。
もはや亀山家の敗北は確定的かもしれません。
でも学院長は亀山家の事なんかよりも理香子復活だけが大事みたいだけどね。

inmaseiden_06-11.jpginmaseiden_06-12.jpg

真緒が香お姉ちゃんの術を解いて瞳を助けてあげていました。
しかし次はメラニー先生による術で触手が襲い掛かってきます(汗)
ようやくここで触手攻めが来たか~!?といった感じです。
やっぱ触手アニメですから人間の絡みではなく触手に絡んでもらわないとねw

inmaseiden_06-13.jpginmaseiden_06-14.jpg

この先生は総本山の命によって大鳥家を守ろうとしているのかな?
とにかく大鳥家にとって危険な力を持つ真緒と瞳を始末しようとしてました。
やっぱりこの作品に登場するキャラ達は腹黒い一面を持ってますわ。
だから誰が本当の敵で誰が味方なのか最後まで分かりにくいところがあるよ(^ω^;)
あと真緒と瞳が同調するかのように快楽に溺れているように思えたのですけど、
あれは触手を通じて2人が繋がっていたのかな?ちょっと気になりましたw

とりあえず最後に夜叉神先生がメラニー先生を倒してくれたので良かったです。
しかし、わざわざ真っ裸にしてから倒していた意味が分からないんですけどねw
これもまた視聴者向けのエロアニメ的なサービス演出なのかもしれませんw

inmaseiden_06-15.jpginmaseiden_06-16.jpg

亀山学院長は娘の瞳までも生贄にして理香子復活の儀式を始めていました。
瞳は敵の大鳥家には凌辱されるわ、母親には肉体を使われたりするわと
ホント大変だなぁって思います。ある意味エロアニメ的には、この作品の
メインヒロインは瞳なんじゃないの?って思ってしまうくらいだよ(^ω^;)

inmaseiden_06-17.jpginmaseiden_06-18.jpg

真緒は瞳を助けるために呪術を使って儀式を阻止しようとしていたのですけど、
学院長の力があまりにも協力だったので跳ね返されてしまっていました。
そこで香お姉ちゃんが真緒に力を貸してくれていたのは良かったかな。
真緒のパワーが増幅されて学院長の術を破る事に成功していました。
学院長としては理香子復活だけに全てを注いできたので無念だったでしょうね。

inmaseiden_06-19.jpginmaseiden_06-20.jpg

瞳がお母さんを寂しくさせないように一緒に死んであげようとしていました。
女子生徒を生贄にしたりと酷い事を続けてきた母親だったのですけど、自分を
引き取って育ててくれたのは確かなので恩を感じていたのかもしれません。
あと真緒は瞳を助けようと救助の手を差し伸べていましたが、瞳は拒否します。
実の姉妹よりも育ての親との縁を選んだという事なのでしょうね。

inmaseiden_06-21.jpginmaseiden_06-22.jpg

学院長の野望が潰えたので学校に再び平穏な時間が訪れようとしていました。
もう女子生徒や若い女性教師が襲われる事もなくなるのでもう安心でしょうね。
そして真緒に力を分け与えた香お姉ちゃんが息を引き取っていました。
これは真緒にしてみれば悲しくなりそうだなぁ・・・。
でも香も学院長みたいに先生や生徒を殺してきた事を思えば、彼女の死も
ある程度は納得できるような気もしました。

そして、最後に真緒が校舎の屋上を見上げると瞳が生きていた!?
もしかすると学院長が一緒に死のうとする娘を助けたのかもしれませんね。
真緒と瞳がいれば大鳥家と亀山家は一先ず安泰なので良かったと思います。
今後は両家が争うのではなく仲の良い親戚同士として付き合ってほしいなぁ。
まぁその辺は真緒と瞳なら上手く付き合っていってくれそうだと思うけどね。

★総評★
触手系アニメとしては終始安定した完成度を誇っていたと思います。
それに触手だけじゃなく、男女間のエッチシーンやガチ百合シーンなど
色んなパターンで見せてくれたりして飽きさせない工夫がありました。
ただOPで美少女戦士風なバトル映像を見せられると、主人公のヒロイン達が
淫魔達と激しいバトルをしていくものだと思っていたのに、実際の本編では
バトル的な展開がほとんど無かったので詐欺だと感じちゃったけどね(苦笑)

関連記事